義史のB型ワールド

2016年2月4日

ランチパスポートに明石駅南側にある古民家カフェ”カフェ ビアレッタ”が載っていたので”カレーランチ”を食べてみた!私は500円だったが一緒に食べに行った他の方々は・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:16 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした用事が出来たので久々に明石にあるご主人様の会社に行く事になった!で、そうなると何時もの如く一緒にランチを食べに行く事になったのだが、折角なので10月下旬頃にまたまた買ってしまったランチパスポートに載っている明石駅周辺にあるお店に行く事にしたので、その中からカレーが食べれるお店を2つ候補に挙げたのだが、その一つは明石駅より更に西にあるのと駐車場も無い様だったので、アスピア明石の直ぐ近くにある古民家カフェの方に行ってみる事になった。
 
カフェ ビアレッタ (caffe vialetta)
こちらが今回行って来た明石駅近く・・・と言うのかアスピア明石の直ぐ近くの路地中にあった築90年の古民家を改装したと言う『カフェ ビアレッタ (caffe vialetta)』で、ご覧の様に表から見ると如何にも昭和を感じさせる昔長柄の長屋風の家屋なのだが、一歩店内に入ってみると店内は完全に改装された様な感じで、所々に古民家の面影を残してはいる物の、全体的にはちょっとした小綺麗なカフェと言う印象・・・。
 
カフェ ビアレッタ (caffe vialetta)ランチメニューカフェ ビアレッタ (caffe vialetta)ランチメニュー
そしてこちらが『カフェ ビアレッタ (caffe vialetta)』のランチメニューで、ランパス利用で食べれるのは”カレー lunch”のみだったのだが、他に内容不明の”ごはん lunch”とか、あるいはフレンチトーストをメインにした”vialetta lunch”等もあり、先客の女性グループを見ると大半の方が”vialetta lunch”を食べている様だった。
 
カフェ ビアレッタカレーランチ
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”カレーランチ”で、お値段は通常価格900円の処、私だけランパス利用で500円也。ちなみに食後のドリンクは別料金なのだが、それが100円ぐらいだったら頼んでみようか?と言う話も出たのだが、追加のドリンクは200円との事だったので、今回は見送った・・・。奥様連中なら200円は苦にならないのかも知れないが、ビジネスマン?は100円の缶コーヒーで満足出来るからなあ・・・。
 
カフェ ビアレッタカレーランチ
そしてこちらがメインのカレーで、ランパスに書いてある商品説明に寄ると”淡路産タマネギとフルーツをたっぷり使用。フルーティーな甘さを感じた後、ピリッとした辛さが舌を楽しませてくれる”との事。ご覧の通り、パッと見た感じは本格的な欧風カレーっぽい見た目で普通に美味しいのだが、逆に言うとそれ以上のインパクトは無い・・・。私はこれでも十分に美味しいと思ったが、正価の900円で食べたご主人様&もう一名からは、家のカレーに似た感じ・・・とか言うちょっとしたブーイングの声も・・・聞こえなかった訳では無い・・・。
 
カフェ ビアレッタカレーランチ
ちなみにカレーの中にはこの様な牛すじ肉とか刻み玉ねぎ等の具が入っていたが、流石にこの程度の量では少し物足りない気が・・・。せめてライスだけでも大盛りだったら、また腹持ちも違ったかも知れない・・・。
 
カフェ ビアレッタカレーランチ
そしてこちらは”カレーランチ”に付いていた”サラダ”で、ご覧の様にサラダ菜やオニオンのスライス、それにフライドオニオンがトッピングされたシンプルな内容で、それに特製のドレッシングがかかっていて味的には普通に美味しかったかな。
 
カフェ ビアレッタカレーランチ
それともう一つ”カレーランチ”にはこの様な”キャベツのピクルス”も付いていて、個人的には結構好きな味ではあったが、ご主人様は酸っぱい物は余り得意では無いとか言っていた様な・・・。
 
てな事で、久々にご主人様の会社へ行ったので今回はランチパスポートに載っていたJR明石駅近くにある古民家カフェに行ってカレーを食べてみたのだが、ターゲットにしている客層が女性だからなのか、ちょっとボリュームは少な目だった・・・。そう思うとやっぱり山電高砂駅前にあるカレー屋さんは良心的な内容&価格な気がする・・・。それはさて置きこの3人で食べに行ったカレー屋さんは何故かその直ぐ後に閉店してしまった事が2度もあるので、そう言った運命を辿らない事を願うばかりだ・・・。ま、カレー専門店と言う事では無いから関係無いかも・・・。
広告

近くのスーパーへ行くと何やら楽しげな”たいめいけん三代目監修”の惣菜パンが売られていたので買ってみた!オムレツパンは見た目も可愛くて普通にウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:10 PM
 
代理人記録
 
若かりし頃、住んでいた寮の中の売店とか、あるいはコンビニへ行っても今ほど弁当の種類は多く無かったので、偶にパンを買って食べる事はあったのだが、元々実家が農家だった事もあって米中心の生活を送って来た事もあって最近はパンを食べると言えば、偶にレストランのコース料理の中に出て来るパンぐらいになってしまった・・・。
 
が、少し前に近くのスーパーへ行くと何やら楽しげな”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”が販売されていた。『たいめいけん』と言えば偶にテレビで見掛ける東京にある有名な洋食屋さんで、10数年前に2週間程の間、東京出張した際にホテルから歩いて行ける距離にあったので、ちょこっとお店を見に行ったのだが、その時は何故か?直ぐ目の前にある『京都銀閣寺ますたにラーメン/日本橋本店』に食べに行ってしまったので、結局未だ『たいめいけん』には行った事が無い・・・。が、以前にもスーパーで売られいた”三代目たいめいけん監修マンゴーオムプリン”とか”三代目たいめいけんのヒレかつサンド”を買って食べた事があったので、折角なのでその”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”を買ってみる事にした。
 
第一パンたいめいけん三代目監修オムレツパン
ちなみにこちらがその時のスーパーのパン売り場に並んでいた『第一パン』から販売されている”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”で、他にも”カレーパン”と”グラタンパン”の合計3種類のパンが売られていたので、取り敢えず試しに”オムレツパン”と、定番の”カレーパン”を買ってみる事に決定!!!
 
第一パンたいめいけん三代目監修オムレツパン
そしてこちらが実際に買って食べた”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”で、お値段は税込価格108円也。先にも書いた様に普段余りパンを買って食べる事が無いのでこの価格が安いのか高いのかは良く判らないが、基本的には良くある惣菜パンの一種と言う事もあって、以前買った”三代目たいめいけん監修マンゴーオムプリン”とか”三代目たいめいけんのヒレかつサンド”と比べると遥かに安い!
 
第一パンたいめいけん三代目監修オムレツパン
それはさて置き早速袋を開けて取り出したのがこちらの”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”で、ご覧の様に『たいめいけん』の人気メニューの一つである”オムライス”をイメージしたデザインになっている。ちなみに販売元の『第一パン』の商品説明に寄ると”ふんわり黄色いパン生地にダイスハム入りスクランブルエッグフィリングを包み、ケチャップを絞り焼き上げました。見た目もオムレツの様に仕上げました。”との事。
 
第一パンたいめいけん三代目監修オムレツパン
そしてこちらが”たいめいけん三代目監修 オムレツパン”の断面で、雰囲気的には偶に食べた事がある柔らかいパン生地の中に潰したタマゴが入った感じの内容で、驚く程の味では無いにしろ中々ウマい見た目の楽しさもあるし、また食べてみたい気がするパンだったかな・・・。
 
第一パンたいめいけん三代目監修カレーパン
そしてこちらが一緒に買ったもう一つの”たいめいけん三代目監修 カレーパン”で、こちらもお値段は税込価格108円也。”カレーパン”は偶に買ったり貰ったりする事があるのだが、それらと比べると手頃なお値段だ!
 
第一パンたいめいけん三代目監修カレーパン
で、こちらも早速袋を開けて中身を取り出してみると、ご覧の様にこちらも割とシンプルな惣菜パン・・・と言うのか”カレーパン”だ。またまた『第一パン』の商品説明に寄ると”チキンブイヨンのコクが豊かなカレーを包み、揚げました。”との事。
 
第一パンたいめいけん三代目監修カレーパン
そしてこちらが”たいめいけん三代目監修 カレーパン”で、真ん中から二つに切ったのだがご覧の様にちょっと具のカレーが少ない様な・・・。そんな事や味自体も”カレーパン”そのまんまの味だったので、特に大きく印象に残る事は無かったかな・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.