義史のB型ワールド

2016年1月2日

2泊3日の東京旅行の道中記その4。コンサート終演後にホテルの近くにあった”ラーメン二郎”に行ってみた!ドカ盛りどころか体調を考えて麺も少な目で食べた!ワイルドだろう?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
中島みゆきコンサートの終演後、本来であれば何処かでビールでも飲みながら余韻に浸りたい気分ではあったのだが、既に時間は午後9時半を廻っていたのでこの時間にビールを飲んだり大食いすると翌日に胃腸の調子が悪くなる・・・。未だこの日が1日目と言う事もあり、ラーメンだけを食べてからホテルへ戻る事にした。で、先にチェックインした時にロビーにはホテルがオリジナルで作った周辺にあるラーメン屋が載ったマップが置いてあったので先にチェックしてみると・・・。
 
HOTEL松本屋1725ラーメンマップ
こちらが宿泊したホテルのロビーに置いてあったラーメンマップで、ご覧の様に歩いて数分の場所に10店舗のラーメン屋さんが点在するらしい・・・(ちなみにホテルの真横もラーメン屋さん)。が、それとは別にネットで検索をするとホテルの直ぐ近くに『ラーメン二郎』を発見!!!ラーメン二郎』と言えば5~6年前に関東を中心にブームになったドカ盛りラーメンの総本山で、その二郎をインスパイアしたラーメン屋が数多く出来たのだが、残念ながら関西や加古川&高砂近辺ではその手のお店は無かった。
 
が、そのブームを受けてか、私が一時期良く食べに行っていた東加古川にある新在家ラーメンもんど』でも二郎系のラーメンとも言える”もんジロウ”が登場し、また同じ頃に加古川サザンプラザ内に『加古川大盛軒』がオープンし、そこでも二郎系の”元祖角ふじ麺”がメニューにあったので、私もそれらを食べ、更にその後も神戸方面へ行った時に『自家製太麺 ドカ盛 マッチョ』とか『ラーメン・つけ麺 神起』等の二郎をインスパイアしたドカ盛りラーメンを数多く食べて来たけれど、未だかつて本家本元の『ラーメン二郎』では食べた事が無かった!
 
そんな事もあり確かに本店では無く『府中店』ではあったが、取り敢えず『ラーメン二郎』のれっきとした支店?なので、1度ぐらいは本物の味を試してみようと思いそちらのお店に行ってみる事にした。
 
ラーメン二郎/府中店
で、今時なのでスマホを片手にナビに従って目的地に向かったので直ぐにお店は見つかるだろうと思っていたら、意外とこれが見つからない。てかナビが指し示す地点を超えてしまったので、おや?っと思い元来た道へ戻ってみると、どうやらそのお店はこの昭和の香りが残る古びたビルの飲み屋街の一番奥にあるらしい・・・。パッと見た感じ、途中にある怪しげなお店の中に連れ込まれ無いかな?と言う不安を抱きつつ、この飲み屋街の中を進んで行く事に・・・。
 
ラーメン二郎/府中店
そしてこちらがこのビルの通りの一番奥にあった『ラーメン二郎/府中店』で、正面からの写真は撮れなかったのだが、店内は10席にも満たないカウンター席のみのこじんまりとしたお店で、目の前のカウンターの中で麺を湯掻いたりスープを煮出したりしている姿が良く見える。で、お店入った処にある食券販売機で取り敢えず普通のラーメンの食券を購入!
 
ちなみに、私が食べに行った事のある『ラーメン二郎』をインスパイアしたラーメン屋さんでは、野菜増しとかニンニク増し等を聞いて来るお店がほとんどだったのだが、事前にネットで得た情報に寄ると本家の『ラーメン二郎』では”ニンニク入れますか?”ぐらいしか聞いてくれないらしい・・・。確かにこのお店でも食券を手渡しても”ニンニク入れますか?”しか聞いてくれなかった。それに対して、ニンニクの有無や、野菜増し、アブラ増しを言えばそれぞれが無料で増量になるとの事。が、流石にこの時間に食べ過ぎると絶対に後でお腹をこわすので、野菜増しにするどころか麺も少な目で注文したのであった!
 
ラーメン二郎ラーメン普通盛(小)(麺少な目)
で、流石に先客が何人かいた事と、麺が太麺と言う事もあってちょっと時間が掛かって漸く運ばれて来たのがこちらの”ラーメン(小)”(普通盛を小と呼ぶらしい)の麺少な目で、お値段は700円也。先にも書いた様に野菜増しの指定はしなかったのだが、それでも結構な量がトッピングされているし、麺も少な目と指定した割には元々が多目な事もあってか、ご覧の通り普通のラーメン並か、あるいはそれ以上のボリュームがある。ちなみに何処かで店主との意思の疎通が出来て無かったのか、出される時に”麺少な目の辛め・・・”と言われた・・・。確かに麺の少な目はお願いしたのだが、カラメは言って無いのだけどなあ・・・。私が関西弁だったか何か勘違いされたのかも・・・
 
それはさて置きそのお味であるが、流石に関東のラーメンのスープだからなのか、あるいはカラメになってしまったからなのか、ちょっと醤油の味が濃い感じの豚骨醤油系のスープで、アブラも指定しなかったので背脂の量も控え目な感じなので、美味しいかどうかと聞かれるとちょっと微妙な気はしたが、漸く本家本元?の『ラーメン二郎』を食べた!と言う満足感だけは得られた!
 
ラーメン二郎ラーメン普通盛
ちなみにこちらは”ラーメン”にトッピングされていたチャーシューとニンニクで、先にも書いた様に野菜も背脂の量もノーマルのままだったのだが、”二郎のラーメン”を食べるのにニンニクが少ないのは物足りないだろうと思い、ニンニクだけを増しにしたのでご覧の通り結構な量のニンニクがトッピングされていた。これを少しずつスープに混ぜながら食べると味の変化が楽しめて中々ウマかったのだが、流石に最後の方はちょっとこってりし過ぎてたかな・・・。
 
ラーメン二郎ラーメン普通盛
それともう一つ、こちらが”二郎のラーメン”の麺で、ご覧の通り極太麺を通り越した、超極太の縮れ麺で雰囲気的には”うどん”よりも更に太いと言う印象!そんな事もあってちょっとコシのある様な麺ではあるが、モチモチとした食感で個人的にも太麺大好きなのでこれはこれで中々美味しい麺だった。
 
てな事で、宿泊したホテルや近くの府中駅周辺にも数多くのラーメン屋さんがあるなかで、関西には”二郎インスパイア系”のラーメン屋さんは数多くあるが、本物の『ラーメン二郎』では食べた事が無かったので、今回は『府中店』ではあるが試しに食べてみたのであった。まあ、味的には神戸にある『ラーメン・つけ麺 神起』とか三宮にある『自家製太麺 ドカ盛 マッチョ』と似た様な感じではあったが、今回は味よりも本物を食べた事に意味があるので、何と無くすっきりした気分になってお店を後にしたのであった!
広告

2泊3日の東京旅行の道中記その3。中島みゆきコンサートの初日公演が行われた府中の森芸術劇場どりーむホールはこんな感じの処だった。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 7:50 PM
 
代理人記録
 
羽田空港到着後、先ずは空港内のレストラン街に寄って『新宿アカシア』と言うお店で”豚ミンチカツとロールキャベツシチュー”を食べた後は、ひたすら電車を乗り継いで無事に東京府中に到着!で、先にホテルにチェックインして小休憩を取った後、今回の旅の最大の目的である中島みゆきコンサートの初日公演が行われる”府中の森芸術劇場”の方へ向かう事に・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール
こちらが今回行って来た”府中の森芸術劇場”で、東京へは丸々1ヶ月間近くに及ぶ長期出張とか日替り出張とかで何度も来た事があるのだが、当然の如く?滞在したのは品川とか四谷とか木場とかの比較的中心地に近い場所ばかりだったので府中に来たのは今回が生まれて初めてだし、こんな事がなければ一生来る事も無かった場所かも知れない・・・。それはさて置き、そんな東京と言うイメージとは異なり何と無く何処かの田舎のホールかな?と思う様な閑散とした場所にあった。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール
そしてこちらがコンサート会場のメインホールである”どりーむホール”がある”府中の森芸術劇場”の建物で、例に寄ってCDやDVDを購入すると中島みゆき直筆のサイン色紙が貰えるので、今回も記念に買おうかと思って列に並びかけたら既にCD&DVD販売の行列が出来ていて、今から並んでも多分サイン色紙はゲット出来ないだろうとの事。それならば並んでも仕方が無いかと思い、しばしホールの周りを散策。とは言え、この後一気に日が暮れて行って辺りは暗闇に包まれて来たのでホールの裏にある”府中の森”も良く見えなかったので直ぐに戻って来たのだが・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール府中の森芸術劇場どりーむホール
ちなみにこちらはコンサートグッズの販売コーナーの様子と、CDやDVDを購入すると貰える特典の紹介のボードで、此処で買って帰ると翌日からの東京観光の旅の荷物になるので、この時は購入を辞めたのだが、きっと後日観に行く予定の大阪のコンサート会場何らかのグッズは買ってしまいそうな気がする・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール府中の森芸術劇場どりーむホール
そんなこんなしているといよいよコンサートの開演時間が近づいて来たので、私も入場待ちの列に加わり会場への入口へと向かう・・・。そしてこちらは会場の入口の処に置いてあったこの日の催物の案内のボードと、この日を皮切りにこの数日後から東京国際フォーラムで開催予定のコンサートのポスターで、最終公演は2月11日に東京国際フォーラムで開催されるのだが、流石にそちらは観に行く予定は無いが・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール府中の森芸術劇場どりーむホール
そしてこちらは”どりーむホール”のロビーに飾ってあった、各社から届いた御花で場所が東京と言う事もありTBSやNHK、それに何故かエイベックスからの御花もあった。TBS的には赤坂方面でコンサートがあった場合には、ぜひテレビ放送をしたい・・・と言う願いを込めて毎回御花を送って来ているのだと思うが、私個人としてもぜひテレビに出て欲しい・・・と願っている・・・
 
府中の森芸術劇場どりーむホール府中の森芸術劇場どりーむホール
ちなみにどうでもエエが”どりーむホール”の入口とロビーの様子はこんな感じ・・・。これらは後に私がこの日のコンサートの事を思い返す際に、ああこんな会場だったなあ・・・と、あれこれ思い出す為のきっかけに使うと言う事で・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール府中の森芸術劇場どりーむホール
そしてこちらが”府中の森芸術劇場”のメイン会場である”どりーむホール”の様子で、確かに座席数は2000人ちょっとの東京方面としては比較的小さなホールなのだが、残念ながら私の席は2Fだったので、流石にちょっと距離感はあったかな。半面、ステージ全体の姿は良く観えたので、セットの様子とかバンドやコーラスの配置等は良く判ったかな。
 
中島みゆき Concert 「一会(いちえ)」 2015~2016
そんなこんなしていると、いよいよ”中島みゆき Concert 「一会(いちえ)」 2015~2016”が始まった。先にも書いた様にこの日が初日と言う事もあり、本人もステージの上で言っていた様に独特の緊張感が漂っていた・・・。私がコンサートの初日に観に来たのは今回が2回目だが、本人は当然としても、見ている客の方まで何と無く自分の子供が出ている姿を見ている親の様な空気感が味わえるのは、やはり初日にしか無い様な気がする・・・。
 
府中の森芸術劇場どりーむホール
最後に・・・、まだ”中島みゆき Concert 「一会(いちえ)」 2015~2016”は後半戦がこれからも続くので詳しい話はまた後日紹介するとして、こちらが今回のコンサートのセットリストで、オープニングトークの話では3部構成と言う事ではあったが、実質は何時見も通りの前半後半のステージと本編終了後のアンコールと言う様な内容だったかな。そして此処最近のコンサートで良く唄われていた”地上の星”も”時代”も無かったので、中島みゆきを初めて観に来た人には割とマニアックな曲構成だったかも・・・。
 
てな事で、昨年は”夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」”、一昨年は”夜会工場 Vol.1”だったので、実に3年ぶりに開催された中島みゆきのコンサートの初日を観に遥々と東京府中まで行って来たのだが、先にも書いた様にステージ&客席共々に独特の緊張感と言うのか雰囲気が伝わって来て、アッと言う間に時間が経ちコンサートは終わってしまったのだが、その余韻に包まれつつこの後ホテルのある府中駅方面へと戻って行ったのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.