義史のB型ワールド

2016年3月12日

久々に行った”リンガーハット”で”霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん”を食べてみた!何時ものスープとは全く違う味だが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
月に何回かの割合で加古川別府にあるイトーヨーカドーへ買物に行く事がある。その度に何時も利用している駐車場の関係もあって2年位前に誕生した『長崎ちゃんぽん リンガーハット』のお店を通るのだが、少し前にお店の前に置いてあるボードを見ると”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”ってのが販売されていた・・・。最初はそれ程に関心が沸いて来なかったのだが、お店の前を通る度に目にしている事もあってか徐々に洗脳されて来たようで、ある日ふと日頃の野菜不足も気になった事もあり試しに食べてみる事にした
 
長崎ちゃんぽんリンガーハット/グリーンプラザべふ店
こちらが久々に行って来たイトーヨーカドー加古川店の敷地内にある『長崎ちゃんぽん リンガーハット/グリーンプラザべふ店』で、この日は土曜日だったのだが空模様が買物客の出鼻をくじく小雨だった事や、ランチタイムには少し早目の午前11時半頃と言う事もあって、入店時は割と閑散としていたのだが徐々にお客さんが入って来て気が付けば受付カウンターには行列が出来ていた。
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽんメニュー
それは兎も角として、こちらが今回食べた”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”のメニューで、『リンガーハット』の案内に寄ると”季節の人気商品が、新しくなって、三年ぶりに登場!霜降り白菜、紅ずわい蟹、豆乳クリームのちゃんぽん”との事。個人的には数年前から大阪や神戸へ出掛けた時に『リンガーハット』を利用する事はあったのだが、その時は滅多に食べに来ないと言う事もあって定番の”長崎ちゃんぽん”か”長崎皿うどん”しか食べた事が無い(神戸の店で”ふかひれ姿煮めん”っても食べた事はあるが・・・)ので、当然の如く”霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん”と言うメニューを見たのは今回が初めてだ
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽんこだわり
ちなみにこちらは公式サイトに載っていた”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”の特徴で、それによると食材やスープに使う素材にこだわっているらしい。ま、お店が謳う宣伝文句なので全てを鵜呑みにする事は出来ないが、”紅ずわい蟹”や”霜降り白菜”に興味を惹かれて早速この”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”を注文!!!
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん
そしてこちらが実際に食べた”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”で、お値段は税込価格950円也。写真ではちょっと判り辛いが麺が隠れて見えない位に白菜がたっぷりと乗っていてボリューム満点!ちなみに『リンガーハット』の商品説明に寄ると”通常の白菜より甘い茨城県産・埼玉県産の新鮮な「霜降り白菜」の甘みと国産「紅ずわい蟹」の美味しさが、「豆乳クリーム」のスープに絡まり、コクとまろみのある味わいとなります。また、「柚子皮入り白だし」が、「霜降り白菜」の甘さをさらに引き立ててくれます”との事。最初見た時はボリュームが少なそうに思えたのだが、後でも書く様に実際は結構ボリュームがあった。
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん
それはさて置きこちらが”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”の命とも言える鳥取県境港で揚がった国産の「紅ずわい蟹」”で、その下には”寒さ厳しい冬の北関東で、白く霜を被って、甘くシャキッと美味しい茨城県産・埼玉県産の新鮮な「霜降り白菜」”がテンコ盛りになっている。で、流石に”紅ずわい蟹”は解し身なので蟹を食べたぞ!と言う満足感は感じられないが、蟹の風味満載で中々ウマい!その下の白菜も、これまた生っぽい感じの部分が多いがそれはそれでシャキシャキしてこれまたウマい!何と無く漬物にして食べたい気もしたかな・・・。
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん
で、たっぷり盛られた白菜をある程度食べるとその下からは”北海道産大豆の「豆乳クリーム」を使い、蟹と白菜の甘さをひきだす柚子の皮入り白だし、ブラックペッパーで仕上げた”と言うスープが見えて来た。個人的に『リンガーハット』の”長崎ちゃんぽん”はそれ程数多くは食べて無いが、確かに何時もと全く違う文字通りの豆乳風味でこれはこれで中々美味しい!普通の”鶏ガラ&豚骨ベースのちゃんぽん”の味を期待して食べると肩透しを食らうかも知れないが、何と無くヘルシーさもあってこれはこれで楽しいかも・・・。
 
リンガーハット霜降り白菜とかにの豆乳クリームちゃんぽん
ちなみに”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”の麺はこんな感じで何時もの”長崎ちゃんぽん”で使われている麺と同じだった。そう言えば普通の”長崎ちゃんぽん”を頼むと同じ値段で大盛りにも出来るはずなのだが、こちらはそう言った案内は無かった・・・。てか、先に書いたように白菜だけでも結構な量があったので、私にはスモールサイズでも十分だった気もする・・・。
 
てな事で、イトーヨーカドー加古川店に買物に行く度にお店の前に置いてあるボードを見続けた事もあってか、遂にその”霜降り白菜かに豆乳クリームちゃんぽん”を食べてみたのだが、”紅ずわい蟹”の解し身は兎も角としても白菜たっぷりの豆乳クリームスープで何時もと違った味わいがあって中々美味しかったかな。想像ではあるが、普段食べる動物系のスープのチャンポンよりも、きっとヘルシーで体にも良かった事だろう・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。