義史のB型ワールド

2015年12月25日

昨夜放送された小田和正『クリスマスの約束2015』について、一言二言・・・。

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 7:33 PM
 
代理人記録
 
書くか書くまいか、ちょっと悩んだのだが取り敢えず毎年書いている事なので今の私の思いをちょっとだけ・・・。
 
昨夜、TBS系列の放送局で今年で15回目となる”小田和正のクリスマスの約束2015”が放送された。小田和正と言えば音楽ファンなら知らない人は居ないぐらいのメジャーなアーティストで、個人的にも既に鈴木康博が抜けた後の4人のオフコースの頃だったが、コンサートも観に行った事のある大好きな歌手の一人だ。で、当然の如くこの”クリスマスの約束”と言う番組も第一回の放送の時(ただし、関西では番組開始数年の間はクリスマス前夜に放映される事は無く、年が明けて1月か2月頃の放送だったけど・・・)から見ているのだが、昨年の内容はこれまでの総集編みたいな内容で残念ながら期待外れだった。そんな不安を抱きつつ昨夜の放送を観たのだった・・・。
 
TBSクリスマスの約束2015
で、詳しい内容はもっと文才のある他のブログやツイッター?の記事をご覧いだたくとして、もしかすると反感を買いそうな不安を抱きつつ今の私の率直な気持ちを書くと・・・、何と無く番組が始まった当初のコンセプトと違って来た様な・・・。元々は次世代?次世紀に残したいと思う名曲を、小田さんがそのアーティストと共に歌う!と言う事だったと思うのだが、昨夜の放送を観た感じでは個人的に馴染の無い曲が大半を占めていたので、ちょっと欲求不満な部分が多かった・・・てかほとんどだったかも・・・。
 
TBSクリスマスの約束2015
まあ選ぶ曲とか出演するアーティストは小田さん自信が選んだ人なので、番組の趣旨とは間違って無いのだろうけど、個人的な思いで言うと、2曲目に小田さんがソロで唄った昔懐かしい”なごり雪”とか、あるいは番組の最後に流れた、これまた個人的に復活コンサートまで観に行った事のあるチューリップの名曲”夕陽を追いかけて”の2曲だけが良かった気がする・・・。
 
思えばこの番組が始まった当初は小田さんが手紙を書いた相手は誰も会場にやって来なく小田さんが一人でその曲への思いを語りながら唄っていた・・・あの頃が一番好きだ。そんな昔懐かしい気がちょっとだけしたのが、その”なごり雪”のシーンだけだった様な・・・。あくまで個人的な思いなので、これに関してのコメントは無視したいと思うのだけど、一番の問題は出演メンバーが固定化されて来た事にあるのかも知れない(てか、それ以外のアーティストは出てくれ無いのかも・・・)。 

出演:
小田和正

<ゲスト>(50音順):
JUJU
スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)
仲宗根 泉(HY)
根本 要(STARDUST REVUE)
松 たか子
水野良樹(いきものがかり)
和田 唱(TRICERATOPS)

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。