義史のB型ワールド

2016年1月5日

2泊3日の東京旅行の道中記その9。東京スカイツリーが混んでいたので、その下にあった”すみだ水族館”に行ってみた!期待して無かった事もあって、中々見応えがあったかな。

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 9:30 PM
 
代理人記録
 
東京スカイツリータウンに到着後、先ずはイーストタワーからスカイツリーを観たり、あるいは東京ソラマチの中にある『東京カレー屋名店会』でランチを食べたので準備万端!いよいよスカイツリーに登ってみようと入場口に行ってみたら、当然の如く?入場待ちの長蛇の行列が出来ている・・・。そこに居たスタッフの方にお話を聞くと、この日は団体客が多いらしく約1時間半待ち位との事。特にこの後に予定があった訳でも無いので、待っても良かったのだがどうせその内に空くだろうと思い、他の施設を見て廻る事にした。
 
すみだ水族館
で、先ず最初に目に留まったのが東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6Fにあった『すみだ水族館』で、個人的に普段は水族館や動物園等には関心は薄い(とは言え若かりし頃には鳥羽水族館や白浜アドベンチャーワールドには、それぞれ3回以上行った事があるし、それ以外のサファリパークにも結構行ったが・・・)し、しかも入館料を見ると2050円と中々の金額・・・。そんな事もあり最初はどうした物かと悩んだのだが、何やら写真家・映画監督の蜷川実花氏との初コラボレーション企画『蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル』を開催しているとの事だったので、それに釣られて入ってみる事に決定!!!
 
すみだ水族館
ちなみにこちらがこの時に『すみだ水族館』で開催されていた『蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル』のポスターで、公式サイトの説明に寄ると”壁と天井に約5,000枚の鏡を敷き詰めた「クラゲ万華鏡トンネル」内にある8つのクラゲ水槽や壁面に、蜷川実花が街中で撮影した花や人の雑踏などを投影。投影する作品は、本企画のために制作された新作で、昼と夜の2つのバージョンがある”らしい・・・。って事は、夜にも観に来るべきだったのかな
 
すみだ水族館すみだ水族館
すみだ水族館すみだ水族館
それはさて置き、早速『すみだ水族館』の館内を進んで行くと、この様な隅田川の川底を再現したかの様な展示になっていて、普段目にする魚とは違うクラゲやグソクムシみたいな物が多数展示されている・・・。実際これらの生き物を見て廻っているだけで、アッと言う間に30分ぐらいの時間が過ぎてしまった・・・。
 
すみだ水族館
そしてこちらは館内の真ん中辺りにあったガラス張りの水産物の研究所みたいな処で、その中には小保方晴子風の研究着の若いオネエサンが何か作業をしていた・・・。もっとアイドル風の容姿だったら、私もこの場に釘づけになっていたかも・・・。
 
すみだ水族館
更に奥へ進んで行くと何故か葛飾北斎展みたいな物まで・・・。これまた公式サイトの説明に寄ると”墨田区が誇る偉大な画師・葛飾北斎が描いたいきものの作品と、実際の生物を見比べてご覧いただける展示”をしているのだとか・・・。
 
すみだ水族館すみだ水族館
そしていよいよやって来たのがこちらの”すみだのクラゲが、蜷川色に染まる「クラゲ万華鏡トンネル」”のエリアで、これまた公式サイトの説明に寄ると”全長50メートルのスロープに、色鮮やかな照明に照らされた8つのクラゲ水槽を設置し、壁と天井の3面に約5,000枚の四角形や三角形の鏡を敷き詰めることにより、万華鏡と合わせ鏡の中を歩いているような体験ができる展示”との事。確かに中々幻想的な空間で、水族館の中と言う事を一瞬忘れそうになった程・・・。
 
すみだ水族館すみだ水族館
すみだ水族館すみだ水族館
ちなみにこちらは”クラゲ万華鏡トンネル”の一番奥にあったスクリーンの映像で、当然の如く刻々と映像が切り替わって行くので、写真で紹介しても意味があるのかどうか定かでは無いが、少しだけでも雰囲気が伝われば・・・。
 
すみだ水族館すみだ水族館
で、”クラゲ万華鏡トンネル”を通り抜けた先にはこの様な金魚コーナー?があった(江戸リウムと言うゾーンらしい・・・)。何故この水族館金魚押しをしているのか良くは知らないが、何と無く昔の縁日の金魚すくいを思い出してちょっとだけ懐かしい気持ちになったかな。
 
すみだ水族館
ちなみにその未だ先には、この様な”おでんの屋台”みたいな物があったので、もしかすると此処で金魚でも焼いて食べれるのか?と思ったりしたのだが、当然そんな訳は無く、何やら数種類の変わった金魚を展示しているらしい・・・。ちなみにこの金魚屋台は「すみだ号」と言う名前が付いていて、『すみだ水族館』のファン?の間では有名な存在らしい・・・。
 
すみだ水族館
そしていよいよ水族館も最終コーナーへとやって来た!そこには水族館定番のオットセイやペンギン等が沢山居る巨大なプール型の水槽があり、更に下からも見える様になっていたのでオットセイが頭の上を泳ぐ姿とかもを見る事が出来た?様な・・・。ちなみに肝心のオットセイはと言うと、この時はウェットスーツをまとったオネエサンが餌をやっていたので、こちらの方は全然振り向いてくれなかったが・・・。
 
すみだ水族館
そしてこちらは先ほど見たオットセイや、あるいは沢山のペンギン等が居た”水量約350トンの国内最大級の屋内開放のプール型水槽”正面側で、当然の如く水槽の前に立つと目の前をペンギンが泳ぐ姿が良く見えるのだが、この『すみだ水族館』の中に入ってから、あるいはその前からも結構歩き詰だったのでちょっと疲れて来たので、そこにあった休憩コーナーで一休み・・・。ちなみにその気になればこの場所からでも館内をもう一周出来るみたいだったが・・・。
 
てな事で、スカイツリーが1時間半待ちだったので後回しにして、先に『すみだ水族館』に入ってみたのだが、この他にも間近で巨大なサメが見える水槽等があったので沢山の写真を撮ってみたのだが、残念ながら館内が薄暗いことや動きが激しくて綺麗な写真が撮れなかったので紹介出来ない・・・。ま、機会があればこの『すみだ水族館』に行って直接みなさんの目で見て頂戴!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。