義史のB型ワールド

2016年1月23日

あべのハルカスへ行った後に近鉄百貨店で開催されていた静岡・山梨 物産展で”駿河丼”とやらを食べてみた!シンプルな内容だが桜えびとアオサの掻揚げがメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:10 PM
 
代理人記録
 
年に一回の大阪西大橋訪問に続いて“あべのハルカス”へ行った後、丁度その時に近鉄百貨店で私が好きそうな”ふじのくに 静岡・山梨 物産展”と言うイベントが開催されていたので、少しだけ見に寄ってみたら、何やらウマそうな駿河丼”とやらが販売されていたので食べてみたのでご紹介。
 
あべのハルカス近鉄本店/ふじのくに 静岡・山梨 物産展
ちなみにこちらがその時の”あべのハルカス近鉄本店”で開催されていた”ふじのくに 静岡・山梨 物産展”のチラシで、ご覧の様に静岡からは”駿河丼”と”浜名湖うなぎ飯”、それに山梨からは”八ヶ岳名物山菜鶏釜めし”や”甲州ワイン弁当”等、中々ウマそうな弁当が販売されている。とは言え天王寺で弁当を買って持って帰るのは面倒だったので、どうしたものかとチラシを見ていたら”駿河丼”は会場に用意された特設茶屋で食べれると書いてあったので、そちらのイートインコーナーへ行ってみる事にした。
 
ふじのくに 静岡・山梨 物産展/ごはん屋さくら
こちらが”ふじのくに 静岡・山梨 物産展”のイベント会場の一角にあった『ごはん屋さくら』のイートインコーナーで、流石に大阪の百貨店と言う事もあってか、姫路山陽百貨店でお馴染みの特設茶屋よりも倍以上の広さがあり、更にこの写真の手前右側にもテーブルが並んだ客席が用意されていた。しかも時間的には午後4時頃と言うメチャ中途半端な時間帯だったのだが、流石に大阪の百貨店と言う事もあってか、意外と結構沢山のお客さんの姿がある。ま、大阪は何処へ行っても人が多いのも確かだが・・・。
 
ふじのくに 静岡・山梨 物産展/ごはん屋さくらのメニュー
そしてこちらが『ごはん屋さくら』のメニューで、丼は”駿河丼”の他に”桜えびのかき揚げ丼”ってのもあって、未だそれ程にお腹が空いて無い事もあい気持ち的には”桜えびのかき揚げ丼”を食べれば十分かな?と思ったのだが、商品のネーミングに今ひとつ”全国ご当地B級グルメ”感が感じられない・・・。全国ご当地B級グルメを数多く紹介して来た当ブログとしては、此処はやはり駿河の名の付いた”駿河丼”を食べない事には始まらない!って事で、ちょっと悩みながらも”駿河丼”を食べる事に決定!!!
 
ごはん屋さくら駿河丼(桜えびとアオサのお吸い物付)
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”駿河丼”で、他にお漬物・佃煮桜えびとアオサのお吸い物等が付いて、お値段は税込価格1512円也。ご覧の様に御膳の上に丼鉢やお椀や小皿等が多数並んでいるが、一番大きいお皿は”かき揚げ”の取り皿の様で何も乗って無い。それと”駿河丼”の手前にある容器は、好みで振り掛けて食べる為の”桜えび髭塩”だ。
 
ごはん屋さくら駿河丼
そしてこちらがメインの”駿河丼”で、メニューの商品説明に”生桜えびかき揚げと、しらすのかき揚げをのせました。カラッと揚げた、香ばしいかき揚げは絶品”と書いてある通り、白ご飯の上に2種類の”かき揚げ”を載せただけのメチャシンプルな丼だ。しかも”天丼”には付き物の”天つゆ”は一切かかって無いようで、正に”桜えび”と”しらす”の味そのままで勝負する!みたいな感じだ。ちなみにそれぞれの”かき揚げ”も結構な大きさがある。時間的な事を考えると、このハーフサイズぐらいで十分だったのだが・・・。
 
ごはん屋さくら駿河丼
それはさて置き早速”生桜えびのかき揚げ”から食べてみると、衣はサクサクで桜えびはサイズ自体は小さいが、たっぷりと入っている事もあってか味もしっかりとしていて身も柔らかくメチャウマい!偶に食べる”海老のかき揚げ”とは全く食感の異なる感じではあったが、確かにこの”生桜えびのかき揚げ”は一度は食べる価値がある逸品だ!ちなみに”日本で桜えびが獲れるのは駿河湾だけ”らしい・・・。
 
ごはん屋さくら駿河丼
そしてこちらが”駿河丼”のもう一つの具である”しらすのかき揚げ”で、”しらす”自体は結構食べる機会があるのだが、こう言った”かき揚げ”で食べるのは珍しい・・・。で、こちらも私の苦手な魚臭さは一切無い食べ易いしらす”でこれまたウマい!ちなみに”駿河丼”と”桜えびのかき揚げ丼”の価格差から計算すると、この”しらすのかき揚げ”は1枚400円と言う計算・・・。”しらす”と言えども中々のお値段だ。
 
ごはん屋さくら駿河丼(桜えびとアオサのお吸い物付)
ちなみにこちらは”駿河丼”に付いていた”桜えびとアオサのお吸い物”で、ご覧の通り具は”桜えび・アオサ・ネギ”が入っただけのメチャシンプルな吸物で、お出汁はあっさりとしているが、これまた”桜えび”から旨みが出ているのか、あるは具の”桜えび”自体の味なのか、口の中に海老の風味が広がってこれまたウマい!きっと吸物の中に”桜えび”が入って無かったら、ここまでの美味しさは出なかったんだろう・・・。
 
ごはん屋さくら駿河丼
それともう一つ、こちらも”駿河丼”に付いていた”桜えびの佃煮”と、好みせ”かき揚げ”にかけて食べる用の”桜えび髭塩”で、塩の方は少し味見した程度でそれ程のインパクトは無かったが、”桜えびの佃煮”は白ご飯のお供にも良く合いそうな定番の甘辛味で、これまたウマい!ま、こちらは”桜えび”では無くても美味しい様な気もするが、まさに”桜えび”尽くしでこれはこれで良かったかな。
 
あべのハルカス近鉄本店本まぐろ解体ショー
最後に・・・、そんなこんなで物産展の会場で”駿河丼”を食べていると直ぐ近くのコーナーで”本まぐろ解体ショー”が始まった!最近は輸送技術が発達した事もあり、冷凍では無く生本まぐろを使った解体ショーがあちらこちらの百貨店やスーパー、それに回転寿司屋さん等でも開催されていて、私も偶に買って食べる事があるのだが、流石にこの時は天王寺って事で買うのは諦めた・・・。この場で直ぐに食べれるコーナーがあったら、買って食べたかも知れないが・・・。
 
てな事で、年に1度の大阪西大橋行脚の後”あべのハルカス”で開催されていた”ふじのくに 静岡・山梨 物産展”に寄って”駿河丼”を食べてみたのだが、上で書いた様に”桜えび三昧”で中々美味しかった。ちなみに後で当ブログの過去ログを検索してみると、昨年(正確には2015年で、本当は今年と書きたかったのだが・・・)の春頃には”ココイチで桜えびとあさりの春爛漫カレー”や”スシローで生桜えびの握り”を、更にその前の年には”桜えびの串カツ”とか”桜えびのかき揚げ天丼”等を食べていたようで、結構私は”桜えび”を食べていたんだとあらためて驚いた。当然の如く私の中で海老の王様と言えば”伊勢海老”に違い無いのだが”桜えび”も意外とウマいなあと思いつつ帰路に着いたのであった

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。