義史のB型ワールド

2015年9月7日

西明石に出来た”もっこすラーメン”に行ったら超大賑わいだったので伊川谷にある”広東餃子房てんじく”に行って来た。味はそれなりだが意外とリーズナブルなのでまた行っても良いかも・・・。

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:11 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした用事が出来たので久々にご主人様の会社まで行って来た。とは言え大した用でも無かったので何時もの様にランチを一緒に食べに行く事になった。で、先ず最初に向かったのは先日紹介した『東神麺』と言うラーメン屋さんから少し南へ下がった処に7月の中旬頃にオープンした『もっこすラーメン』!しかしお店到着がほぼ正午頃と言う事もあって、外から見てもそれ程広く無い店内は満席で、我々以外にも待っているお客さんが沢山居たので早々に退却。次に向かったのは、以前から時々ご主人様が気になっていると言う、伊川谷方面?にあるちょっと高級そうな店構えの中華料理屋さん。個人的にはそのお店の前は何度も通っているので、明石から加古川、姫路にかけて点在する『中華料理てんじく』と同系列のお店だと思っていたのだが、確かに加古川や姫路や西明石にあるお店と比べると少し高級感があったので私も一度は行ってみたいと思っていたお店だ。
 
広東餃子房 - 中華飯店 てんじく
で、こちらがこの時に行った『広東餃子房 – 中華飯店 てんじく』で、お店がある場所は第二神明大蔵谷ICを降りて西明石方面へ行く途中の、飲食店が沢山立ち並んでいるエリアの一角にあり、この直ぐ近くには当ブログで紹介した事がある『焼肉 あづま苑』や『揚げ立て天ぷら定食 まきの』、それに此処から伊川谷ICの方へ向かうと『天ぷら海鮮 五福』等がある、個人的にも意外と利用する機会が多い場所でもある。ちなみに流石に午後0時15分頃と言う事もあって、店内は満席で入口の処には4~5組の待ち客が居た程の超人気店の様だった。
 
広東餃子房 - 中華飯店 てんじく 日替りランチメニュー広東餃子房 - 中華飯店 てんじく お昼の定食メニュー
そしてこちらがお店の前に置いてあった”日替りランチ”と入口の待合コーナーにあった”お昼の定食”のメニューで、値段も手頃なので”日替りランチ”でもエエかな?と思い、この日の内容をチェックすると”鶏の唐揚定食”との事・・・。決して悪くは無いのだが、”鶏の唐揚定食”はラーメン屋さんでも食べれる様な気がしたのと、折角店構えのしっかりとした中華料理のお店に来たのだから、もうちょっと本格的な中華料理の定食が食べたい!と思い、”お昼の定食”のメニューの中からそれぞれ好きな定食を選んで食べる事に決定!!!
 
広東餃子房 - 中華飯店 てんじく 店内広東餃子房 - 中華飯店 てんじく 店内
ちなみにこちらはお店の入口入って直ぐの処にあった、飲茶の実演?コーナーと入口の正面に見える本格的な厨房の様子で、実演コーナーの方では餃子やシューマイ等を手作りで包んでいたので”餃子定食”みたいな物があれば食べてみたい気がしたのだが、残念ながらそんな感じのメニューは無かったのだが、代わりに”香港パイナップルパイ”とか”香港エッグタルト”等、ちょっと気になる飲茶メニューもあったので、また何時か食べに来てみたい気がした・・・。
 
広東餃子房回鍋肉定食
間も無くして運ばれて来たのが私が注文した”回鍋肉定食”で、メインの”回鍋肉”の他にサラダ、スープ、小鉢、漬物、ライスがセット、更にドリンクバーがセットになって値段は税別価格800円。この”回鍋肉定食”は”日替りランチ”のメニューの中にも載っているので、もしも同じ内容で税別価格650円で食べれるのであれば、確かにお値打ち感は高い様な気がする・・・。
 
広東餃子房回鍋肉定食
それはさて置きこちらが”回鍋肉定食”のメインである”回鍋肉”で、パッと見た感じはキャベツたっぷり豚肉の姿があんまり見えないが、実際は思いの他沢山の豚肉も入っている甘辛い味のタレで炒めた様な”回鍋肉”だ。とは言え味的には割と庶民的な感じで、”王将で食べる回鍋肉”と比べると甘さ控え目な事もあり、味的には可も無く不可も無く・・・な印象だったかな。
 
広東餃子房酢豚定食
そしてこちらはご主人様が食べた”酢豚定食”で、メインの”酢豚”以外に付いている物は私が食べた”回鍋肉定食”と同じ様な物が付いているのだが、こちらは税別価格790円也。この後で紹介する”中華定食(八宝菜)”は少し内容が異なっていた事もあってか税別価格690円だったので、それは兎も角としてもこの統一感の無い価格設定はちょっと不思議・・・。ま、それ以上に個人的に”回鍋肉定食”よりも”酢豚定食”の方が安いのがちょっと気に入らんかったけど・・・。
 
広東餃子房酢豚定食
ちなみに”酢豚定食”のメインである”酢豚”はこんな感じで、メニューの説明書きを読むと上海の黒酢を使っているらしい。とは言え、今回は味見をしなかったので、どんな味だったのかは判りましぇーん・・・
 
広東餃子房中華定食(八宝菜)
そしてもう一つ、ご主人様の会社の若い衆が食べたのがこちらの”中華定食(八宝菜)”で、サラダやスープや漬物等は同じだが、小鉢の中身を見ると”揚げ餃子”になっていて、こちらのお値段は税別価格690円也。メイン料理が”八宝菜”と言う事で肉類が使われて無いから値段が安いのかも知れないが、私が食べた”回鍋肉定食”にも”揚げ餃子”を付けて欲しかった気がする・・・。
 
広東餃子房中華定食(八宝菜)
ちなみに”中華定食(八宝菜)”のメインである”八宝菜”はこんな感じで、パッと見た感じはこちらも割とオーソドックスな内容であるが、こちらも今回は味見をしなかったので、どんな味だったのかは判りましぇーん・・・
 
広東餃子房回鍋肉定食広東餃子房回鍋肉定食
そしてこちらは私が食べた”回鍋肉定食”に付いていた・・・、と言うか全員の定食にも付いていたサラダとスープで、サラダは見た目通りのレタスとトマトとキュウリとニンジンを使ったシンプルな内容、スープはラーメンで使われる物と同じ様な気はしたが、何と無く薄味でどちらも可も無く不可も無くと言う様な味だったかな。
 
広東餃子房回鍋肉定食広東餃子房回鍋肉定食
その他にもこの様な小鉢と漬物のキムチが付いていたのだが、こちらも特に美味しいと思う程の味では無かった様な気がする・・・。
 
広東餃子房ドリンクバーのコーヒー広東餃子房ドリンクバーのマンゴージュース
最後に・・・、先にも書いた様に我々が食べた”お昼の定食”にはドリンクバーが付いていたので、先ずはオーソドックスにブレンドコーヒーを、更にその後もウダウダと喋っていた事もあり再びドリンクバーに行って、確か炭酸が入ったフレッシュマンゴージュース?だったか、何かそんな感じの物を飲んだ。ま、どちらもどうって事の無い味ではあったが何かこう言った食後のドリンクが付いているだけでお得感はあったかな
 
てな事で、久々に明石方面まで行ったので7月の中旬頃に西明石和坂交差点近くにオープンした『もっこすラーメン』に行ったら、流石に店内が超満員だったので、代わりに『広東餃子房 – 中華飯店 てんじく』に行ったのだが、味は平均的ではあったが値段と内容を考えると中々お手頃な雰囲気だったのでまた機会があれば食べに行くかも知れない・・・。あるいは姫路や加古川にある『中華料理 てんじく』にも20年位前に食べに行ったきりなので、久々にそちらの方に行くかも知れない・・・。でもやっぱそれより先に気になるのは、ちょっと懐かしい気がする『もっこすラーメン』の方なのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.