義史のB型ワールド

2015年8月24日

またまた昔の仕事仲間がやって来たので久々に山電高砂駅前の鉄板伊酒屋に行ってみた。この日はお店に行く前からちょっと酔っていたので記憶は薄いので、さらっとご紹介・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:24 PM
 
代理人記録
 
7月の中旬頃の3連休の最終日の海の日は特に予定も無かったので早目の時間から家で缶ビールと缶チューハイを飲んで更にインスタントラーメンを作って食べて寛いでいた。で、少し酔って来たので横になって休もうかとしていたら、昔の仕事仲間の友人から近くに居るから一杯どう?みたいな内容の電話がかかって来た。この日は早い時間から飲んでいたのとラーメンも食べたので、既にお腹は満腹に近かったのだが、お酒を飲んでウダウダと喋るぐらいなら相手は出来る・・・。何よりお酒の誘いを断っては罰が当たると言うポリシーの元、ちょっとだけ飲みに行く事にした。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさん
で、先にも書いた様にこの日の私は余り食べる事が出来ないと言う思いから山電高砂駅前にある『鉄板伊酒屋 ゑべっさん』に行ってみる事にした。このお店は今年の3月頃に来た時は2日連続で店内満席とかで入店出来なかった事があるのだが、この日も先客の7~8人のグループ客は居たが流石に奥のテーブルは何卓か空いていたので入店する事が出来た。で、ふと思ったのだが、以前は2Fとかも使っていたと思うのだがこの日はやって無い様だったし、ホールには若いネエチャン一人しか居なかったし厨房も何と無く一人しかいないのでは?と言う雰囲気だった。そんな事もあって客席数を制限して営業しているから満席の時が多いのかも知れない・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさんの付きだし
それはさて置き、生ビールを頼んで暫しの間待っていると、先ず最初に運ばれて来たのは問答無用で付いて来るこちらの”付きだし”で、その内容は”豆とひじきの煮物”の様だ。実際に食べても見たマンマの味で可も無く不可も無く・・・。本来は”付きだし”は要らないし、どうせ無理やり付いて来るのであればもっと美味しい物を・・・と思ってしまうのだが・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさん牛ローストビーフ
で、取り敢えず”付きだし”を食べ終えてウダウダと話をしていると、間も無くして運ばれて来たのがこの日頼んだ料理の一品目であるこちらの”牛ローストビーフ”で、お値段は税別価格680円也。個人的に相も変わらずあちらこちらのお店で”ローストビーフ丼”を食べているのだが、それらにトッピングされている”ローストビーフ”とは少し異なる何と無くサラダ仕立ての”牛ローストビーフ”だ。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさん牛ローストビーフ
ちなみに”牛ローストビーフ”をアップで見るとこんな感じで、お酒のあてで食べ易い様にする為かご覧の様に一口サイズの何と無くラーメンのトッピングのチャーシューみたいな感じにカットされている。で、既にこの時点で若干酔っ払っていたので味の記憶が定かでは無いのだが、お肉自体は柔らかくて中々美味しい一品だった・・・と思う・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさんチャーシュー葱まみれ
そしてその次に運ばれて来たのがこちらの”チャーシュー葱まみれ”で、お値段は税別価格680円也。この時の話の中でこれと同じ様な”チャーシュー葱まみれ”を『くしや もつや ぶっちぎり』で食べたと言う話をしたが、後から過去の記事を検索してみるとそれは『鮨やら 串やら 魚仙人』で食べた”やわらか煮豚のねぎまみれ”で、『くしや もつや ぶっちぎり』で食べたのは”チャーシューネギパイ”だった。似た様なネーミングだったのでお店を勘違いしていた様だが、あれはあれで美味しかったのでぜひまた食べてみたいのだが・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさんチャーシュー葱まみれ2
で、この”チャーシュー葱まみれ”をアップで見るとこんな感じで、ご覧の様に『鮨やら 串やら 魚仙人』で食べた馬鹿デカイ大きなチャーシューとは異なる、まるでラーメンの具に使うかの様な薄くスライスされたタイプに特製のタレとネギをトッピングした料理だ。で、既にこの時点で若干酔っ払っていたので味の記憶が定かでは無いのだが、お肉自体は柔らかくて中々美味しい一品だった・・・と思う・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさんニンニクの丸揚げ
そしてこちらは何と無く疲れ気味だったので精をつけようと頼んだのがこちらの”ニンニクの丸揚げ”で、お値段は税別価格350円也。ご覧の様にニンニクを丸ごと揚げただけで、何と無く以前に東加古川駅近くにある『串揚げ炭火焼き 串ひら』で食べたのと同じ様な内容だが、ニンニク自体はホクホクとして中々ウマい!とは言え、個人的な思いで言うと『タカサゴ ダイナマイト』で食べた”にんにくオイルポット”みたいな方がインパクトがあって楽しかった様な気はするが・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさん牛すじの赤ワイン味噌煮込み
で、その次に運ばれて来たのがこちらの”牛すじの赤ワイン味噌煮込み”で、お値段は税別価格580円也。赤ワインを使った煮込み料理と言えば、以前にB級グルメイベントの会場で”猪肉の赤ワイン煮込み”とやらを食べた事があるが。それと比べるとこちらの方が如何にも煮込み料理と言う様な印象だ。しかしこの時点で私はかなりお腹が一杯だったのと結構酔って来ていたので、牛すじ肉を2~3個つまんだ程度でこちらも余り味の記憶は残って無いのが残念だ・・・。
 
鉄板伊酒屋ゑべっさんゑべっさん流駅そば
そしてプチ宴もいよいよ終盤!最後に〆で頼んだのが、以前食べたらメチャ美味しかったので私ももう一度食べたいと思って頼んだのがこちらの”ゑべっさん流駅そば”で、お値段は税別価格450円也。ご覧の様に和風出汁&中華麺の姫路駅名物えきそばに野菜の掻揚げが乗っていて見た目は中々ウマそうなのだが、この日は何と無く出汁が煮詰まって濃いくなった様な感じでメチャメチャ醤油辛く、以前食べた時の様な美味しさが全然無い・・・。人にオススメした時に限ってこの様な最悪な味で出て来る時ってあるよねえ・・・。これさえなければこの日食べた料理は全てそこそこ美味しいと思って〆る事が出来たのに・・・。
 
てな事で、またまた唐突に昔の仕事仲間の友人から電話が掛かって来たので久々に『鉄板伊酒屋 ゑべっさん』に行って来たのだが、この日食べた料理は兎も角として何かお店全体にイマイチ活気が無かった様な印象・・・。直ぐ近くにある『くしや もつや ぶっちぎり』は相変わらず流行っているのだが、それと比べると・・・と言う気がした。それはさて置き、最近も荒井駅前に楽しげな肉バル?みたいなお店が出来たので、今度彼が来た時はそちらのお店に行ってみたいと思うのであった!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。