義史のB型ワールド

2016年5月3日

JR姫路駅構内に誕生した”播州うまいもん処”の中にある”うしくんの加古川かつめし亭”で”赤身1枚肉かつめし”を食べてみた!若干脂身が多かったがオーソドックスなタレで中々ウマい!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:29 PM
 
代理人記録
 
少し前に紹介した様に3月の末にJR姫路駅構内にある”ピオレ姫路店おみやげ館”の一番奥に『播州うまいもん処』が誕生した!で、折角なので何か食べようと思ったのだが、先に紹介した様に”姫路おでん”や”姫路玉子焼き”は態々此処で食べる事も無い気がしたのと、”播州骨付鶏”は”みゆき通り”にある『骨付鳥本舗 鶏一』と同じ味な気がしたので、取り敢えず”加古川かつめし”か”赤穂塩ラーメン”を食べようと思案した結果、御飯物が食べたかったので”加古川かつめし”を食べてみる事にした。
 
うしくんの加古川かつめし亭
こちらが今回食べてみた『うしくんの加古川かつめし亭』で、以前の記事にも書いた様に店名に”かつめし亭”と入っていたので、当ブログですっかりお馴染みの加古川にある『本家かつめし亭』と関係があるのかな?とも思ったのだが、どうやら全然関係の無いお店のようだ。
 
うしくんの加古川かつめし亭のメニュー
そしてこちらが『うしくんの加古川かつめし亭』のメニューで、ご覧のように”加古川かつめし”が2種類と、他のお店で頼んだ料理と一緒に食べる用?の”こだわりご飯セット”しか無い(”かつめし”の持帰り弁当は出来るらしい・・・)。で、その”加古川かつめし”のメニューを見ると定番の”赤身1枚肉かつめし”他にお店オリジナルと言う”ミルフィーユかつめし”があるらしい・・・。とは言え、このお店で食べるのは今回が初めてなので無難に”赤身1枚肉かつめし”を食べる事に決定!!!
 
うしくんの加古川かつめし亭うしくんの加古川かつめし亭
で、他のお店では料理を注文した後はブザーが渡されて出来上がってから再び取りに来ると言うフードコートのお店では良くあるスタイルだったのだが、このお店は直ぐにその場で作って手渡してくれる・・・と言う事で、暫しの間カウンターの前に陣取って目の前のキッチンの様子を観察・・・。こうやって見ていると、あのお肉の方がエエなあ・・・とか、こちらのビフカツの方がエエなあ・・・と思ったりしたのだが、残念ながら思い通りにはならなかった・・・
 
うしくんの加古川かつめし亭赤身1枚肉かつめし
そんなこんなでカウンターの前で待っていると、間も無くして出来上がったのでセルフでテーブル席まで運んで来たのがこちらの”赤身1枚肉かつめし”で、他に”味噌汁”が付いてお値段は税込価格1200円也。”加古川名物かつめし”の売りの一つに”加古川は牛肉が安いからビフカツを使ってもお安く提供出来る”と言うのがあるのだが、流石に場所代が入っているからなのか若干値段は高い気がする・・・。
 
うしくんの加古川かつめし亭赤身1枚肉かつめし
それはさて置きこちらが今回食べた”赤身1枚肉かつめし”で、ご覧の通りパッと見た感じはメチャオーソドックスなスタイルで定番のボイルしたキャベツも添えられている。で、その味であるが当然の如く”ビフカツ”は目の前で揚げたばかりの熱々で、味の要となるタレも老若男女誰もが好む甘口タイプで全体的に中々ウマい!この味であれば姫路で初めて”かつめし”を食べる人にも満足して貰えるのではないかな
 
うしくんの加古川かつめし亭赤身1枚肉かつめし
ちなみに”赤身1枚肉かつめし”のお肉を見てみると、ご覧の様に脂身が多い・・・。肉自体の味は悪くは無かったので個人的には特別不満を感じた訳では無いが、初めて食べる方にはもしかすると評価が下がる要因の一つになるかも知れない・・・。
 
うしくんの加古川かつめし亭赤身1枚肉かつめし
そしてこちらは”赤身1枚肉かつめし”に付いていた”味噌汁”で、ご覧の様に巻き麩?とワカメとネギが入っただけのシンプルな内容だが、味的には普通に美味しかった
 
てな事で、新しく誕生した『播州うまいもん処』で先ずはお試しに『うしくんの加古川かつめし亭』の”赤身1枚肉かつめし”を食べてみたのだが、先にも書いた様に値段は少し高い気はしたが、味的には中々美味しいかつめし”だった。そうなるともう一つのメニューである”ミルフィーユかつめし”も食べてみたいので、また今度行った時に食べてみたいと思う・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.