義史のB型ワールド

2015年10月17日

山陽百貨店の九州&沖縄物産展で”熊本桂花ラーメン”で今回はノーマルのラーメンを食べてみた!ちょっとインパクトがうすかったので太肉麺を食べた方が良かったかも・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:27 PM
 
代理人記録
 
今日現在、姫路山陽百貨店では北海道物産展が開催されているのだが、例に寄ってスローペースの更新なのと、秋祭りの話を先に書いた事もあり、今回の話は一カ月程前に開催された九州&沖縄 大物産展で”桂花ラーメン”を食べたお話・・・。
 
熊本桂花ラーメン特設茶屋
こちらが今回行って来た姫路山陽百貨店で開催されていた九州・沖縄 大物産展の一角にあった『熊本/桂花ラーメン』の特設茶屋で、この日は休日と言う事もあってか昼前から結構お客さんが入っている。確かに”長崎ちゃんぽん”みたいな有名な物は人気があるのが判るのだが、”熊本ラーメン結構マイナーだと言うイメージがあるけど、みなさん意外と良くご存じなのかも・・・。
 
熊本桂花ラーメン太肉麺メニュー熊本桂花ラーメンメニュー
で、『熊本/桂花ラーメン』と言えば”太肉麺(ターローメン)”が一番の人気メニューで、私も2年前に物産展に来た時に食べたのだが、確かに具沢山で値段以上のお得感はあったのだが、半面具が邪魔してスープ自体の味がイマイチ良く判らなかったのと、やはりお店の冠が付いた”昭和30年創業の老舗の味”と言う”桂花ラーメン”も一度は食べておかないと・・・と思いそちらを食べてみる事に決定!!!
 
熊本桂花ラーメンこだわり
ちなみにこちはら特設茶屋の壁に貼ってあった『熊本/桂花ラーメン』のこだわりで、内容は兎も角として以前の記事でも紹介した様に『おいしいラーメン どうとんぼり神座』と同じく”少なくとも三回は召し上がってみて下さい”と書いてある。って事は私はもう一回この『桂花ラーメン』に来なくては味の神髄が判らない・・・って事なのかな・・・
 
熊本桂花ラーメン桂花ラーメン
それはさて置き間も無くして運ばれて来たのがこちらの”桂花ラーメン”で、お値段は税込価格800円也。ご覧の様に白濁した豚骨スープ(お店の公式サイトに寄ると”豚骨鶏がら白湯(パイタン)・マー油の絶妙なハーモニー健康のために赤穂の塩を使っている”らしい・・・)の表面に焦しニンニクのマー油が浮いた、九州系のオーソドックスなラーメンで、定番のチャーシューや味付玉子やメンマやネギの他に”太肉麺(ターローメン)”にも入っていたちょっと珍しい茎ワカメも入っている。で、そのお味であるが確かにスープ自体は”太肉麺”と同じ様で大体想像していた白濁豚骨系だが若干ショッパイ様な印象・・・。先ほどのこだわりに書いてあった通り、二回目では未だ美味しいと思える程では無かったかも・・・。
 
熊本桂花ラーメン桂花ラーメン
そしてこちらは”桂花ラーメン”にトッピングされていたチャーシューで、確か”太肉麺(ターローメン)”には入って無かったのでこのチャーシューを食べるのは今回が初めての事かも・・・。で、そのお味であるがオーソドックスながらそこそこの肉厚がある本格的なチャーシューで、スープにたっぷりと浸かっていた事もあってか、味が浸み込んだ感じで中々美味しいチャーシューだ。最初は”太肉麺”も食べたいと思ったが、今回はこのチャーシューが食べれたので、それはそれで良かった気がする・・・。
 
熊本桂花ラーメン桂花ラーメン
そしてこちらも”桂花ラーメン”にトッピングされていた、このお店では”ルータン”と呼ばれている?”味付玉子”で、最近多い半熟トロトロタイプでは無く”おでんの玉子”っぽい中までしっかりと固まった昔ながらの”味付玉子”だ。気持ち的には半熟タイプの方が美味しい気はするが、しっかりと味が付いていたのでこれはこれで美味しかった
 
熊本桂花ラーメン桂花ラーメン
ちなみに”桂花ラーメン”の麺はこんな感じの九州ラーメンに多い極細麺では無く、お店曰く”中太・固めのストレート麺”で、個人的には可も無く不可も無くと言う印象であった。
 
てな事で、姫路山陽百貨店で開催されていた九州・沖縄 大物産展に行って今回は”桂花ラーメン”を食べたのだが、スープ自体は同じ物だと思うが値段と内容を考えると前回食べた”太肉麺(ターローメン)”の方が良かったかな?と言う気はする。とは言え、このスープが美味しいと思うかどうかは今回もちょっと微妙だった様な・・・。そう言えば姫路大津にあった”熊本ラーメン”チェーンの『味千拉麺』も閉店してしまったし・・・。もしかすると”熊本ラーメン”の味自体が私の好み・・・てか播州人の好みにあって無いのかも・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。