義史のB型ワールド

2016年5月21日

毎度お馴染みの”かつや”から久々に”牛カツ丼”が登場したので食べてみた!”焙煎にんにく味”でそれなりにウマいが、やはり以前食べた”すき焼き風”の方が好きかも・・・。

Filed under: — 代理人 @ 6:29 PM
 
代理人記録
 
例に寄って『かつや』の話題だけは早目にご紹介・・・。”100円の割引券”や、最近は毎月登場するフェア丼に釣られて月に一回は必ず食べに行っているとんかつ・カツ丼チェーンの『かつや』であるが、前回”キャベ玉チキンカツ丼”を食べた時の記事の中でも書いた様に久々に”牛カツ丼”が登場したので食べに行ってみた。
 
かつや/明石二見店
こちらがまたまた行って来たとんかつ・カツ丼チェーン『かつや/明石二見店』で、お店に到着したのは午前11時半頃だったのだが、流石に土曜日と言う事もあって既に店内は大賑わいでテーブル席もカウンター席もほぼ満席状態お客さんの入れ替わりも頻繁で、片付けの方が追い付いて無いぐらいだった。
 
かつや晩餐館 焙煎にんにく味 牛カツ丼フェアメニュー
そしてこちらが『かつや』から久々に登場した”牛カツ丼”のフェアメニューで、7年位前に登場した時は”わさび醤油”、5年位前に食べた時は”すき焼き風”だったのだが、今回は晩餐館の焼肉のタレを使っているのか”焙煎にんにく味”との事。更に”牛かつ”自体も普通の赤身肉では無く、以前食べた”牛カツ丼 すき焼き風”の時と同じく”ミルフィーユカツ”らしい・・・。雰囲気的には以前食べた”牛カツ丼 すき焼き風”の方が美味しそうな気がするのだが、味は決まっているので素直に”牛カツ丼”を注文!!!
 
かつや焙煎にんにく味牛カツ丼
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛カツ丼”で、お値段は通常税込価格637円の処、例に寄って”100円の割引券”利用で537円也。ご覧の様に”牛かつ”の上に煮込んだ様なタマネギがトッピングされているが、肝心の”牛かつ”が以前食べた”牛かつ丼 わさび醤油”と比べると少し小さく感じる・・・。ちなみに『かつや』の商品説明に寄ると”薄くスライスした牛バラ肉を重ねて揚げることで、柔らかな食感と溢れるような旨味をお楽しみいただけます。タレは牛肉によく合う「晩餐館 焙煎にんにく」味を使用!”との事。で、そのお味だが確かにニンニク風味のする焼肉のタレっぽい味だが、思っていた程に濃い味では無くどちらかと言うと少し甘目な感じで、まあまあウマい!個人的な好みで言うと、やはり数年前に登場した”すき焼き風 牛カツ丼”の方がボリューム感もあったし美味しかった気はするが、これはこれで有りかも知れない・・・。
 
かつや焙煎にんにく味牛カツ丼
ちなみに”牛カツ丼”にトッピングされていた”牛かつ”はこんな感じの”すき焼き風 牛カツ丼”と同じく”ミルフィーユカツ”なのだが、この日は食べている間に解れて来る程に柔らかだった。で、個人的に”豚肉のミルフィーユカツ”は、あちらこちらのお店で結構食べる事があるが、”牛肉のミルフィーユカツ”はと言うと昨年の夏頃に別のお店で食べた”ミルフィーユ ビーフカツレツ”ぐらいしか記憶に無いのだが、雰囲気的にちょっと似ている様な気もする。そう言えば3月末にJR姫路駅構内に誕生した『播州うまいもん処』の中にある『うしくんの加古川かつめし亭』のメニューに”ミルフィーユかつめし”ってのがあるので、今度味比べの意味も兼ねて食べてみようと思う・・・。
 
てな事で、久々に『かつや』から”牛カツ丼”が登場したので食べてみたのだが、何と無く”牛かつ”が小さ目だったし玉子とじされて無いからボリュームも少な目に感じたが、味的にはまあまあだったかな。個人的な好みで言うと、この”牛かつ”に”加古川名物かつめし”のタレをかけて食べてみたかった気もする・・・。てか、以前に”東加古川店の限定”であった”かつめし”を期間限定ででも復活してくれたら、また食べてみたいのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。