義史のB型ワールド

2016年5月29日

以前に播磨町にある”吉野家”で食べた”牛すい鍋膳”のポスターの色が変わっていたので、またまた食べてみた!何と生卵付きになっていたが、麺の量は減った様な・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 7:29 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に、此処最近毎月JAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに必ず『吉野家』で使える”丼・定食・カレー50円引券”が付いているのと、少し前にお得にポイントが溜まるアプリを入れたらそちらにも偶に50円引き券が配信されて来る様になったのでまたまた『吉野家』に行こうと思った・・・。が、『吉野家』は、同じく月一回は必ず食べに行っているカツ丼チェーンの『かつや』みたいに毎月フェア丼が登場する訳では無いので、これと言って食べたい物が無い・・・。どうした物かと思案していたら、ふと今年の初め頃の明姫幹線沿いにある播磨町店で食べた”牛すい鍋膳”の幟の色が、少し前から変わっていたので、もしかしたら何か変わったのかも知れないと思い、またまた播磨町店まで行ってみる事にした。
 
吉野家/250号線播磨町店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/250号線播磨町店』で、お店に到着したのは丁度正午頃だったと言う事もあり、私が駐車場に車を停めてスマホのアプリを起動している間にも続々とお客さんが入って来た。雰囲気的にはカツ丼チェーンの『かつや』と比べると思った程の客の入りでは無い気もするが、そこそこ流行っている事には違い無いようだ・・・。
 
吉野家新牛すい鍋膳のメニュー
そしてこちらがお店の前に掲げてあった”牛すい鍋膳”のメニューで、以前は背景が紫色をしていたのだが、今回は生姜を意識した?のか黄色い?感じの背景になっている。で、何が変わったのか写真を見ると、値段は前回と同じなのだが何と”牛すい鍋膳”にも”生卵”が付いて来る様になったみたいだ!前回食べた時の記事に書いた様に”牛すき鍋膳”には”生卵”が付いているのに、同じ値段で”牛すい鍋膳”には”生卵”が付いて無いから損した気分・・・みたいな事を書いた?のだが、そんな客の声が多かったからなのか両方ともに生卵”を付ける事にしたのかな?
 
ちなみにこの後店内に入ってこの”牛すい鍋膳”を注文すると、何と先客も後からやって来たお客さんも、みんながみんなこの”牛すい鍋膳”を注文していた・・・。てか、偶々だとは思うが『吉野家』が大々的に”700万食突破!”と告知をしていた”復活した豚丼”を注文しているお客さんは皆無だったけど・・・。
 
吉野家新牛すい鍋膳
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛すい鍋膳”で、お値段は通常税込価格630円の処、今回はスマホのアプリの割引券利用で50円引きとなって580円也。あらためてメニューの写真と見比べてみると、白ご飯の上に玉子をトッピングした状態で写っているのだが、ご覧の様に”牛すき鍋膳”と同じく別の器に入っているので、この後でどうやって食べるべきか悩む事にもなるのだが・・・。
 
吉野家新牛すい鍋膳
そしてこちらが新しくなった?”牛すい鍋”で、前回食べた時は最初から”生姜”もトッピングされて”生姜仕立て”になっていたのだが、今回は”生姜”は別容器に入っていたので、先ずはそのまま食べてみると基本的には味は変わって無いようで、あっさりとして普通に美味しい・・・。で、試しに玉子にお肉を浸けて食べたのだが、流石に薄味過ぎてイマイチだった。で、途中”生姜”を加えると少し引き締まった様な味に変化して、これはこれで中々ウマい!暑い季節に”牛すき鍋”を食べるのは少し抵抗があるが、この”牛すい鍋”なら夏場でも食べれる?かも知れない・・・。
 
吉野家新牛すい鍋膳
ちなみに気のせいかも知れないが、前回食べた時と比べると”牛すい鍋”の中に入っている”平打ちのうどんの麺”の量が少なかった様な・・・。ま、”牛すい鍋膳”にも”生卵”を付ける様になった?事で、何処かにコストカットのしわ寄せはあるとは思うのだが・・・。
 
吉野家新牛すい鍋膳吉野家新牛すい鍋膳
最後に・・・、こちらが新しくなった?”牛すい鍋膳”に付いていた”生卵”と”生姜”で、”生姜”は途中で追加して食べただけなのだが、”生卵”は最初に書いた様に”牛すい”に浸けて食べても”牛すき”の時の様な美味しさを感じ無かったので、結局鍋の中に入れて煮込んで食べた!そう考えると、以前がそうであった様に確かに”牛すい鍋膳”には必要無いのかも知れない・・・。
 
てな事で、最近はJAFの会報誌のチラシに付いている割引券の他に、ポイントが溜まるスマホアプリに割引券が配信される事もあって、増々食べに行く機会が増えつつある牛丼チェーン『吉野家』で、今回は新しくなった?”牛すい鍋膳”を食べてみたのだが、前回食べた時は”生卵”が付いて無くて損した気分になったが、今回は何と無く”生卵”は要らないなあ・・・とも思った。そう考えると”生卵”はオプションでもエエ様な気もするのだが、『吉野家』的には客単価を上げたいし”牛すき鍋膳”とオペレーションを変えたく無いだろうから、これは仕方が無いのかも知れない・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。