義史のB型ワールド

2015年10月27日

アースシネマズ姫路に行った序にその中にある”大戸屋”で”四元豚ロース炭火焼き定食”を食べてみた!緑色のソースが若干不気味だが、豚肉は普通にウマかった!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
少し前に紹介した様にこの夏、姫路の駅前に体感型4DXのシステムを備えた映画館が誕生した!映画大好き少年な私なので早速”ジュラシック・ワールド”を観に行ったのだが、4DXは料金が高いので少しでも安くと見ようと思いレイトショーで観に行く事にした。となると映画鑑賞前に何処かで腹ごしらえ・・・とは言え映画館から離れるのも何だしと思い、同じフロアにある最近私がイオン明石へ行った時に度々利用している『大戸屋 ごはん処』に行ってみる事にした。
 
大戸屋 ごはん処/テラッソ姫路店
こちらが今回行って来たテラッソ姫路の4Fの映画館と同じフロアにある『大戸屋 ごはん処テラッソ姫路店』で、この時は午後8時頃の訪問だったのだが、お店が誕生してから未だそれ程日が経って無いと言う事もあってか、あるいはこの時間がピークタイムなのか店内は7~8割方の客の入りの様だ。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食メニュー
で、沢山あるメニューの中から何を食べ様かと思案した結果、以前行った『イオン明石店』で鶏肉牛肉を使った定食を食べた事があるので、今回は豚肉を使った定食の中から何か食べ様と思い、私の大好きな緑色?のソースがかかったちょっと怪しげな”醤油麹漬け 四元豚ロース炭火焼き定食 ~ほうれん草と蕪ソース~”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”醤油麹漬け 四元豚ロース炭火焼き定食 ~ほうれん草と蕪ソース~”で、メインの”四元豚ロース炭火焼き”のお皿の他に御飯と味噌汁と漬物、それに小さな茶碗蒸しがセットになってお値段は税込価格1296円也。料理名が中々たいそうなので単純比較は出来ないが、偶にあちらこちらのお店で食べる私の大好きな”トンテキ定食”と比べると少し高目の価格設定だ。ちなみにご飯は夜も遅いと言う事で、この時間に食べ過ぎるのは体に良く無いので普通盛のまんまにした。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
そしてこちらがメイン料理の”醤油麹漬け 四元豚ロース炭火焼き”で、メニューの商品説明に寄ると”醤油麹に漬け込んだ四元豚ロースを炭火で焼きあげました。ほうれん草と蕪の特製ソースをまとわせて、蕪の甘みと醤油麹のコクとともに”との事。ご覧の様に”四元豚ロース炭火焼き”の上にはトマトのスライスがトッピングされているのだが、特にこのトマトの説明は書いて無いのでどうやら見た目の色合調整?で載せているだけの様な気がする・・・。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
で、そのトマトのスライスを退けてみたのがこちらの”醤油麹漬け 四元豚ロース炭火焼き”で、パッと見た感じは当ブログで度々紹介している私の大好きな”トンテキ”そのまんまで、その上の粒粒としているのがどうやら醤油麹の様だ。で、先ずは緑色のソースを浸けずにそのまま食べるとあっさりした”トンテキ”で普通にウマい!でも確かに少し物足りない・・・。そこで緑色した”ほうれん草と蕪の特製ソース”を絡ませて食べると・・・、うーん、これまたちょっと微妙・・・。きっと野菜好きな方が食べると美味しいんだろうなあ・・・と思う様な味だったかな。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
ちなみにこちらがその緑色した独特な”ほうれん草と蕪の特製ソース”で、またまたメニューの商品説明に寄ると”野菜の甘み感じる、ほうれん草と蕪のソース”で”すりおろした蕪とほうれん草のピューレにスープをくわえた特製ソースは、蕪の甘みが広がる色鮮やかなソース”との事らしい・・・。毎度の事ながら説明文を読むと何と無く美味しそうな気がして来るのだが・・・。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
どうでもエエが、緑色には緑色・・・と言う事で少年時代に良くやっていた隠れ蓑の術の如く、緑色のソースの上にブロッコリーを置いてみた・・・。それ以上深い意味は、ございません・・・。
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
そしてこちらはこの日食べた定食に付いていた、出汁とたまごで作った”梅あんの茶碗蒸し”で、これまたメニューの商品説明に寄ると”お店で削った鰹節でひいた出汁とたまごで作った、なめらかな茶碗蒸しは、出汁の風味豊かな一品。梅ペーストのあんでさっぱりとお召し上がりいただけます”との事。ご覧の様にパッと見た感じはデザートの焼プリンかな?と思う様な一口サイズの茶碗蒸しで、当然の如く具は全然入って無かったが、熱々で確かに出汁の味がしっかりしていて中々美味しかった
 
大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食大戸屋ごはん処醤油麹漬け四元豚ロース炭火焼き定食
最後に・・・、こちらも定食に付いていた味噌汁お新香で、個人的には既に何度も食べているのだが、メイン料理が個性的なのに対して、この二つはどちらかと言うとイマイチ・・・。味噌汁はもうちょっと具沢山にして欲しいし、お新香にももっと瑞々しさが欲しいと思うのだがチェーン店ではこれが限界なのかなあ・・・。
 
てな事で、体感型4DXシステムの映画を観に姫路アースシネマズへ行った際に、同じフロアにある『大戸屋 ごはん処』に行ってこの日は”醤油麹漬け 四元豚ロース炭火焼き”を食べたのだが、見た目とは裏腹に期待した程の味では無かったかなあ・・・。やっぱ私には”ほうれん草と蕪の特製ソース”と言う上品なソースよりも”ニンニク風味満載のとんてきソース”の方が合っているのかも知れない・・・。とは言えこのお店にはまだまだ食べてみたいメニューが沢山あるので、きっとまた食べに来る事はあるだろう・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。