義史のB型ワールド

2016年3月4日

”ジャンボ生本まぐろ”に釣られてまたまたスシローに行ったのだが、ジャンボなネタの鮪では無く、ジャンボな鮪のネタだった・・・。え?何を言ってるのか判らんてか?

Filed under: — 代理人 @ 9:44 PM
 
代理人記録
 
個人的に魚は余り好きでは無いのだが、何故か?”大とろ”や、あるいは””や”海老”は大好き!そんな事もあって偶にフェアメニューに登場する”大とろ”に釣られて月に一回位の割合で食べに行っている回転寿司チェーンであるが、その中の一つである『スシロー』から今度は”ジャンボ生本まぐろ”のフェアが始まったので食べに行ってみた。
 
スシロー/加古川野口店
こちらがまたまた行って来た『スシロー/加古川野口店』で、元々は国道2号線沿いにあったお店がこちらに移転して出来たのだが、最近になって直ぐ西側に幹線道路が出来たので、お店前の交通量は減ったのだがそんな影響も何のそので、相変わらずこの日も店内大賑わい!ちなみに遂最近、ちょっと中途半端な時間帯に食べに行ったら高校生グループも沢山食べに来ていた・・・。我々が高校生の頃と比べると全く考えられない事だ・・・(てか、回転寿司屋なんて無かったか?)。
 
スシロージャンボ生本まぐろフェアメニュー
そしてこちらがこの時に『スシロー』で開催されていた”ジャンボ生本まぐろ”のフェアメニューで、このポスターの中に大物”初”来日!と書いてあったので、さぞや大きなネタの”大とろ”が食べれるのだろう!と思い早速注文!折角なので”2貫盛り”も併せて頼んでみた。
 
スシロージャンボ生本まぐろ大とろと2貫盛り
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ジャンボ生本まぐろ大とろ”と”ジャンボ生本まぐろの2貫盛り(中とろ・赤身)”の2皿で、お値段はそれぞれ税別価格280円也。ん?私の予想に反して全然ネタは大きく無い・・・と言うよりも何時もよりも小さく感じるぐらいだ・・・。あらためてメニューをじっくり眺めてみると”ジャンボ生本まぐろ”と書いてあるのだが、それは”ジャンボサイズの生本まぐろ”の事で、別にネタ自体が大きいと言う訳では無さそうだ・・・。以前に”倍とろ”とか、あるいは丁度同じ頃に『はま寿司』で”1.5倍の大とろ”とか宣伝していたから、何かちょっと勘違いをした様な・・・、騙された様な・・・。
 
スシロージャンボ生本まぐろ大とろ
それはさて置き早速”ジャンボ生本まぐろ大とろ”の方から食べてみると、ご覧の様に真ん中に白い部分があるので私の大好きな脂身かと思い気や、それは脂身では無くスジだった・・・。そんな事もあって全体的な脂のノリはイマイチ・・・。これが偶に登場する”100円の大とろ”なら特に不満は無いのだが、今回は1貫で280円だからなあ・・・。最初からこのネタだと判って入れば絶対に頼まなかったんだけどなあ・・・。
 
スシロージャンボ生本まぐろの2貫盛り(中とろ・赤身)
それともう一つ同時に運ばれて来たのがこちらの”ジャンボ生本まぐろの2貫盛り(中とろ・赤身)”で、こちらも大きさ的には極々普通だ。で、確かに誰が見てもはっきりと区別が付く色艶をした”赤身”と”中とろ”で、こちらもジャンボでは無く普通の大きさだ。で、そのお味であるが”生本まぐろ”と言う事もあって普通に美味しい気はした物の、やはり脂のノリが全然無いのでこってり好きな私にはちょっと物足りない内容だったかな。
 
スシロー国産ローストビーフ山わさびのせ
そんなこんなでちょっと楽しみにしていた”ジャンボ生本まぐろ”が期待外れだったので、思わず他に何も食べずに帰ろうかとも思ったのだが、取り敢えず腹の足しになる程度に食べて帰ろうと思い直して先ず最初に頼んだのがこちらの”国産ローストビーフ 山わさびのせ”で、お値段は税抜価格100円也。商品説明に寄ると”国産牛のもも肉を厳選し、外は香ばしく中はレアにローストしているから肉質はやわらか!肉との相性が抜群の山わさびの醤油漬けのトッピングがさらに肉の旨みを引き立てます”との事。偶に『はま寿司』でも似た様な”ローストビーフの寿司”を食べるのだが、どちらが美味しかったのかすっかり忘れていたので思わず頼んでしまったのだが、何と無くであるが『はま寿司』の方が美味しい様な気がする味だった・・・。
 
スシローうなぎの食べ比べ(蒲焼き・白焼き)
で、続いて運ばれて来たのがこちらの”うなぎの食べ比べ(蒲焼き・白焼き)”で、お値段は税別価格180円也。商品説明に寄ると”やわらかな食感とうなぎ本来の味わいがふんだんに楽しめる、スシロー自慢のうなぎを贅沢に食べ比べ。白焼き・蒲焼きどちらも甲乙つけがたい旨さです”との事。ちなみに個人的に”うなぎの白焼き”を食べるのは10年位前に浜松へ行った時に食べて以来の事だ。で、”蒲焼き”には少し甘ダレを浸け、”白焼き”の方にはワサビを乗せ醤油をかけて食べたのだが、大体想像していた通りの味ではあったが、普通に美味しかったかな。
 
スシロー上穴子の天ぷらにぎり
そしてその次に運ばれて来たのが”うなぎ”と味比べ?がしたくなって、思わず頼んだこちらの”上穴子の天ぷらにぎり”で、お値段は税別価格180円也。商品説明に寄ると”活〆の上穴子に衣を薄くつけ、ふっくら天ぷらに。甘だれか塩をかけてお召し上がりください”との事。で、そのお味であるが当然の如く揚げ立て熱々で、握り寿司かどうかは別にして普通に”穴子の天ぷら”としても中々ウマい!意外と先に食べた”うなぎの食べ比べ”よりもこちらの”上穴子の天ぷらにぎり”の方が美味しいかも・・・。
 
スシロー本ぼたん海老天にぎり
それともう一つ同じタイミングで運ばれて来たのが、結果的に最後の一皿になったこちらの”本ぼたん海老天にぎり”で、お値段は税別価格180円也。ご覧の様に回転寿司屋さんではちょっと珍しく海老の頭も付いていて、見た目も楽しげだし海老自体も結構大きい!で、そのお味であるが、当然の如くこちらも揚げ立て熱々でこれまた普通の”海老の天ぷら”として食べても身がプリプリしていてメチャウマいし、海老の頭もカラッと揚がっていて変な癖も無くこちらもメチャウマい!何と無くであるが、この日食べた寿司の中で一番美味しかった気がする・・・。
 
てな事で、”ジャンボ生本まぐろ”に釣られてまたまた『スシロー』に食べに行ってしまったのだが、ご覧の様に今回はラーメンもカレーも食べず、久々に寿司だけでしかも一貫しか乗って無いお皿ばかりを食べたのだが、それでも総額で税込価格1296円だった・・・。ま、以前食べた”とろかに豪華6貫盛り”だけでも1000円前後するから、それにプラスしてラーメンを食べたら似た様な値段になるから驚く程の事でも無いか・・・。でもそう考えるとやっぱり回転寿司屋さんは儲かるんだろうなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.