義史のB型ワールド

2015年9月19日

穴子が名物の高砂に最近オープンしたウナギ料理店”浜名湖鰻うな高”で”うな丼”を食べてみた!オーソドックスな内容ながら焼き立てでメチャウマい!

Filed under: — 代理人 @ 9:25 AM
 
代理人記録
 
いよいよ今日と明日は”たかさご万灯祭”が行われる日・・・。って事で、大勢の観光客が高砂に集まるので何かの参考に最近、高砂銀座商店街の西端に出来たウナギ料理店をご紹介・・・。
 
少し前に久々に高砂の町中へ行った時に銀座商店街の横を通ると何やら見慣れないお店を発見!このエリアは若かりし頃にバイトで郵便配達をしていた馴染のある場所だったので、あれ?こんな処に食べ物屋さんなんかあったかいな?と思って見てみるとウナギ料理のお店が出来ていた。その時は未だオープンして無かったのだが、この3日程前に漸くお店がオープンしたので食べに行ってみた。
 
浜名湖鰻うな髙浜名湖鰻うな髙
こちらが今回行って来た『浜名湖鰻 うな髙』と言うウナギ料理専門店で、お店がある場所は今やシャッター街通りとなっている高砂銀座商店街の西端の入口の角っ子にある高砂通運旧本社を改装して出来たお店らしい。で、場所的にこの商店街の反対側にある超有名な焼き穴子のお店 下村商店と同じ様なテイクアウトの専門店かと思いきや、店内で食事が出来るお店になっている。
 
浜名湖鰻うな髙紹介記事
ちなみにこちらはお店の前に飾ってあったこのお店が新聞で紹介された時の切り抜き記事で、基本的には先に書いた通りだが、この高砂通運旧本社の2Fは高砂町歴史資料館になっているらしい・・・。そう言えばこの写真を撮っている時、何処かの会社の団体さん風の方々がその2Fへ上がる階段の方へ向かっていったのだが、雰囲気的には2Fでウナギを食べる様な印象を受けたのだが・・・。
 
浜名湖鰻うな髙浜名湖鰻うな髙
それはさて置きこちらが『浜名湖鰻 うな髙』の店内の様子で、ご覧の様に4人掛けのテーブルが4卓(と言っても手前のテーブルは2人用に分ける事も可能な様だが・・・)程あり、道路に面した窓際で鰻を焼いていて”かば焼き”の芳ばしい香りが通りに漂う様な感じになっている。
 
浜名湖鰻うな髙メニュー
そしてこちらがこのお店のメニューで、ご覧の様に”うな丼 並”、”うな丼 上”、”うな重 特上”、”かば焼き”の4種類のメニューしか無い(別途ドリンクのメニューはある)。どれを食べ様かと思案した結果、今年の夏頃に”姫路にある鰻屋の老舗『森重』で食べた上鰻まむし (2/3切)”との内容の比較や食べ比べをしてみたくなったので、2/3匹分の鰻を使った”うな丼 上”を食べる事に決定!!!
 
浜名湖鰻うな髙うな丼上
で、メニューに”蒸して焼くのに時間を頂きます”と書いてあった通り、約15分少々かかって出来上がって来たのがこちらの”うな丼 上”で、メインの”うな丼”の他に香の物とお吸物が付いて、お値段は2440円也。流石に国産の浜名湖産の鰻を使っている事もあってか、”牛丼チェーンの鰻丼”と比べると少し高いが、姫路にある『森重』や加古川にある『将棋屋』と比べると割とリーズナブルな価格かも知れない・・・。ちなみにご飯の量は多目や少な目が指定出来のだが、今回が初めてだったので普通盛のままだ。
 
浜名湖鰻うな髙うな丼上そしてこちらがメインの”うな丼 上”で先にも書いた様に”かば焼き”は2/3匹の鰻を使ったサイズで、先に紹介したメニューの説明に寄ると”うな高の鰻は100%浜名湖産。美味しいサイズを厳選入荷。独自の製法で蒸した鰻は、ふんわりわやらか。秘伝のタレを塗って、炭火で香ばしく焼き上げた”との事、実際に食べてみると説明通りにふんわりとやわらかく、”かば焼き”やご飯にたっぷりとかかったタレも私好みの甘口濃い目の味でメチャウマいこの夏もあちらこちらで”うな丼”や”うな重”を食べたが、それらと比べてもトップレベルにランクインする程の美味しさだった。
 
浜名湖鰻うな髙うな丼上
ちなみに”鰻のかば焼き”の断面はこんな感じで、肉厚的には他店と大きく違わない様な気もするが、関東風に蒸している事もあってか確かにふんわりとした印象・・・。この辺りは好みの問題かも知れないが、味が美味しければ関東風でも関西風でも問題は無いとは思う・・・。
 
浜名湖鰻うな髙うな丼上
そしてこちらは”うな丼”に付いていた”お吸物”で、残念ながら”肝吸い”では無くシメジと三つ葉と麩等の具が入ったシンプルな内容だが、見た目通りのあっさり味でこちらも中々美味しい!やっぱ標準で汁物が付いているとお得感もあってポイントも高い気がする。
 
浜名湖鰻うな髙うな丼上
それともう一つこちらも”うな丼”に付いていた香の物で、その内容を見るとキュウリと白菜、それに鰹節の下にはちょっと珍しい焼いたピーマンがあった。それぞれの味は大体想像した通りの味ではあったが、ピーマンのインパクトもあって中々楽しい香の物だったかな。
 
てな事で、遂最近高砂銀座商店街の西端にオープンしたウナギ料理店に行って今回は”うな丼 上”を食べたのだが、オーソドックスな内容ではあるが中々美味しい”鰻重”だった。高砂の名物は穴子なのだが、今年の”たかさご万灯祭”は穴子では無く鰻を食べるのも良いかも知れない・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。