義史のB型ワールド

2016年2月24日

中島みゆきコンサートを観に大阪へ行ったので、その前にフェスティバルホールの正面にある”梅蘭”で”焼きそば”を食べた!玉子焼きみたいな皮に包まれていて中々ウマい!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
やって来ました”中島みゆき Concert 「一会(いちえ)」大阪フェスティバルホール”公演当日!個人的にはその前にオリックス劇場でのコンサートも観に行ったのだが、やはり大阪での聖地とも言える”大阪フェスティバルホール”を見逃しては後々後悔する事は間違い無い!ま、前回の追加公演のチケットが取れなかった悔しさもあったので、今回はぜひ観に行ってみたいと思っていたのだった。
 
それはさて置き、最近は大阪や神戸で開催される”中島みゆきコンサート”ではHねえさんと御一緒する機会が増えたのだが、今回も久々にそのパターン。で、私が大阪に在住していた頃はコンサート鑑賞後に近くにあるお店に行って、酒を飲みながら一緒に行ったネエチャンとウダウダ感想を語り合う事が多かったのだが、流石に今はそんな悠長な事をしている時間が無い!って事で、例に寄ってコンサート前に食事をしてから会場入りをする事に決めたのだが、時間的な事もあり”フェスティバルホール”会場入口の正面にある中華料理のお店に食べに行く事になった。
 
梅蘭/中之島フェスティバルプラザ店
で、こちらが今回『中華料理 梅蘭/中之島フェスティバルプラザ店』で、このビルの同じフロアには他にも何店かお店があったのだが、大半のお店が昼休憩をしていて我々が食事をしたいと思った時間には開いて無かったので、取り敢えずこのお店を選んだのだった。それはさて置き、この時の入店時間はホール開場1時間前の午後4時半頃だったので、最初は店内は閑散としていたのだが、我々が滞在中に続々とお客さんが入って来て気が付くと奥のテーブル席が沢山ある部屋を初めとして、店内ほぼ満席状態になっていた。早目の時間に入店して正解だったかな。てか、他のお店も後30分営業開始時間を早めたら、それなりにお客さんは入りそうな気がするが・・・。
 
梅蘭/中之島フェスティバルプラザ店のメニュー
後、どうでもエエ話であるがこの『梅蘭』と言うお店はパッと見た感じは良くある中華料理のお店なのだが、お店の前のパネルのオススメメニューを見ると、このお店は東京を中心に全国各地にある横浜中華街名物梅蘭焼きそば”の専門店との事。なので、入店する前からその名物の”梅蘭焼きそば”を食べる事に決定!!!
 
梅蘭/中之島フェスティバルプラザ店のタブレット
ちなみにこちらは案内されたテーブル席に用意されていた、最近は私が食べに行くお店の何割かで目にする注文用のタブレットで、当然の如くメニューを見るのも実際に料理を注文するのはこのタブレットを通じての事だ。で、最初は”梅蘭焼きそば”だけでは寂しかろうと、もう一つはちょっとした小料理が付いた梅セット”を頼んだのだが、注文を通した後で例に寄って我がママHねえさんが”特製海鮮梅蘭焼きそば”も食べてみたい・・・と言い出したので、結局店員さんを呼んで”梅蘭焼きそば”の方を”特製海鮮梅蘭焼きそば”に変更して貰ったのだった・・・(単なる余談なので深く気にしないように・・・)。
 
梅蘭梅蘭焼きそば
それはさて置き、間も無くして先ず最初に運ばれて来たのがこのお店の看板商品であるこちらの”梅蘭焼きそば”で、お値段は税込価格900円也。ご覧の様にパッと見た感じは”焼きそば”と言うイメージとは全く異なる、何と無くモダン焼きの麺が上から見えている状態の物?と言う印象だ。ちなみにお店の商品説明に寄ると”炒めた豚肉、ニラ、もやし、玉葱に熱々の餡をかけ、その上に両面をカリカリに焼き上げた中華麺をのせて包んだもので、当店の看板メニュー”との事。この商品説明には一切書いて無いが、実際に食べた印象としてはメチャ玉子感満載の”梅蘭焼きそば”だった気がするのだが・・・。
 
梅蘭梅蘭焼きそば梅蘭梅蘭焼きそば
で、早速この”梅蘭焼きそば”を食べてみると、ある意味当然の如く”お好み焼屋さんで食べるソース焼きそば”とは全く事なる、中華料理屋さんで食べる”焼きそば”なのだが、先にも書いた様に玉子で包まれた生地が何と無く柔らかな玉子焼き風味で普通の”中華風焼きそば”と比べてもメチャ旨い!!!確かにこのお店に来てこの”梅蘭焼きそば”を食べずしては後々後悔しそうな気がする逸品な気がする・・・。
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
それはさて置き、続いて運ばれて来たのがもう一つ頼んだ”梅セット”で、メインの”特製海鮮梅蘭焼きそば”の他に、”気仙沼産ふかひれスープ”、”蒸し点心の盛り合わせ”、”マンゴープリン”がセットになってお値段は税込価格2100円也。ちなみにこの時に初めて気が付いたのだ、先にHねえさんが片方を”特製海鮮梅蘭焼きそば”に変更したいと言った時に値段をチェックすると、”梅セット”の方を変更した方が値段的にお得な計算だったので実際にそうしたのだが、ご覧の通りセットメニューの方は小サイズだった・・・。てか、この時にも話をしたのだが、ノーマルでも結構ボリュームがあるのでもしも今度この”梅蘭焼きそば”を食べる機会があれば小サイズで十分な気がする・・・。
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
それはさて置き早速”梅セット”の”特製海鮮梅蘭焼きそば”を半分にカットして食べてみると、一見すると先に食べた”梅蘭焼きそば”と大差無い様な気がするのだが、実際には商品名通りの海鮮をメインにした具が沢山入っている。ちなみにお店の商品説明に寄ると”沙茶醤で炒めた海老、イカ、帆立、アサリ、もやし、しめじなどを入れたぜいたくな一品”との事。で、実際に食べた印象であるが確かに魚介類の具沢山で、それ自体に不満は無いのだが先に食べたノーマルの”梅蘭焼きそば”と比べると先に書いた”玉子焼き”感が薄れてしまって、何と無く一般的な中華料理屋さんの”中華風焼きそば”を食べている化の様な印象だ。これは我々二人の共通な意見なので、初訪問した場合は定番通りノーマルな”梅蘭焼きそば”を食べた方は良いと思う・・・。
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
そしてこちらは”梅セット”に付いていた”気仙沼産ふかひれスープ”で、基本的にはこれで一人分のサイズなのだが先にも書いた様に?食べるボリュームを考慮してこのセットをシェアして食べる事にしたのだが、先ず最初にこのスープを見てHおねえさんは”フカヒレの塊”が入って無い・・・とのお言葉・・・。確かに仰る事はごもっとではあるが、この値段のセットに付いて来る”ふかひれスープ”には”姿煮”は入って無いでしょ!てな事でひと段落・・・。
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
それは兎も角として早速”気仙沼産ふかひれスープ”を食べて見ると確かに”フカヒレの塊”は入って無いが、”繊維状のフカヒレ”を始め定番の”蟹の身”を始め結構具沢山で、スープ自体も醤油ベースながら私好みの甘目な味でメチャ旨い!個人的には最近食べた”ふかひれスープ”の中でもトップクラスの美味しさだったかなあ・・・。まあ、この辺りはそれぞれ人の好みに寄るのだろうけど、私としてはぜひまた飲んでみたいと思う”ふかひれスープ”であった!
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
そしてこちらは”梅セット”に付いていた”蒸し点心の盛り合わせ”で、当然こちらもシェアして食べたのだが個人的にシューマイが大好きなので、先ずはシューマイを、それともう一つは小龍包をいただいたのだが、こちらはそれ程に感動する程の内容では無かった物の、普通に美味しい”蒸し点心”だったかな。
 
梅蘭梅セット特製海鮮梅蘭焼きそば
その他にも”梅セット”の方にはこの様なデザートの”マンゴープリン”も付いていて、こちらも半分程食べたのだが、本物の身の様な、何と無く飾りの寒天の様な物が入っていて、味自体も結構濃厚で中々美味しい!最近はあちらこちらでも似た様な”マンゴープリン”を食べる事があるが、それらと比べても中々美味しい方だった気がする・・・。
 
てな事で、”中島みゆきコンサート”を観に大阪フェスティバルホールへ行って、開場する前に一足先に同じフロアにあった『梅蘭』に行って名物の”梅蘭焼きそば”を食べたのだが、確かにお店が自慢する通りに中々美味しい”焼きそば”だった。最近は大阪へ行く機会も減ったので、次回大阪に行っても他のお店に行ってしまいそうな気はするが、ぜひまた食べてみたい一品だったかな。それにしても、もっと早い時間から営業していた大阪フェスティバルホールの37Fにあるフレンチのお店に行ってみたかった気はするが・・・(取り敢えずお店だけは見に行ってみたけど)。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.