義史のB型ワールド

2016年3月28日

今年もCoCo壱から”グランド・マザー・カレー”が登場したので、今回は未だ食べた事の無かった”半熟タマゴ鶏つくね”をトッピングして食べてみた!”鶏つくね”は結構ウマいかも・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
時々書いている様に20数年前の私が京都に住んでいた頃に、店内に置いてあった週刊の漫画雑誌を愛読?する為、約3年間に渡って毎週の如く『CoCo壱』に食べに行っていた事もあり、私の好きな肉系のトッピングのカレーはほぼ全て制覇した!で、こちらに戻って来た時は流石に余り食べに行く事は無くなっていたのだが、偶に登場する様になった”月刊ココイチメニュー”とか”夜ココメニュー”に釣られてまたまた食べに行く様になっていたのだが、最近はこれと言って食べてみたいカレーが登場しなくなったので少し足が遠のいていたのだが、今年も毎年恒例の”グランド・マザー・カレー”が販売開始になったので久々に食べに行ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらが久々に行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、このお店も私が京都からこちらに戻って来た時には未だ無かったお店なのだが、それから数年後にオープンして何やかんやともう15年近く経つ・・・。そんな事もあってか、今では既に地元に密着しているようでこの日も結構お客さんが入っていた様な・・・。
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーメニュー
そしてこちらが今年も販売が始まった”グランド・マザー・カレー”のメニューで、2005年に初登場し2012年に一旦販売が終了したのだが、人気が高く復活を望む声が多かったとかで2014年から毎年この時期に販売されている。個人的にも30年近い『CoCo壱』ファンと言う事もあって発売当初から毎年食べているお馴染みのカレーなのだが、流石に毎年同じ写真じゃあツマラナイ様な気がして来たので、今回は未だ食べた事の無かった3年前位にメニューに追加された”半熟タマゴ鶏つくね”をトッピングして食べてみる事に決定!!!
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーwith半熟タマゴ鶏つくね
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”グランド・マザー・カレー with 半熟タマゴ鶏つくね”トッピングで、お値段はそれぞれ税込価格802円と329円で、トータル金額は1131円也。確かに『CoCo壱』と言えば遂々トッピングを追加し過ぎで気が付けば結構なお値段になっている事があるのだが、それでも滅多に1000円超えになる事は無かったのだが、今回は元の”グランド・マザー・カレー”が少し高目と言う事もあってか、私が『CoCo壱』で食べた中で言うと10年位前の一時期に販売されていた”デラックスカレー”並のお値段になってしまった・・・。
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーwith半熟タマゴ鶏つくね
それはさて置きこちらが今回初めて食べるトッピングの”半熟タマゴ鶏つくね”で、最初に書いた様にこの手の肉類のトッピングは全て制覇して来たのだが、3年位前に10年ぶりにメニューの変更があった際にこの”半熟タマゴ鶏つくね”が追加されたので、それ以来一度は食べてみたいと思いつつも、最近『CoCo壱』へ行っても期間限定のカレーばかりを食べる事が多かったので、この日まで食べて来なかったのだった。ちなみに『CoCo壱』の商品説明に寄ると”鶏つくねは炭火でじっくり仕上げ、肉の旨みにコリコリした軟骨の食感をプラスした本格派の味わい。半熟タマゴとの相性が抜群”との事。説明には炭火と書いてあったが、何と無く揚げた様な気もしないでは無い・・・。
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーwith半熟タマゴ鶏つくね
で、早速この”半熟タマゴ鶏つくね”から食べてみると、”鶏つくね”自体がドーナッツ状になっていて、その真ん中に”半熟タマゴ”がトッピングされているようで、何と無くであるが偶に焼鳥屋さんとか居酒屋さんで目にする”生卵に絡めて食べる鶏のつくね”っぽい感じで、先ずはカレーを浸けずにそのまま食べてみると、ジュワーっと肉汁が出て来るかの様で中々ウマい!白いご飯のおかずとしても美味しいが、この後でカレーの具として食べても中々美味しかったかな。
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーwith半熟タマゴ鶏つくね
そしてこちらは”グランド・マザー・カレー”に入っていたたっぷりの野菜で、私が毎週の如く『CoCo壱』に行っていた時にどのカレーを食べるか悩んだ時は必ずと言って良い程に”フライドチキンをトッピングした野菜カレー”を食べる事が多かった事もあってか、カレールー自体の味は違うのだが、何と無くそんな懐かしさを感じる正しく”グランド・マザー・カレー”の味でこれはこれでまたまた旨い
 
CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーwith半熟タマゴ鶏つくね
ちなみにこちらは”グランド・マザー・カレー”に入っていた豚肉で、関西ではカレーも牛肉を入れる方が多い気はするが、『CoCo壱』は名古屋発祥と言う事もあって看板メニューは”ポークカレー”だし、中に入っている具も豚肉が当り前になっているみたい・・・。で、偶に何年かに一度の割合で魔が差したように『CoCo壱』で”ビーフカレー”を食べる事があるのだが、何時も”ポークカレー”の方が美味しいと後悔している様な・・・。ま、10年位前に店舗限定で販売されていたちょっと豪華な”デラックスカレーのビーフソース”なら、もう一回位は食べてみたい気はするが・・・。
 
CoCo壱番屋監修 カクテキ de CoCoCoCo壱番屋監修 カクテキ de CoCo
最後に・・・、最近近くのスーパーへ行くとこの様な『CoCo壱』の名前が付いた”スパイシーなカレー風味の大根キムチ”と言う”CoCo壱番屋監修 カクテキ de CoCo”ってのが販売されていたので買ってみた。『CoCo壱』の商品案内に寄ると”カレーハウスCoCo壱番屋監修のもと、ブレンドしたCoCo壱番屋オリジナルのカレーパウダーをタレに混ぜ込み、しっかりとスパイシーに仕上げたカクテキ(大根キムチ)。「漬物」×「カレー」という、そもそもごはんと相性のよいもの同士の組合せはごはんがすす むこと間違いなし!!ありそうでなかった、新しいスパイシーさがお酒のお供にもぴったり!!”との事。カレー屋さんで漬物と言えば”福神漬け”か”らっきょ”の方が頭に浮かぶのだが、何で”キムチ”なんだろう・・・。
 
CoCo壱番屋監修 カクテキ de CoCo
そしてこちらがパッケージの中から取り出した”CoCo壱番屋監修 カクテキ de CoCo”で、最初は深く考えずにそのままビールのつまみで食べたのだが、キムチの辛さよりもメチャカレーの味が濃い!こりゃビールのつまみで食べるよりは、絶対に白いご飯と食べるべきだと思い、後日実際に白いご飯のお供として食べると、何と無く”CoCo壱のポークカレー”風味があるカクテキで中々ウマい!絶対に白いご飯と一緒に食べるべきだ!と思った・・・。
 
てな事で、今年もまたまた”グランド・マザー・カレー”の販売が始まったので久々に食べてみたのだが、年に一回位の割合で食べると中々美味しいカレーだと言う気がした。それにしても10年位前には加古川周辺にも結構カレー専門店があったりしたものだが、最近は『CoCo壱』の一人勝ちで数が減ってしまったからなあ・・・(おっと、逆にインドカレーのお店は増えたかも・・・)。ラーメン屋さんの数までとは言わないが、もっとカレー専門店が増えて欲しい気がするのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。