義史のB型ワールド

2016年6月6日

寿司よりラーメンに釣られて食べに行く様になった”はま寿司”で、今回は”博多とんこつラーメン”を食べた!割りと普通過ぎてイマイチインパクトは無かったかな。

Filed under: ラーメン, — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
定期的に登場する期間限定のラーメンに釣られて食べに行く様になったゼンショーグループ系の回転すしチェーン『はま寿司』であるが、何年か前に冬のシーズンに登場した”蟹ラーメン”を楽しみにしていたら残念ながら今年の冬は登場しなかったので、昨年の秋に”コク旨 煮干しラーメン”を食べに行った後は全然食べに行って無かった。が、この日は余り食欲が無かったので食べる量が調整出来るのと、最近登場した”博多とんこつラーメン”も食べてみようと思い久々に食べに行ってみた。
 
はま寿司/加古川平岡店
こちらが久々に行って来た『はま寿司/加古川平岡店』で、このお店は昨年の9月頃に誕生したばかりの比較的新しいと言う事もあり、相変わらず大勢のお客さんで賑わっていたが、訪問時間が少し早かった事と天気が雨模様と言う事もあり、以前来た時程の賑わいは無かった
 
はま寿司大とろ
で、席に着いた後で早速”博多とんこつラーメン”を注文して待っていると、目の前に『はま寿司』では未だ一度も食べた事が無かった”大とろ”が廻って来たので思わず手にしてしまったのがこちらで、お値段は一貫で税抜価格150円也。”大とろ”は偶に『スシロー』や『くら寿司』に行った時に食べると、その時々に寄ってネタの良し悪しの差が大きいのだが、今回食べた”大とろ”はご覧の通りのエエ色艶をしていて中々ウマい!『スシロー』の”280円の大とろ”よりも価値がありそうな気がする!
 
はま寿司厳選まぐろ 中とろ軍艦(二貫)
そして先に食べた”大とろ”に釣られて思わず注文してしまったのが、こちらの”厳選まぐろ 中とろ軍艦(二貫)”で、お値段は税抜価格100円也。個人的に”大とろ”は大好きだが”中とろ”はそれ程では無い・・・。が、レーンを廻っていた”厳選まぐろ 中とろ軍艦”を見ると雰囲気的に”マグロの中落ち”っぽい感じがしたので、食べてみたくなっただけなのだが期待通りにこちらも中々ウマい!しかも思いの他、ネタも沢山乗っていて値段以上の価値があったかも・・・。
 
はま寿司博多とんこつラーメン
そんなこんなしていると、何時もの様にスタッフさん自らの手で席まで直接運ばれて来たのがこちらの”博多とんこつラーメン”で、お値段は税抜価格330円也。ご覧の通りパッと見た感じは確かに割と本格的な”博多ラーメン”の様で、『はま寿司』の商品説明に寄ると”スープにこだわった一品です。丁寧に下ごしらえをした国産の豚骨を、旨みを最大限に抽出するために、最適な温度で丹念に一晩かけじっくりと煮出しました。そして、独自の配合にこだわった秘伝のかえしと合わせ、濃厚な旨みとコクのあるスープに仕上げました”との事。で、そのお味であるが、最初に書いた様にこの日は若干の体調不良で食欲が余り無かった事もあってか、食べ易いラーメンではあると思うがそれ以上のインパクトも無い・・・。同じ”とんこつスープ”でも以前食べた”濃厚魚介とんこつラーメン”の方が個人的には好みかも・・・。
 
はま寿司博多とんこつラーメン
そしてこちらは”博多とんこつラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、”はま寿司のラーメン”と言えばこれまでに”かにえび”等様々な種類のトッピングがあったのだが、流石に今回は”とんこつラーメン”と言う事で普通に豚肉のチャーシューだ。とは言え、前回食べた”コク旨 煮干しラーメン”の時とは違う割りと小さ目カットで味的にも可も無く不可も無くと言う印象・・・。一応回転寿司チェーンなんだから、やっぱり魚介系のトッピングに拘った方がエエ様な気がするのだが・・・。
 
はま寿司博多とんこつラーメン
ちなみに”博多とんこつラーメン”の麺もこんな感じの何時もと同じタイプの麺で、”博多ラーメン”特有の極細麺では無かった・・・。最近の『くら寿司』は麺にも拘っているので、『はま寿司』もラーメンの販売を続けるのであれば麺にも拘って欲しい気がする・・・。
 
はま寿司蝦夷あわび
そんなこんなで食べていると食欲は無いと思いつつも、未だ少しは食べれそうな気がしたので最後に注文したのがこちらの”蝦夷あわび”で、お値段は税抜価格150円也。個人的に”あわび”をそれ程に美味しいと思って食べた事が無いのだが、何回も食べていると美味しくなって来るかと期待したのだが、結局は何時もと同じ様な味だった。やはり何年か前に中華料理店で食べた”鮑のXOジャンソース煮込み”とかステーキハウスで食べた”活あわびのステーキ”の様に、何等かの手が加わった料理?で食べる方が美味しいのかも知れない・・・。
 
てな事で、またまた『はま寿司』に行って今回も期間限定で登場した”博多とんこつラーメン”を食べてみたのだが、最近は加古川や高砂近辺に”本格的なとんこつラーメン専門店”が沢山登場した事もあってそれらのお店と比べると、何と言うのかちょっと普通過ぎる様なスープだった気がする。やはり『はま寿司』と言えば以前登場した”かにラーメン”みたいな他の回転寿司チェーンで食べれ無い物を出して欲しいなあ・・・。

毎度お馴染みの”吉野家”で今度は”豚半熟玉子丼”を食べてみた!偶に食べる”今治焼豚玉子飯”みたいな感じかな?と期待はしたが、案の定全くの別物だった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 8:50 PM
 
代理人記録
 
最近何かと当ブログで紹介する機会が増えた『吉野家』で、少し前に食べた”豚半熟玉子丼”のお話・・・。この話は内容が余り無いので完全に没ネタになる予定だったのだが、昨日”吉呑みチョイ”に行って”牛丼タレの煮玉子”を食べた話を書いたのと、少し前に”今年4月におよそ4年半ぶりに復活させた「豚丼」が1000万食を突破”と大々的に発表されていた事もあって、取り敢えず後々の参考の為に簡単にご紹介。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この時も昨日紹介した”吉呑みチョイ”タイムと同じ様な時間だったのだが、未だこの時は”吉呑みチョイ”はやって無かったし、そんな事もあってか先客は一人居るだけだった
 
吉野家割引券
ちなみにこの日に利用したのはスマホアプリの割引クーポンでは無く、以前から偶に使っているお馴染みの”丼・定食・カレー50円引券”だ。確かに”吉牛”や”復活した豚丼”が50円引きになると思うとお得なのだが、”鰻重”だと屁のツッパリにもならない金額だからなあ・・・。せめて10%引き券とかにして欲しいものだ・・・。
 
吉野家豚半熟玉子丼
それはさて置き、この日は割引券を使う事が目的だったので、特に食べたい物が無かったから”復活した豚丼”のメニューの中から注文したのがこちらの”豚半熟玉子丼”で、お値段は通常価格400円の処、JAFの割引券利用で50円引きとなり350円也。メニューの写真には最初から”半熟玉子”がトッピングされている様に写っているのだが、ご覧の通り別添えになっている
 
吉野家豚半熟玉子丼
で、セルフで”半熟玉子”をトッピングして完成した?のがこちらの”豚半熟玉子丼”で、注文する前はご当地B級グルメでお馴染みの”今治焼豚玉子飯”みたいな感じになるかな?と思ったのだが、流石に焼豚と煮込んだ豚肉とは全然違うし、半熟玉子と目玉焼きとでも違った食感で全くの別物だったかな。そう考えるとメニューの中にあった”豚キムチ丼”の方にすれば良かったかも・・・と思ってしまった・・・。
 
てな事で、またまた行った『吉野家』で今回は”豚半熟玉子丼”を食べてみたのだが、復活して何時でも食べれると思うと少しプレミアム感が薄れてしまった気がしないでも無い・・・。かと言って”豚丼”の他に復活して欲しい様なメニューも思い浮かばないし・・・。嫌、『吉野家』のグループ全体を考えると一つだけあった・・・。それは『吉野家』の傘下になった後に消滅してしまった”180円のびっくりラーメン”だ!ま、一回復活して再び消滅したので、もう一度あるとすれば再復活と言う事になるが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.