義史のB型ワールド

2015年9月20日

グルメパスポートに”神戸牛の陶板焼き”が500円で食べれるパスがあったので、最近出来た”千美の春宴や ねごと”と言う居酒屋に行ってみた。確かに店内はオシャレで雰囲気は抜群だ!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:20 AM
 
代理人記録
 
昨日と本日の2日間に渡って開催されている”たかさご万灯祭”にちなんでまたまた高砂町内に、この夏頃に誕生した居酒屋さんのお話・・・。
 
偶に大阪からやって来る某先輩がこの日も唐突に来る事になった。で、今年のGWに会った時は別の先輩や私の同級生にも声を掛けたりしたのだが、この日は時間が流動的だった事と何やら相談事がある様だったので二人だけで会う事にしたのだが、流石にこの日は明石まで出向く元気が無かったのと、ふと最近買ったグルメパスポートこの夏頃に高砂の町内の方に出来た居酒屋さんで”神戸牛の陶板焼き”が500円で食べれるパスが載っていた事を思い出したので、折角なのでそのお店に行ってみる事にした。
 
千美の春宴や ねごと
こちらが今回行って来た『千美の春 宴や ねごと』と言う居酒屋さんで、お店があるのは高砂町内の横町エリアの一角山電高砂駅から歩くと約10分少々かかる場所にある、ちょっとした隠れ家的?なお店だ。この日も行きは徒歩で行ったのだが、帰りは疲れたのと別のお店に行く序でもあったのでタクシーを利用してしまったのだが・・・。
 
千美の春宴や ねごと千美の春宴や ねごと
それはさて置き早速店内に入って行くと、お店の外から見たイメージと違い結構奥に広い店内で、若干迷路風になっている様な印象。我々は手前側の個室エリアに案内されたのだが、一番奥にはカップルが利用するかの様なバー風のカウンター席があって中々お洒落
 
千美の春宴や ねごと千美の春宴や ねごと
更にはお店入って直ぐの処には、一瞬待合室か?と勘違いしそうなパーティールーム?とか、子連れのお客さんが利用していた座敷席等もあて、色んなシチュエーションでこのお店は利用出来そうな雰囲気・・・。ちなみに帰りのタクシー待ちをしている間は、上の写真の左側のソファのある部屋を利用させていただきました・・・。
 
千美の春宴や ねごと神戸牛の陶板焼きのメニュー
それはさて置き、先ずはこの日のお店訪問の最大の目的である”神戸牛の陶板焼き”のメニューがこちらで、通常価格1700円の物が、この時は特別価格で1500円で食べれるらしいのだが、先にも書いた様に今回はグルメパスポート利用で500円で食べれるので早速注文!!!
 
千美の春宴や ねごとのおしながき千美の春宴や ねごとのおしながき
そしてこちらがこのお店の通常の”おしながき”で、お店のお洒落な雰囲気とは裏腹に、パッと見た感じは一般的な居酒屋さんのメニューとそれ程に大差の無い様な印象・・・。で、”ぐるパスの本”には”行列のできた唐あげ”もオススメとなっていたので、そちらとその他に適当に頼んでみた。
 
千美の春宴や ねごと付きだしの枝豆
で、先ず最初に運ばれて来たのが、居酒屋定番の”付きだしの枝豆”で、ご覧の様な色艶で取り敢えずの生ビールのあてとしては十分に美味しい”枝豆”だった。
 
千美の春宴や ねごと冷奴
そしてその次に運ばれて来たのだ、我が先輩の大好物であるこちらの”冷奴”で、何時もの様に私は全く手を付けなかったので、味に関しては不明だが、見た目は割りとオーソドックスな”冷奴”に思えた。
 
千美の春宴や ねごと神戸牛の陶板焼き
そしていよいよ運ばれて来たのが、この日の最大の目的である”神戸牛の陶板焼き”で、先にも書いた様に通常価格1700円が今回は”ぐるパス”利用で500円也。ご覧の様に固形燃料を使ったコンロの上に野菜が乗った陶板が置いてあり、別途お皿に盛られた”霜降り神戸牛肉”を好きな様に焼いて食べると言う良くあるスタイルの”陶板焼き”だ。
 
千美の春宴や ねごと神戸牛の陶板焼き
そしてこちらが”神戸牛の陶板焼き”の命とも言える”霜降り神戸牛肉”で、若干手前の部位に脂身が多い様な印象も受けたが、パッと見た感じは中々ウマそうなお肉だ!で、お店の方の説明に寄ると、一度に全てのお肉を陶板に乗せてしまうと直ぐに火が通ってしまうので、食べたい分だけ少しずつ乗せて食べて下さい・・・との事だったので取り敢えず美味しそうな部位を選んで2枚焼いてみる事に・・・。
 
千美の春宴や ねごと神戸牛の陶板焼き
こちらが実際に焼けて来た”神戸牛の陶板焼き”で、まあまあエエ感じの焼き具合になったので早速食べてみると、確かにお肉も柔らかくて中々ウマい!が、これが”霜降り神戸牛肉”かと思うとちょっと微妙・・・。今回は500円だったので特に不満は無いが通常価格の1700円だと頼むかどうか迷ってしまう内容だったかも・・・。
 
千美の春宴や ねごと行列のできた唐上げ千美の春宴や ねごと行列のできた唐上げ
で、”神戸牛の陶板焼き”を焼いているのと並行して運ばれて来たのがこちらの”行列のできた唐上げ”で、割りと大き目サイズの唐揚げが4個程盛られていて、お値段は500円也。当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もジューシーでメチャウマい!何処で行列が出来たのか、定かでは無いが確かにお店が自慢するだけの味はある。ちなみにこの”唐揚げ”は昨日の”たかさご万灯祭”でもお店前で売られていたので、きっと今日も販売されていると思うので、食べてみたい方はお試しあれ
 
千美の春宴や ねごとつゆだくだしまき玉子
そしてこちらも同じ様なタイミングで運ばれて来た”つゆだくだしまき玉子”で、お値段は400円也。写真ではちょっと大きさが判り難いのだが、トッピングのネギと見比べて貰うと判る様に結構大き目の”だしまき玉子”でボリューム満点!当然の如く、こちらも焼き立て熱々で、たっぷりの”おつゆ”の中に浸かって出汁を十二分に吸っていてこれまたウマい!この”つゆだくだしまき玉子”も結構オススメかも・・・。
 
千美の春宴や ねごと湯豆腐千美の春宴や ねごと湯豆腐
そして最後に運ばれて来たのがこちらの”湯豆腐”で、お値段は500円也。個人的には”冷奴”と同様にそれ程に”豆腐”は好きでは無いのだが、折角なので取り敢えず1個だけ食べて見ると、例に寄ってポン酢の味の影響は大きいが中々ウマい!ネギやシメジも丁度エエ具合のクタクタ加減になっていて、そちらも結構美味しい!シンプルながら思った以上に満足した”湯豆腐”だったかな。
 
千美の春宴や ねごと料理の品々
ちなみに・・・こちらが実際にそれぞれの料理を食べている時のテーブルの上の様子で、これを見れば大体の料理のボリューム等が判って貰えるかも知れない・・・。
 
てな事で、グルメパスポートに載っていた”神戸牛の陶板焼き”が500円で食べれると言うクーポンに釣られて食べに行ってみたのだが、それ自体は期待した程の味では無かったがお店自体はオシャレで中々エエ雰囲気のお店だった。ぜひ一度はパーティルームで飲んでみたい気もするので機会があればまた行こうと思うのだが、駅からちょっと遠いのが少しネックになるかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.