義史のB型ワールド

2016年3月19日

最近利用する事が多い大戸屋で期間限定で販売されている”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”を食べてみた!玉ねぎの甘みたっぷりのスープで中々ウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
丁度今から20年位前にJR明石大久保駅の南側に誕生した巨大商業施設マイカル明石に、真ん中に川が流れるジャングル風のお洒落なレストラン街も出来て連日人で溢れ返っていた。そしてその数年後にはフードコートの半分位を改装してラーメン店が8店舗位集まった明石ラーメン波止場が誕生し、こちらも折からのラーメンブームに乗って大盛況していたのだが、経営母体のサティ?自体の斜陽もあって明石ラーメン波止場は閉館し、更にレストラン街も他のショッピングセンターと大差無い味気無いレストラン街に改装されてしまった・・・。そんな事もあって、最近は積極的に行ってみたいと思わなくなってしまったのだが、昨年の6月頃に誕生した『大戸屋 ごはん処』は東京でも人気の定食チェーンと言う事もあってか、中々美味しいし内容も良かったので偶に利用する様になったのだが、この日も久々に明石大久保方面へ行ったので食べに寄ってみた。
 
大戸屋 ごはん処/イオン明石店
こちらが久々に行って来たイオン明石のレストラン街の一角にある『大戸屋 ごはん処/イオン明石店』で、この時は若干ランチタイムには早目の時間帯だったので入店時は未だ比較的空いていたのだが、その直後ぐらいから続々とお客さんが入って来て一気に店内は満席になってしまった様だった。そう言えば同じレストラン街にある『はま寿司』や『サイゼリヤ』も結構お客さんが入っていたし、何より明石ラーメン波止場跡地に出来た『神戸クックワ-ルドビュッフェ』も結構流行っているし、以前程では無いにしろそこそこお客さんが来ていると言う事かな?
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食のメニュー大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食のメニュー
それはさて置き、このお店は通常メニューも中々楽しいのだが、相変わらず期間限定のメニューに弱い・・・。で、この冬の期間限定メニューを見ると”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”とか”たっぷり野菜とチキンのとうきび鍋定食”等があったので、何と無く見た目の楽しそうな”淡路島産玉ねぎ”をまるごと使ったと言う”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”を食べてみる事に決定!!!
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”で、メインの鍋の他にご飯と漬物が付いてお値段は税込価格898円也。毎度の事ながら普通盛りのご飯は物足りないし、大盛りにすると食べ過ぎるので中間ぐらいで・・・とお願いしたら、私と同様のリクエストが多いのか”ちょっと大盛り”と言うのが出来ると言うのでそちらで頼んだら、正に私にはぴったりのご飯の量だった。次回からも、ご飯の量は”ちょっと大盛り”で頼む事にしよう!
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
それはさて置きこちらがメインの”まるごと玉ねぎのスープ鍋”で、メニューに書いてある商品説明に寄ると”旬の兵庫県・淡路島産玉ねぎを、炭火でじっくり焼いてさらに甘みを引き出した。塩麹に漬け込んだ四元豚バラ肉とチーズのコクに、玉ねぎの甘みがとけ込んだスープで、ほっこり温まるお鍋”との事。で、先ずはスープを一口飲んでみると、確かに結構甘味があってしかも白菜やジャガイモ、それに人参等の野菜等もたっぷりと入っていて中々美味しい
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
そしてこちらがこの鍋のメインの具とも言える”まるごと玉ねぎ”で、ご覧の通りチーズで完全に包まれていて見た目が何と無く可愛い。それはさて兎も角として、早速この”まるごと玉ねぎ”を食べ様としたのだが、フォークやナイフ等が無かったのでお箸で掴もうとしても、箸の持ち方が下手な私と言う事もあってか、上手に掴めない・・・。そうこうしていると周りのチーズがずるっと剥がれた・・・
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
で、こちらがチーズが剥がれた状態の”まるごと玉ねぎ”で、当り前であるが見た目は普通に”玉ねぎ”だ。ま、チーズで包んであったと言うよりか、”玉ねぎ”の上に載せたチーズが溶けて何と無く包んだようになっていた・・・みたいな感じかな。で、そのお味であるが、スープ自体が結構甘口で濃い目の味と言う事もあって、”玉ねぎ本来の甘さなのかスープの甘さなのか良く判らないが、何れにしても”玉ねぎ”風味満載で中々ウマい!滅多に”玉ねぎ”がメインの料理は食べないが、これはこれで中々美味しいスープ鍋だった。
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
そしてこちらは”まるごと玉ねぎのスープ鍋”に入っていた、もう一つのメインの具である”四元豚バラ肉”で、これが”四元豚”かどうかは別としても、こちらもしっかりとスープで煮込まれていて普通の”豚バラ肉”として中々ウマい!白ご飯との相性も良くて、やはりこの手の鍋物には豚肉系の物は必須だなあ・・・と思ったのであった!
 
大戸屋ごはん処まるごと玉ねぎのスープ鍋定食
ちなみに”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”には何時もの様に”白菜の漬物”も付いていたのだが、個人的に唯一この『大戸屋』に不満があるとするならばこの”白菜の漬物”かも知れない・・・。ま、無料サービスの添え物なので致し方が無いのかも知れないが、偶にラーメン屋さんとか、うどん屋さんで食べ放題サービスのある漬物の方が美味しい様な気がしてならないのだが・・・。
 
てな事で、またまた『大戸屋 ごはん処』に行って今回は”まるごと玉ねぎのスープ鍋定食”を食べてみたのだが、”玉ねぎ”の他にも野菜もたっぷりと入っていたし、ちょっと甘口で濃い目の味ではあったが、中々美味しい”スープ鍋”だった。となると同じメニュー表に載っていた”たっぷり野菜とチキンのとうきび鍋定食”もぜひ食べたいと思いつつ・・・、この日以降は全然食べに行って無い・・・。そろそろポイントカードも満杯になる事だし、また近々食べに行ってみよう!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。