義史のB型ワールド

2015年11月22日

祭り見物の合間に姫路山陽百貨店の北海道物産展の会場で”麺のひな詩”の”鶏白湯 塩チャーシュー麺”を食べてみた!上品なスープ&柔らかチャーシューでメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:40 PM
 
代理人記録
 
数年前まで姫路方面へ秋祭り見物に出掛けた際は、駅前周辺にある薩摩名物を扱う居酒屋さんで”親子丼”とか”黒豚ロースかつ丼”を食べる事が多かったのだが、最近は祭りシーズンに合わせて?山陽百貨店で開催されている北海道物産展の会場に行ってラーメンを食べる事が多い。この日も姫路方面の祭り見物に出掛けた際に、屋台の練り合わせの合間にその物産展に行ってラーメンを食べてみる事にした
 
札幌らーめん麺のひな詩特設茶屋
こちらが今回行って来た姫路山陽百貨店で開催されていた秋の北海道大物産展の会場の一角にあった札幌らーめん『麺のひな詩』の特設茶屋で、入口入って直ぐの処はラーメン屋さんの飲食スペースになっているのだが、お店の奥には最近この物産展の常連となっている『小樽おたる巽鮨』の特設カウンターがあり、そちらではお寿司等が食べれる様になっていた。
 
札幌らーめん麺のひな詩特設茶屋のメニュー札幌らーめん麺のひな詩鶏白湯 塩チャーシュー麺のメニュー
そしてこちらが札幌らーめん『麺のひな詩』の特設茶屋のメニューで、札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンが定番だし、そもそもベースのスープも鶏ガラとか豚骨系のはずなのだが、このお店は北海道ではちょっと珍しい”鶏白湯”スープのラーメンの様で、お店の一押しは”鶏白湯 塩”らしい・・・。が、私が訪れた夕方の時間帯にはこの様な”夕の市”とかが開催されていて、ご覧の様に”鶏白湯 塩チャーシュー麺”が税込価格864円で食べれるとの事。最近は少食になった事もあり滅多な事で”チャーシュー麺”を食べる事は無いのだが、普通の”鶏白湯 塩”と差額54円で”チャーシュー麺”になるので、そちらを食べない手は無い!って事で、”鶏白湯 塩チャーシュー麺”を食べる事に決定!!!
 
 
札幌らーめん麺のひな詩鶏白湯 塩チャーシュー麺
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鶏白湯 塩チャーシュー麺”で、通常税込価格1026円の処今回は864円也!ご覧の通り結構大き目サイズで肉厚もあるチャーシューが5枚程載っていて一見しただけでボリューム満点!物産展の会場で食べるラーメンは多少のぼったくり感があるのだが、この内容でこの値段なら全く持って不満は無い!ちなみにベースとなっている”鶏白湯ラーメン”はお店の商品説明に寄ると”しっかりした味わいなのに、後味すっきりのコッサリらーめん”だそうな。
 
札幌らーめん麺のひな詩鶏白湯 塩チャーシュー麺

で、早速お店ご自慢の”鶏白湯スープ”を飲んで見ると、ベースは鶏と豚の違いはあるのだが何と無く私の大好きな”旭川らーめん山頭火の塩とんこつ”のスープにも似た少し甘口で上品なスープで、当然”とんこつ”の様な癖は一切無く中々ウマい!最近もあちらこちらのお店で”鶏白湯ラーメン”を食べているが、個人的には結構好きなタイプの味だ。このスープならば”鶏白湯 醤油”とか”鶏白湯 味噌”の方もぜひ食べてみたい気になる程だった・・・。
 
札幌らーめん麺のひな詩鶏白湯 塩チャーシュー麺
そしてこちらが”鶏白湯 塩チャーシュー麺”にトッピングされていたチャーシューで、ご覧の様に麺の上に広げて見るとこんな感じで、ラーメン鉢を覆い尽くすぐらいのボリュームだ。更に肉厚もそこそこあって1枚1枚だけで十分に食べ応えもあるし味的にもメチャウマい!今年は何故か最近は滅多に食べなくなった”チャーシューメン”系を食べる機会が多かったが、その中でも一番内容が充実した”チャーシューラーメン”だと思う・・・。
 
札幌らーめん麺のひな詩鶏白湯 塩チャーシュー麺
ちなみに”鶏白湯 塩チャーシュー麺”の麺はこんな感じの、ご覧の通り如何にも玉子麺と呼べそうな黄色い色をした中太麺で、何と無くモチモチとした食感もあり麺も中々ウマい札幌ラーメンと言えば西山製麺が定番だが、どうやらこの麺は他の製麺所の麺の様だが、個人的には結構気に入ったかも。
 
てな事で、今年も姫路方面の祭り見物の日に山陽百貨店で開催されていた北海道物産展の会場に行って、今回は偶々サービス価格になっていた”鶏白湯 塩チャーシュー麺”を食べたのだが、最初は全然聞いた事の無いお店だし、札幌なのに鶏白湯?と思ったりもしたのだが、実際に食べてみると中々美味しいラーメンだった。もしも今度このお店を物産展の会場で見掛けたら、ぜひまた食べてみたいと思う・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。