義史のB型ワールド

2015年8月29日

お店が誕生する前から食べに行ってみたいと思っていた”石窯ステーキ志方亭”に初めて行った!期待通りフォアグラも窯焼きステーキもメチャウマい!

Filed under: グルメ,ステーキ — 代理人 @ 10:29 PM
 
代理人記録
 
毎年お盆が近づくと某先輩と食事に行くのが恒例となっている。で、昨年は行き当たりばったりであちこちお店を廻ったら何処も満席で入れなかったので今年は事前に予約を取ってくれると言う話になり、以前から偶に話題に上がっていた加古川尾上にある『鉄板焼き 利心』か、加古川別府にある『別邸 石窯ステーキ 志方亭』のどちらかに行く事になった。で、『鉄板焼き 利心』の方には最近は全然行って無かったが、今から約10年ちょっと前に『鉄板焼き 利心』がオープンして間もない頃にランチでもディナーでも食べに行った事があるので、今回は未だ一度も行った事の無い『別邸 石窯ステーキ 志方亭』の方へ連れて行ってもらう事にした。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭
こちらが今回初めて食べに行った、加古川別府にある『焼肉 志方亭』の隣に1年位前に誕生した『別邸 石窯ステーキ 志方亭』で、当ブログでも何度か書いた事があるが、丁度このお店が出来る一時期に時々『焼肉 志方亭』にランチを食べに来ていたので、この『別邸 石窯ステーキ 志方亭』がオープンする前(てか店舗建設中の時)から気にはなっていたのだが、営業時間が夜のみでしかも店構えが若干高級っぽい雰囲気を醸し出していて敷居が高かった事もあり食べに来る機会が一度も無かったので、以前からぜひ来てみたいと思っていたのだった。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭
ちなみに『別邸 石窯ステーキ 志方亭』の店内はこんな感じで、お店入口入って直ぐの正面にはステーキハウス定番の目の前に鉄板があるカウンター席があるのだが、それ以外にお店右側の方には個室風になったテーブル席があったり、左手側には5~6人が一度に利用出来そうな個室風の席があった。それにしても既にこのお店が誕生してから1年以上は経つがまだまだ店内は小奇麗で雰囲気も抜群だったかな
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭
そしてこちらが『別邸 石窯ステーキ 志方亭』の命とも言える石窯で、何と無く最近あちらこちらで誕生しているピザ専門店で見掛ける石窯を一回り小さくした様な感じ(店に寄って大きさは違うか?)だが、ご覧の様にこの中にお肉を入れてステーキを焼き上げるのがこのお店の最大の特徴だ。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭別邸 石窯ステーキ 志方亭
ちなみにこちらは少し前に紹介したヤマトヤシキ加古川店のイベント会場で販売されていた”志方亭特製ローストビーフ重”を買った時に一緒に貰った『別邸 石窯ステーキ 志方亭』のパンフレットで、それに寄ると”鉄板だとお肉の旨み成分が片面焼きの為、逃げてしまうが、石窯の場合、全面一度に焼ける為、旨みの逃げる場所がない!それどころか、奥に奥に浸透していくので最後の一切れまで美味!”なんだとか。で、このパンフレットの中にはお店のメニューが載っているのだが、どうやらコース料理が基本で3種類用意されていたのだが、ステーキも重要であるがフォアグラも無いと・・・と言う事で真ん中の”石窯ステーキコース”を食べる事に決定!!!
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜
で、先ず最初に運ばれて来たのが”石窯ステーキコース”の”夏の前菜盛り合わせ”で、ご覧の様なV字型をしたお洒落なお皿に4種類のオードブルっぽい料理が並んでいる。で、フレンチのコース料理で出て来るオードブルは生物を使った物が多いが、このお店はステーキハウスと言う事もあってか、パッと見た感じでは火を通して無い料理?は全く無い様な・・・。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜
それはさて置き、先ずは前菜のお皿の一番左上にあった”アキレスの煮こごり”から食べてみると、廻りはコラーゲンの塊の様なプルプルとした食感であるが、中心は如何にも牛筋肉と言う様な感じでコリコリとしているが、肉の旨味もあって中々ウマい!そう言えばこの手の”煮こごり”と言えば、和食の定番とも言える”ふぐ皮の煮こごり”とか”魚の煮付けの煮こごり”等の魚系の物が多い様な気がするが、以前に”城崎温泉にある但馬牛専門レストラン”で”牛すじ肉の煮こごり”を食べた事があるのだが、今回のはコリコリとプルプルの2種類が味わえて中々楽しい一品だった。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜
そしてその隣にあったのがこちらの”フォアグラのテリーヌ”で、正にオードブル感覚のクラッカーっぽい物の上に載っている。これまた以前に垂水にあるホテルのランチで何と無くこれと似た様な感じの”フォアグラと鴨のテリーヌ”とやらを食べた事があるのだが、その時は結構練物状態になっていてイマイチ”フォアグラ”感が無かったのだが、今回のは限りなく普通の”フォアグラっぽい味わいが残っていてメチャ旨い!この”フォアグラのテリーヌ”だと、後2~3個ぐらいあっても良かったかな。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜
で、前菜の一番手前にあったのが最初見た時は”豚カツ”か”ハムカツ”かと思ったのだが、料理の説明を聞くと”ベーコンのカツ”との事。で、ご覧の様にこちらも一口サイズの大きさなのだが、しっかりと肉の味があってベーコンと聞いて無かったら普通に豚カツかビフカツ勘違いしそうなジューシーさでこちらもメチャ美味しかった
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース前菜
そして前菜の最後はお皿の右上にあったこちらの”アボガドと海老の和え物”で、ご覧の様にイクラがトッピングされていたり、手前にはサヤエンドウみたいな物や紅大根の様な野菜が添えられていて見た目もお洒落。で、全体的にマヨネーズっぽいタレで和えられていて、大体イメージしていた通りの味ではあったがこちらも中々ウマかった
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコーススープ別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコーススープ
で、最初に運ばれて来た”前菜”に感動しながら食べ終えて歓談していると、間も無くして運ばれて来たのがこちらのスープで、この日の内容は夏らしい”ライム薫る冷製コンソメスープ”との事。写真では少し判り難いが真ん中が窪んだスープ皿の中に、小さく刻まれた人参がキュウリ等の野菜の他、焼豚か先にもあったベーコンの様な肉系の物も入っていて、スープ自体はあっさりテイストながらこちらも中々美味しい!しかも思いの他、野菜もたっぷり入っていて何と無くヘルシーだった気もする。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース
そしてその次に運ばれて来たのが、この日のお楽しみの一つである”フォアグラのムニエル”で、ご覧の様に1枚サイズでは無く、多分鉄板の上で焼いた後に一口サイズにカットしてお皿に盛り付けたみたいな感じ。で、それに”フォアグラ”の付け合せとしてはちょっと珍しい”青梗菜”と”茄子”が添えられていて、その周りにはフレンチの様にお洒落にソースが散りばめられていてメチャ美味しそう!
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコース
で、”フォアグラ”が見やすい様に上に載っていた”青梗菜”を退けてみるとこんな感じで、一口サイズと言っても一個ずつは結構大き目でしかも思った以上に結構な量があると言う印象。それはさて置き早速この”フォアグラ”を食べてみると、期待通りのふわふわとした脂のとろける様な食感口の中に広がるジューシーさとが重なりあってメチャウマい!ソースもバルサミコ系のあっさりとした上品で控え目な味ながら”フォアグラ”とマッチしてこれまたウマい!流石にステーキハウス屋さんと言う事もあってか、最近食べた”フォアグラ”の中では1番美味しかった気がする・・・。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースサラダ別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースサラダ
そんなこんなでこの日のお楽しみの一つである私の大好きな”フォアグラ”を堪能して一息ついていると、暫くして運ばれて来たのがこちらのサラダで、メニューの内容に寄ると”果実とトマトのサラダ~しょうが風味~”との事。で、一見すると良くあるレタスを中心とした野菜サラダに見えるのだが、隣の『焼肉 志方亭』のランチにも付いて来る”フルーツサラダ”の様にアボガド等のフルーツがたっぷりと入っていて、更にプチトマトだと思っていたのは何とスイカで、これがメチャ甘くて中々美味しい!この様な”フルーツサラダ”であれば毎日食べる事が出来る様な気がする・・・。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 ドリンク別邸 石窯ステーキ 志方亭 ドリンク
ちなみにどうでも良いが、この日飲んだドリンクを紹介して置くと、先ず最初に飲んだのは定番の生ビールと、途中でお腹が膨れて来たので切りかえった赤ワインの2種類。この日は酒を楽しむと言うよりは美味しい料理を食べる方が主だったので、余り飲み過ぎても・・・と思いつつも最後の方は結構酔って来てはいたが・・・
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースのフィレステーキ別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースのフィレステーキ
閑話休題。此処まで食べて来た料理はどれも美味しくて大満足だったのだが、何と言ってもメインは先に紹介した石窯で焼いたステーキ!って事で、いよいよ運ばれて来たのが”石窯ステーキコース”のメイン料理であるこちらの”窯焼き特選フィレステーキ”で、当然の如く?石窯に入れる前の生の状態のフィレ肉の姿も見せてくれたのだが、不意を食らったので残念ながらその写真は撮れなかった。ちなみにステーキの手前に置いてある小皿の中身は左から”岩塩、生姜、ステーキダレの3種類”だった。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースのフィレステーキ
そしてこちらがその”窯焼き特選フィレステーキ”で、他に”30日熟成ロースステーキ”もあってどちらか一つ選べたのだが、ロースステーキの方には”窯焼き”と書いて無かったので、もしも普通の鉄板焼きだったら悔いが残ると思い無難に”窯焼き特選フィレステーキ”を選択したのだった。で、お肉のサイズは確か120gだったと思うのだが、思った以上のボリュームがあって見た目も色艶の中々ウマそう!ってか、実際に食べると肉はメチャ柔らかく、かつジューシーでメチャメチャウマい!やっぱステーキは最高だ!
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキコースのフィレステーキ
ちなみに”窯焼き特選フィレステーキ”の焼き加減はこんな感じで、先に紹介したパンフレットに書いてあった通り、奥の方まで火が浸透して行くからなのか、中心までピンク色になったミディアム状態に近い焼き加減なのだが、確かに鉄板焼きと比べると均等に火が通っている様にも思える。当然、窯焼した後にカットしたと思われるので肉汁も外へ流れ出てしまう事も無いのか、先にも書いた様に肉汁たっぷりのとても美味しいステーキだった。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキフィレのガーリックライス別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキフィレのガーリックライス
そしてこちらはその後に運ばれて来た〆のご飯の”ガーリックライス”で、先に紹介したパンフレットには丁度1年前に隣の『焼肉 志方亭』で食べた”牛肉のにぎりずし”を想像させる”特選牛トロ寿司”も選べる様な事が書いてあったのだが、この日のメニューを見るとその選択種は無く、他に選べるのは”普通のライス、バターバゲット、ガーリックバゲット”だったので迷わず”ガーリックライス”をチョイス!で、他の鉄板焼きのお店だとステーキを焼いた後に鉄板上に残った肉汁を使って”ガーリックライス”を焼くのが定番であるが、今回は石窯で焼いた事もあって鉄板の上に肉汁が無いからなのか、代わりに小さく刻んだ牛肉が入っていて雰囲気的に”ビーフライス”と呼んでもおかしく無い程だ。そんな事もあってか、全体的にしっかりとした味でこれまたメチャウマい!この”ガーリックライス”であれば、単品で頼んで食べても十分価値がある気がする・・・。
 
別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキフィレのデザート別邸 石窯ステーキ 志方亭 石窯ステーキフィレのデザート
そしていよいよコース料理も終盤、最後には当然の如くデザートと食後のドリンクが付いていて、その内容もご覧の通りの盛り沢山だ。で、このデザートも一品ずつ説明をしてくれたのだが、個人的には甘い物はそれ程好きでは無いのと、既に気持ち的に大満足で一息ついていた頃だったので、思わず聞き流してしまったが、どれも中々美味しいケーキ類のデザートだったかな。
 
てな事で、お店の建物が建ちはじめた頃からずーっと気になっていた『別邸 石窯ステーキ 志方亭』に今回初めて行って来たのだが、私の大好きな”フォアグラのムニエル”や、お店の看板商品である”窯焼き特選フィレステーキ”は当然の如く、オードブルもフルーツサラダガーリックライス全部美味しかった!確かにその分、値段はちょっとお高目と言う気はするが、その価値は十分あると思う・・・。ぜひまた食べに行ってみたいお店の一つになってしまった・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。