義史のB型ワールド

2015年11月27日

神戸まで映画を観に行った帰りに十数年ぶりに”らーめん古潭”に行って、個人的に昔懐かしい”ぎょうざらーめん”を食べた!トッピングの餃子が焼き立てでメチャウマかった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:25 PM
 
代理人記録
 
先に紹介した様にこの日はキアヌ・リーブス主演の新作映画を観にまたまた神戸三宮方面へと行って来た。で、その帰りにまたまた何か食べてから帰ろうと思ったのだが、この日は映画を観終えた時間が早かったので夜飯を食べるには少し早過ぎる位のメチャ中途半端な時間・・・。そこでふと頭に浮かんだのが、前回も似た様なパターンで神戸方面へ映画を観に行った際の帰り際に途中下車した垂水駅にある老舗のラーメン屋『らーめん古潭』の事。『らーめん古潭』と言えば若かりし頃に大阪で良く食べたラーメン屋さんで、そのお店の名物と言えば何と言っても”ぎょうざらーめん”!少し前に博多ラーメンチェーンの『博多金龍』で食べた”ギョーザラーメン”とは違う、文字通り”焼き餃子”がトッピングされたラーメンなのだが、ちょっと懐かしい気がして来たので食べに行ってみる事にした。
 
らーめん古潭/プリコ垂水店
こちらが今回行って来た、JR垂水駅の高架したのショッピングゾーンの一角にある『らーめん古潭/プリコ垂水店』で、このお店は昭和43年に大阪で創業した老舗のラーメン屋のチェーン店だ。で、私が高校生の頃にラジオの深夜放送を聞いていた頃、CMが盛んに流れていた事もあって後に大学に通う為に大阪へ行く様になった頃に、阪急かっぱ横丁にあるお店に食べに行ったのが最初だった。その後、大阪に住むようになってからは、大阪ミナミの虹のまちにあるお店とか、難波CITYにあるお店とかで良く食べていたのだが、最後に食べたのは甥っ子に紹介したくてアクティ大阪店に行った時で、実にそれから14年も経ってしまった・・・。
 
らーめん古潭ぎょうざらーめん見本らーめん古潭のスープと麺のこだわり
そしてこちらがふと懐かしい気がして食べたくなったこのお店の名物の”ぎょうざらーめん”の見本と、お店の前だったかに掲げられていたこのお店の”コラーゲンスープとこだわりの麺”の紹介文が書かれたボードなのだが、私は”ぎょうざらーめん”の事は思いっ切り記憶に残っていたのだが、どんなスープだったかはすっかり忘れてしまっていた・・・。
 
らーめん古潭のメニュー
で、こちらは店内に置いてあった”らーめん単品のメニュー”で、ご覧の様にスープは”しょうゆ、みそ、しお”の3種類から選べる様になっている。が、”みそ”は兎も角として、私が大阪に住んでいた頃に”しお”なんて無かった気がするので、無難に”しょうゆ”を食べる事に決定!!!ちなみに当時”ぎょうざらーめん”と並んで良く食べたと言う思い出がある鶏の唐揚げがトッピングされた”唐揚げラーメン”はメニューに載って無かった・・・。もしかしたら他のお店と勘違いしているのかも知れないが、20年以上も経ってしまった今となっては確かめる術は無い・・・。
 
らーめん古潭店内に貼ってあった映画のポスター
それはさて置きラーメンを注文した後、店内の様子を見まわしていたら何と目の前にこの日の昼間に観て来たばかりのキアヌ・リーブスの映画のポスターが貼ってある!!!私は全然知らなかったのだが、後で調べてみるとキアヌ・リーブスが何年か前に日本に来た時に”大阪での舞台挨拶時に気に入って食べていた老舗のラーメン屋さん”が『古潭らーめん』だったらしい・・・。そんな事もあって、『らーめん古潭』はキアヌ・リーブスを応援しているのだとか・・・。それにしても何と言う偶然!神のお導き?流石に昨年の”偽ふなっしー騒ぎ”程のインパクトは無かったが、10数年ぶりに偶々食べに来たラーメン屋さんでこんな事があるとは・・・不思議なもんだ。
 
らーめん古潭ぎょうざらーめん
そんなこんなであれこれと感慨にふけっていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ぎょうざらーめん”で、お値段は700円也。ご覧の様にベースのスープは想像していた醤油色では無く何と無く豚骨醤油っぽい白濁した様な色をしている。お店の商品説明に寄ると”古潭特製コラーゲンスープを毎朝精魂込めて仕込んでいます。良質の素材からにじみ出るエキスが上質のコラーゲンをたっぷり含んだスープに熟成。コクがあり、まろやかなスープは美味しいだけでなく、コラーゲンをたっぷりと含んだ創業当時から変わらぬ秘伝のスープ”との事。先にも書いた様に、昔食べていた頃のスープがどんなだったか全く記憶に残って無かったのだが、確かにこんなスープだった様な気がして来て、それに懐かしさも沸いて来たのか普通に美味しい・・・。ま、記憶に残って無かったと言う事はそれなりの味・・・と言う事は容易に想像出来ていたのだが、これはこれで中々美味しいラーメンだ。
 
らーめん古潭ぎょうざらーめん
そしてこちらが”ぎょうざらーめん”にトッピングされていたこのラーメンのメインの具とも言える”ぎょうざ”で、数は3個のみであるが一から焼いた様で熱々で、しかも結構大き目サイズだし中身もジューシーでメチャウマい!スープの中に浸かっているので折角のパリパリの皮がクタクタになっているのだが、逆にスープを吸って何と無く皮にも味わいがあってこれが中々ウマいのだ!てか、これがこの”ぎょうざらーめん”の本来の楽しみ方とも言えるし・・・。
 
らーめん古潭ぎょうざらーめん
その他にも”ぎょうざらーめん”はこの様な定番のチャーシューもトッピングされていて、こちらも今となっては特にインパクトがある様には見えないが、とっても柔らかくジューシーで、学生時代に初めて食べた時はさぞやウマかっただろうなあ・・・と思える中々美味しいチャーシューもだった。
 
らーめん古潭ぎょうざらーめん
ちなみに”ぎょうざらーめん”の麺はこんな感じで、お店の商品説明に寄ると”麺はこの秘伝のスープとほどよく絡むよう、オリジナルの中太麺”との事。これまた昔良く食べていた頃の麺がどんなだったかは、全く持って記憶には無いのだがこちらも普通に美味しい麺だったかな。
 
てな事で、またまた神戸方面へ映画を観に行った帰りに何と無く懐かしい気がしたので『らーめん古潭』に行ってみたら、その日の昼間に観て来たばかりの映画のポスターが貼ってあったり、昔良く食べた”ぎょうざらーめん”も中々美味しかったりと、結構楽しかった。それ以前に私が垂水駅で下車する事は、何年か前に笠岡ラーメンのお店『いまい』に来た事はあるが、そのお店も移転してしまったのでもう2度と無いかも・・・と思っていたのだが、結構駅前周辺に楽しげなお店があるし、何と言っても馴染の『ステーキハウス小粋』の垂水店もあるので、また機会があれば垂水駅周辺に食べに来てみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。