義史のB型ワールド

2016年5月28日

4月末に姫路駅前に誕生した”キュエル姫路”の中にある”天ぷら海鮮神福”で”大海老天丼”を食べてみた!巨大なタワーの様な見た目で海老の身もプリプリでメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:16 PM
 
代理人記録
 
姫路駅前に昨年の春頃に新しい神姫バスターミナルが出来た時は、2Fにカフェが出来ただけでちょっとがっかりしたのだが、その後旧ターミナルビルを解体し、そこに新しくビルが建ち何と1Fから7Fまでの全てが飲食店と言う『キュエル姫路』が誕生したので、GWの期間中に姫路に映画を観に行った際に、取り敢えず何処かのお店でランチでも食べ様と寄ってみた。
 
キュエル姫路
こちらが今回行って来た姫路山陽百貨店の南隣に出来た『キュエル姫路』で、1Fから7Fまで基本的には一つの飲食店が入る中々楽しいビルになっている。で、以前から姫路に行く度に建築中の様子を見ていたのだが、何故か7Fだけどんなお店が入るのか謎のままだったのだが、このビルのオープン日近くになって漸く『igu & peace VARANDA』と言うお店になる事が決まった様で、そのお店だけ6月末オープン予定らしい・・・。それはさて置き、全てが飲食店なのでブルース・リーの映画『死亡遊戯』の様に1Fから順番に攻めてみたかったのだが、1Fのカフェには関心は薄いし、2Fと3Fは行列も出来ていたし・・・って事で取り敢えず一番空いてたし入りやすそうだった5Fにある『天ぷら海鮮 神福』と言うお店に行ってみる事にした。
 
天ぷら海鮮 神福
こちらが今回行って来た5Fにある『天ぷら海鮮 神福』と言うお店で、この名前を初めて知った時は偶に食べに行った明石伊川谷にある『天ぷら海鮮 五福』とか、あるいは以前に大阪へ行った時に北新地の外れを散策していたら、これまた似た様な名前の『天ぷら海鮮 米福』があったので、きっとこのお店も”神姫バス”がFC契約して始めたお店なのでは?と言う気がしていたのだが、メニューやお店の様子を伺っただけでは判断出来なかった・・・。
 
天ぷら海鮮 神福のメニュー天ぷら海鮮 神福のメニュー天ぷら海鮮 神福のメニュー
そしてこちらがこのお店のランチメニューで、ディナータイムには何と無く居酒屋さん風の料理が出来るみたいなのだが、ランチタイムはご覧の様に天丼や海鮮丼、それに天ぷら定食等が中心の様で、私が想像していた明石伊川谷にある『天ぷら海鮮 五福』のランチメニューとはかなり違うような印象・・・。で、最初は無難にお店の看板メニューとも言える”神福天丼”とやらを食べようかと思ったのだが、その下に大きな海老天が載ったその名も”神福 大海老天丼”ってのがある。此処はお店オープンのご祝儀?も兼ねてそちらの”神福 大海老天丼”を食べる事に決定!!!
 
天ぷら海鮮 神福の店内
ちなみにお店入って直ぐの壁側にはこの様なカウンター席があり、反対側の窓側にはテーブル席が並んでいて、個人的には明るい窓側の席に座りたかったのだが、残念ながらほぼ満席だった事もあり、お店の入口に一番近い席に案内された。ちなみにカウンター席にお客さんの姿が全く写って無いのは、偶々そう言った瞬間があったので撮っただけで、その前後には当然の如くお客さんが座っていた事は言うまでも無い・・・。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”神福 大海老天丼”で、他に味噌汁が付いてお値段は税込価格1290円也。ごはんの大盛りも無料で出来ると言う話だったのだが、メニューの写真を見ると天ぷらがテンコ盛りだったし、この日は電車移動だったので思わず生ビールも注文していたから普通盛りのままだ。てか、普通盛りのご飯で十分だった気もするし・・・。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
そしてこちらが”神福 大海老天丼”で、ご覧の様に大海老とちくわと茄子が巨大なタワーの如くそびえ立っている・・・。昨年に東京へ行った時に、スカイツリーの下のレストラン街の中にもこれと似た様な”タワー型の天丼”の見本だけを見たが、それに負けず劣らず並の迫力がある様な・・・。ちなみにメニューの説明に寄るとトッピングされているのは”大海老・鶏天・ちくわ・半熟玉子・野菜3種”と書いてあったが、野菜は二種類で他に海苔が入ってた様だった。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
それはさて置き、気持ち的には”大海老天”のてっぺんから被り付いてみたかったのだが、海老の尾っぽがあるし一応は取り皿も用意されていたし、大きさ的に”大海老”が収まるサイズでは無いしナイフ&フォークも無かったので、取り敢えず”大海老天”を横にして丸めた後、海老の身の真ん中辺りから食べてみたのだが、ご覧の通りの極太の身でプリプリとした食感で海老の味もしっかりとしてメチャウマい!個人的に海老と言えば”伊勢海老”が一番美味しいと思ってはいるのだが、少し前に食べた”はなまるうどんの伊勢海老うどん”の”伊勢海老”よりも美味しい気がした!
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
そしてこちらは”神福 大海老天丼”の海老と一緒にタワーを形成していた”ちくわ天”で、大きさ的には少し前に大阪で食べた”江戸前天丼”(何かややこしい・・・?)にトッピングされていた巨大な”穴子の天ぷら”に匹敵するぐらいあるかも?で、当然の如く?この”ちくわ天”だけでも結構お腹が満腹になって来た様な・・・。てか、もう少し小さくても良いからこれが”ちくわ天”では無く”穴子”だったら滅茶嬉しかったのになあ・・・。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
ちなみに”神福 大海老天丼”を食べている途中経過を紹介すると、ご覧の様に”海老の御頭”だけでも丼の直径並の大きさがある・・・。先にも書いた様に海老の頭だけを比べると”はなまるうどんの伊勢海老うどん”の”伊勢海老の頭”よりも大きいかも知れない・・・。ちなみに頭の後ろに詰まっているミソを探してみたが、全く無かった・・・と思う・・・。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
そしてこちらは”大海老天”の下に隠れていたその他の天ぷらで、野菜は”サツマイモと茄子”の二種類、それに定番の”半熟玉子”の他に小さ目ながら『天ぷら海鮮 五福』でお馴染みの”鶏天”が2個入っていて、これだけでも結構なボリュームだ。とは言えちょっと楽しみだった”鶏天”は、流石に『天ぷら海鮮 五福』の”鶏天”と比べると大きさ的な事もあって圧倒的に『天ぷら海鮮 五福』の”鶏天”方が美味しい気はしたが・・・。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
ちなみに”半熟玉子”の中身はこんな感じで、一応はネーミング通りに卵黄は半熟状態なのだが、これまた少し前に大阪で食べた”江戸前天丼”に入っていた”半熟卵”と比べると結構黄身は固まった状態だし、色艶も至って普通だ・・・。味的には決して美味しく無い訳では無いが、見た目のインパクトと言う点では”江戸前天丼”に入っていた”半熟卵”の方が何倍も上だったかな。
 
天ぷら海鮮神福大海老天丼
そしてこちらは”神福 大海老天丼”に付いていた”味噌汁”で、こちらは牛丼チェーンやトンカツ屋さんで出て来る様な具がほとんど入って無い良くあるタイプの内容で、味的にも可も無く不可も無く・・・。ま、”神福 大海老天丼”を食べるのに一生懸命だったので、じっくりと味わう余裕も無かったし、これはこれで良かったのかも知れない・・・。
 
てな事で、またまた4DXシステムのある姫路アースシネマズへ映画を観に行った際に、4月末に姫路駅前に誕生した『キュエル姫路』の5Fにある『天ぷら海鮮 神福』に行って”神福 大海老天丼”を食べてみたのだが、その名の如く巨大なタワーがそびえ立つ様な迫力があったし更に海老の身もプリプリとしてメチャウマかった!それはさて置き、この約2週間後、今度は10番さんと一緒に4Fにある『あなご料理 柊』に食べに行ったのだが、その話はまた後日・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。