義史のB型ワールド

2015年9月15日

少し前に幸楽苑へ行くと何時の間にやら”あっさり中華そば”とやらが販売されていたので後日食べに行ってみた!販売が終了した”290円の中華そば”に三つ葉を加えただけの様な・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
少し前に”司肉祭り! チャーシュー2倍の10枚キャンペーン”に釣られてまたまた『中華そば 幸楽苑』に行って来たのだが、その時にどちらを食べようかと悩んだ一つが何時の間にやら新メニューに登場した”あっさり中華そば”・・・。雰囲気的には”290円の中華そば”をアレンジした様な内容かな?と言う想像は付いたのだが、こちらは通常メニューで何時でも食べれると思いその時は”チャーシュー10枚盛りの醤油らーめん司”を食べたのだが、その時に貰った200円の金券を使いに後日”あっさり中華そば”を食べに行ってみた。
 
中華そば 幸楽苑/加古川店
こちらがまたまた行って来た『中華そば 幸楽苑/加古川店』で、この日は”金券半額返還フェア”で無い事もあってか何時もよりは客の入りが少ない様な印象・・・。それでも正午が近づくに連れてどんどんとお客さんが入って来て、そこそこ店内は賑わっていた様な・・・。あちらこちらにあった『幸楽苑』のお店が何時の間にやら消えている事があるのだが、この『加古川店』に限っては安泰って事なのかな・・・。ま、こんな格安ラーメンチェーンでも無くなってしまうと個人的にちょっと寂しい気がするもんで・・・。
 
中華そば 幸楽苑/加古川店100円の優待券
ちなみにこちらが前回の”金券半額返還フェア”の時に貰った2枚の”100円の優待券”で、この『幸楽苑』では毎週木曜日に”半額返還キャンペーン”をやっていて、その時に食べた分の金額の半額分の金券が貰えるのだが、どうやら100円単位で切り捨てるられる様で、前回は561円の会計にも関わらず200円分の金券しか貰えなかった・・・。でも前回に421円の”あっさり中華そば”を食べたとしても200円分に金券しか貰えないので、結局は同じ事か・・・と何と無く納得・・・。
 
幸楽苑あっさり中華そばのメニュー
それはさて置き、こちらが前回の訪問時からちょっと気になっていた何時の間にやらメニューに追加されていた”あっさり中華そば”のメニューで、先にも書いた様にメニューの写真だけを見ると限りなく以前の看板商品だった”290円の中華そば”に似ている様な・・・。ちなみに商品が運ばれて来るまで暇だったのでメニューをサラッとチェックすると少し前まであった”極旨醤油らーめん”がメニューから消えていた・・・。そう考えるとこの”あっさり中華そば”は”極旨醤油らーめん”を改良した物かも知れないが、元々どちらも似ていたのでその辺りは大差無いのかも・・・。
 
幸楽苑あっさり中華そば
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”あっさり中華そば”で、お値段は税込価格421円の処、200円の金券利用で221円也。パッと見た感じは三つ葉がプラスされているが、以前の”290円の中華そば”とか”極旨醤油らーめん”との違いは良く判らない。実際に食べても”極旨醤油らーめん”よりは少し魚介風味と脂分が控え目なのかな?と言う程度で、印象としては”290円の中華そば”に三つ葉を加えただけで390円になった・・・と言う気がしないでも無い・・・。とは言え、今の『幸楽苑』の看板商品である”醤油らーめん司”よりは遥かに美味しい様な気がしたが・・・。
 
幸楽苑あっさり中華そば
そしてこちらは”あっさり中華そば”にトッピングされていたチャーシューで、公式サイトの案内文に寄ると”豚バラ肉を程よい柔らかさに仕上げた、幸楽苑特製のチャーシュー”との事だが、流石に毎回食べているし、前回は”チャーシュー10枚盛りの醤油らーめん司”を食べたのでちょっとこのチャーシューに飽きて来た様な・・・。
 
幸楽苑あっさり中華そば
ちなみに”あっさり中華そば”の麺はこんな感じで、”290円の中華そば”とか”極旨醤油らーめん”で使われていた麺と同じ”幸楽苑ご自慢の中太の多加水麺”だった。ま、この麺が好きか”醤油らーめん司”の細麺が好きかは好みの問題だろうけど、個人的にはどちらの麺にもそれ程の愛着は無いので、どちらでもエエ様な気はするが・・・。
 
てな事で、大々的に宣伝されていた”醤油らーめん司”とは違い、何時の間にやらひっそりとメニューに追加(変りに”極旨醤油らーめん”が無くなったが・・・)された”あっさり中華そば”を食べてみたのだが、限り無く以前の”290円の中華そば”に近い味だった様な気がする・・・。とは言え個人的な印象で言うと”醤油らーめん司”よりも遥かに美味しいし、毎回”金券半額返還フェア”の日に行って食べると半額分の金券が貰えるので2回分の計算で行くと”290円の中華そば”の時と同じ値段?なので、もしかするとこちらがこれからの主力商品になるのかも知れない・・・。とは言え、これで当分の間『幸楽苑』に行く事も無い気がしているのだが・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。