義史のB型ワールド

2015年9月18日

以前に大勝軒で働いていた人が姫路に開いたと言う”つけ麺専門店 冨”で”つけ麺”を食べてみた!私好みの太麺&濃厚豚骨魚介スープでメチャウマかった!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:26 PM
 
代理人記録
 
夏場はラーメン屋さんに取っては鬼門の季節であるが、それでも相変わらずあちらこちらに新しいお店が誕生している様で、今年の7月頃だったかに、私が時々ラーメンを食べに行くエリアの一角に以前に”つけ麺の元祖と呼ばれる大勝軒”(今年の春頃にお亡くなりになった山岸一雄さん創業で有名だが、グループ店が沢山あるので直系の弟子なのかどうかは不明だが・・・)で働いていた人が、新しく”つけ麺専門店”を開いたと耳にしたので食べに行ってみた。
 
ちなみに私は10年位前に大阪の扇町にある『大阪大勝軒』には行った事があるが、それ以外では『大勝軒』の創業者山岸一雄の弟子がやっている”麺屋こうじグループ”系列だった『加古川大盛軒』とか、あるいはパチンコマルハンの飯屋のイベントで食べた『中華蕎麦 とみ田』とか、果ては”ロッテリアで販売された大勝軒元祖つけ麺バーガー”位しか無い・・・。大阪日本橋にある『大阪大勝軒/日本橋店』には行こうとして・・・、その前に黒毛和牛の誘惑に負けた事もあったが・・・。
 
つけ麺専門店冨
こちらが今回行って来た『つけ麺専門店 冨』で、お店がある場所は今や日本だけでは無くアメリカにも進出した『ラー麺ずんどう屋/本店』から少し東へ行った処で、直ぐ斜め向かいには『麺’S CLUB 髭』がある、最近ではちょっとしたラーメン屋激戦区になりつつある様な一角だ。ちなみにお店の前は国道2号線の東向きなのだが、確か平日昼間はお店の前は駐車可能・・・だったはず・・・。で、店内はこじんまりとしていて、テーブル席が一卓だけあったが基本的にはカウンター席だけの小さなお店だ。
 
つけ麺専門店冨製麺機
で、早速お店の中に入って行くと、入口の直ぐ横にはこの様な製麺機が置いてあって、開店前にチラッと見た時は直ぐそばの棚の上に打ったばかりの麺が沢山置いてあった。多分この製麺機は最近流行りの大和製作所の機械だと思うが、この製麺機は結構売れている様で、おかげで最近誕生するラーメン屋さんは自家製麺を売りにするお店が増えて来た様な・・・。
 
つけ麺専門店冨券売機
そしてこちらがこのお店の入口入って直ぐの処に置いてあった券売機のメニューで、ご覧の様に”つけ麺”と”中華そば”が二大看板の様だが、下の方に最近流行りの”台湾まぜそば”もある。で、個人的にはスープが大好きな事もあり中華そば”も食べてみたかったのだが、このお店の冠が”つけ麺”となっているので先ずはお試しでノーマルの”つけ麺”を食べてみる事に決定!!!
 
つけ麺専門店冨当店のこだわりとつけ麺の楽しみ方
ちなみにこちらはカウンター席の目の前に貼ってあった”当店のこだわり”と”つけ麺の楽しみ方”で、先にも書いた様に自家製麺が自慢なのだが、それ以外にも化学調味料無添加、保存料無添加らしい。ちなみに”つけ麺”を食べ終えた後には”スープ割り”も出来ると書いてあったので、最後には忘れずに”スープ割り”にして貰ったのだった。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
それはさて置き、麺が太麺と言う事もあってか約10分近く待って漸く運ばれて来たのがこちらの”つけ麺”で、お値段は780円也。ご覧の通り見た目はメチャシンプルな”つけ麺”で、チャーシューやメンマ等の具は”つけ汁”の中に入っている様だ。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
そしてこちらが”つけ麺”の命とも言える自家製麺で、何処かに載っていたこのお店の紹介文に寄ると”麺は3種の国産小麦をブレンドし、小麦の殻まで使った全粒粉を石臼でひいて作る自家製。水を多く含んだ多加水麺ならではのもちもち感と歯応えが大きな特徴。化学調味料、保存料など無添加にもこだわった”らしい。確かの麺を中に全粒粉の粒が見える、中々美味しそうな麺だ。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
で、折角なので””を持ち上げてみるとこんな感じで、先入観も加わってか何と無く以前に『加古川大盛軒』で食べた”濃厚豚骨魚介つけ麺”とか、あるいはパチンコマルハンのイベントで食べた”中華蕎麦とみ田のつけそば”の麺と比べると極太までとは言えない物の、結構太麺でモチモチとして期待通り中々ウマい!個人的には全粒粉入りの麺と聞いただけで、何と無く美味しい気がしてしまってる気もするが・・・。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
そしてこちらが”つけ麺”の”つけ汁”で、具はチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、ネギ等で、海苔の上では無く多分チャーシューの上?に魚粉もトッピングされていて、こちらも中々ウマそうだ!で、そのお味であるが期待通り私好みの濃厚でコク深い魚介豚骨醤油スープでメチャウマい!気持ち加古川にある『麺のまたざ』のスープの味に似ている様な気もするが、5年位前まで良く食べていた『新在家ラーメンもんど』の”つけ麺播磨”の様な酸味も無く飲みやすいスープで、個人的には結構好きな味かも・・・。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
ちなみに”つけ汁”の中に入っていたチャーシューはこんな感じで、ご覧の様にこちらも中々本格的なチャーシューで中々美味しい!とは言え以前にパチンコマルハンのイベントで食べた”中華蕎麦とみ田のつけそばに入っていた極厚のチャーシュー”程のインパクトは無かったが・・・。てか、あの時のチャーシューはパチンコマルハンで食べた中で最強のチャーシューだったもんなあ・・・。
 
つけ麺専門店冨つけ麺大盛り
それはさて置き、麺を完食後した後は”つけ麺”を食べた後のお楽しみ!って事で、早速”スープ割り”を注文!!!一旦カウンター内の奥の方に運ばれて行った後、”スープ割り”されて戻って来たのがこちらで、ご覧の通り刻み玉ねぎが追加されていて中々ウマそう!で、実際に飲んでも基本的には”つけ汁”を薄くして飲みやすくしただけだが、先にも書いた様にベースが魚介豚骨醤油スープな事もあり中々ウマい!更に刻み玉ねぎの食感と甘味もこれまたウマい!やっぱ”スープ割り”には刻み玉ねぎは必須だよなあ・・・。
 
てな事で、姫路に以前は『大勝軒』で働いていたと言う人が、新しく”つけ麺専門店”を開いたと耳にしたので食べに行ってみたのだが、期待度の極太麺&魚介豚骨醤油スープで中々ウマかった!となると、もう一つあるメニューの”中華そば”もぜひ食べてみたいので、また近々食べに行ってみたいと思う・・・。最後に・・・、どうでもエエ話だが姫路飾磨のリバーシティーの中に昨年の10月末にオープンした『つけ麺・らーめん春樹』は既に閉店しているし、姫路御国野にあった『濃厚つけ麺 風雲丸』も数年で閉店してしまったし・・・、果たして姫路に”つけ麺”は根付くのだろうか・・・。

WordPress.com Blog.