義史のB型ワールド

2016年1月11日

久々に行ったカレーハウスCoCo壱番屋で今年も登場した”キャベツメンチカツカレー”を食べてみた!キャベツのシャキシャキ感があって中々ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:39 PM
 
代理人記録
 
少し前に私が30年近くに渡って通い続けている『カレーハウス CoCo壱番屋』が『ハウス食品』に買収されると言うニュースが流れたが、特にそれとは関係は無く、単に今年も『CoCo壱』から登場した”キャベツメンチカツカレー”を食べたお話・・・。最近はこれと言って楽しげな期間限定メニューが登場して来なかった事もあり食べに行って無かったのだが、先日迄販売されていた”キャベツメンチカツカレー”は個人的には結構好きなメニューの一つ・・・。最初は特に食べに行こうとも思って居なかったのだが、夕方近くにお店の近くを通った時にふとそのメニューの事を思い出したので食べに寄ってみた。
 
カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店
こちらが久々に行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/高砂北インター店』で、このお店には一時期”夜ココ鉄板カレーシリーズ”に釣られて、この時間帯にも良く食べに来ていた時期があったのだが、最近は”夜ココ”もやらなくなった事もありこの時間に食べに来たのは久々の事だ。とは言え、この時間でも意外とお客さんが入っていて店内は結構賑わっていた
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレーメニュー
ちなみにこちらが今年も販売された”キャベツメンチカツカレー”のメニューで、2年位前に食べた”手仕込キャベツメンチカツカレー”には”嬬恋高原キャベツ”を使っていると言う点が大きく謳われていたのだが、昨年辺りからそう言った記述は無くなった・・・。そう思うと、本当に”嬬恋高原キャベツ”を使っていたのか?と言う事が若干気になってしまうのだが・・・。
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレー
それはさて置き間も無くして運ばれて来たのがこちらの”キャベツメンチカツカレー”で、ご飯の量は普通の300g、辛さもノーマルのままなのでお値段は税込価格810円也。若かりし頃は最低でも400g、辛さも1辛か2辛を指定して食べていたのだが、辛さは兎も角としてご飯の量は300gで十分になってしまった・・・。ま、どちらかと言うとライスよりもトッピングを色々増やして食べたい気はするが・・・。
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレー
そしてこちらが”キャベツメンチカツカレー”のメインである”キャベツメンチカツ”で、当然の如く揚げ立て熱々で当然の如くそのまま食べてもウマいし、カレーを絡めて食べても中々ウマい!以前にも書いたが、”キャベツメンチカツカレー”としてでは無く普通の白いご飯のおかずにして”キャベツメンチカツ定食”として食べてみたい気もする。
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレー
ちなみに”キャベツメンチカツ”の中を見るとこんな感じで、思いの外沢山のキャベツが入っていてそのシャキシャキ感が中々楽しい食感を醸し出す。少し前に加古川プラザホテルのレストランで”キャベツ入りミンチカツ”を食べたのだが、思った程の量のキャベツは入って無くて少し寂しかったのだが、やっぱこれぐらいの量が入っていた方が美味しかったかな
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレー
で、今回食べた”キャベツメンチカツカレー”には”手仕込みシリーズ”とは書かれて無かったが、何時も”キャベツメンチカツカレー”を食べた時と同じ様に”手仕込みシリーズ”に付いてくる芳醇ソースも付いて来たので、それを”キャベツメンチカツ”にかけてライスと一緒に食べると、普通の”ミンチカツ定食”っぽい感じでこれまたウマい!てか、私が愛用している『かつや』で”キャベツメンチカツ丼”として販売しても面白いのでは・・・と思うのだが・・・
 
CoCo壱番屋キャベツメンチカツカレーCoCo壱番屋キャベツメンチカツカレー
ちなみにその他にもテーブルの上に今まで余り目にした事の無い”とろ~り甘くなるソース”ってのが置いてあったので、甘い系はそれ程好きでは無いのだが、どんな味がするのだろうと興味が沸いたので少しだけカレーに入れて食べてみた。確かに少し甘目で最初にこれを使って甘口で食べ、その後普通の辛さで食べれば大阪で人気の最初は甘いが食べている間に辛くなって来るカレーの味を疑似体験出来たかも知れない・・・(ま、『CoCo壱』でも”甘くて辛いカレー”ってのがあったけど・・・)。
 
てな事で、最近は食べに行く頻度は減った物の30年近く食べに行っている『CoCo壱』に行って今シーズンも販売された”キャベツメンチカツカレー”を食べたのだが、すっかり馴染の味になってしまったので、驚く程の感動は薄れてしまったが偶に登場する期間限定のカレーの中では結構好きなカレーかも知れない・・・。それにしても、最近は期間限定で登場するカレーも面白味が無い物ばかりになって来た様な気もする・・・。それにも『ハウス食品』が影響しているのかも知れない・・・。
広告

2泊3日の東京旅行の道中記その18(完)。帰ってからお腹が空きそうな気がしたので羽田空港国際線ターミナルで”焼肉チャンピオンの江戸前焼肉ロール”を買っていたので食べてみた!シンプルながらメチャウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 7:26 PM
 
代理人記録
 
年明けから約10日間に渡って紹介して来た2泊3日の東京旅行の道中記もいよいよ最後。午後6時半頃に羽田発の飛行機に乗って家に辿り着いた頃は既に午後9時を廻っていた。搭乗前の空き時間に空港内を散策している時に見かけたラーメン屋『羽田大勝軒』で”中華そば”は食べていたのだが、流石にこの時間だとちょっとお腹も空いて来た。そんな事もあろうかと、羽田空港国際ターミナルで夜食用の”江戸前焼肉ロール”を買っていたので半分程食べてみる事にした。
 
焼肉チャンピオン/羽田空港国際線ターミナル店
ちなみにこちらが先に紹介した羽田空港国際線旅客ターミナルビル4Fの江戸小路の一角にあった『焼肉チャンピオン/羽田空港国際線ターミナル店』で、雰囲気的には焼肉屋さんの様なお店なのだが、当然の如く”江戸前焼肉ロール”も店内で食べる事が出来る(確か店内で食べても同じ値段なのだが、別途スープが付いて来るのでその分お得だったはず・・・)のだが、先にも書いた様に未だ時間がちょっと早かったので、お土産用にテイクアウトで買って帰ったのだった。
 
焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール
そしてこちらがお店の前に置いてあった”江戸前焼肉ロール”の見本とメニュー表で、お店の案内に寄ると”数々のTV番組で紹介され、羽田江戸小路の名物土産となった江戸前焼肉ロール。厳選A-5和牛をチャンピオン秘伝のタレで焼き上げ、キムチ・サンチュ・特製ソースを炊きたてのご飯と海苔で包んだ焼肉ロールは格別に美味しくお土産に大変喜ばれます”との事。実際、この後頼まれていた他のお土産を持って親戚の家を訪問した際に半分食べて貰ったのだが、美味しいと感激していた。
 
焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール
それはさて置き、こちらが実際に買って来た”江戸前焼肉ロール”で、お値段は税込価格1350円也。ご覧の様に偶に寿司屋さんへ行った時にお土産で買って帰る事がある”穴子の棒寿司”とか、あるいは高速道路のSAで買った事がある”かにの棒寿司”等と同じ様に竹の皮に包まれていて、見た目からして贅沢だ。
 
焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール
そしてこちらが竹の皮を開いて中から取り出した”江戸前焼肉ロール”の姿で、お店で買う時に見本とか写真を見ていたのである程度の中身は知っていたのだが、ご覧の通りご飯の廻りに沢山のゴマが付いた、ちょっと変わった巻き寿司になっている。ゴマを付けてあるのは手で掴んだ時にご飯が指に付き難くする効果もあるから?とか言う話・・・。
 
焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール
そしてこちらが”江戸前焼肉ロール”の断面の様子で、ご覧の様に焼肉やキムチ等がぎっりしと詰まった具沢山なロール巻きで、味は何と無く韓国テイストなコチジャン風味になっているが、秘伝のタレの味も相まってか商品説明通り確かにメチャウマい!単体で食べてもウマいし、ビールのつまみで食べても中々美味しいと思える一品だ。
 
焼肉チャンピオン江戸前焼肉ロール
ちなみに”江戸前焼肉ロール”の端っ子を見ても、この様に焼肉やキムチが具沢山で、きっとこの中の具だけを食べても美味しい様な気がする・・・。てか、今年も間も無く節分の日がやって来るのだが、この”江戸前焼肉ロール”を”恵方巻”で食べてみたい!(とは言え、今年もきっと”イオンの恵方巻”か、”近代まぐろの恵方巻”になってしまいそうな気もするが・・・)。
 
てな事で、約10日間に渡って紹介して来た2泊3日の東京旅行の道中記もこれにて完。旅行と言っても今回は全く温泉に浸かる事の無い、しかも基本的には東京スカイツリータウン浅草寺周辺のみの一極集中の観光ではあったが中々楽しかった!次は何時、東京に行く機会があるかは定かでは無いが、きっと次回も飛行機で行こうと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.