義史のB型ワールド

2015年8月5日

久々に、以前は高砂駅近くにあって今は米田に移転した手打ちうどんのお店に行って”コロッケ定食”を食べた!素朴な内容ながら懐かしさもあって中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:40 PM
 
代理人記録
 
この日は珍しく?休日出勤で朝から某所でご主人様と一緒に作業・・・。予定ではもう少し早目に終わると思っていたのだが、意外と手間がかかってしまい終わった頃は午後1時半近く・・・。それから少し遅めのランチを食べに行く事になったのだが、午後からも別の場所での作業の予定があったので、余り遠出はしたく無いし、何ならラーメンかうどんでも良いと言う話になったので、久々に高砂米田にある昔から馴染のある小さなうどん屋さんに行ってみる事にした。
 
手打ちうどん一休手打ちうどん一休こだわり
こちらが久々に行って来た『手打ちうどん 一休』で、以前にも紹介したがこのお店は10数年前まで山電高砂駅の北側にあり、私もそう多くは無いが何度か食べに行った事がある個人的に昔馴染のお店で、更にその後に聞いた話では管理人さんの奥様も良く知ってるお店?とか言う話だったかな・・・。で、この日は先にも書いた様に日曜日の午後1時半頃の訪問だったのだが、未だ店内には結構お客さんが居るし、我々の後からも続々とお客さんがやって来る程・・・。高砂にあった頃からそこそこ人気のお店ではあったが、こちらに移転してからもすっかり常連客が根付いている様だ。
 
手打ちうどん一休定食メニュー手打ちうどん一休丼メニュー
そしてこちらがこのお店の”定食”と”丼物”のメニューの一部で、当然この他にも”うどん単品”のメニュー等もあったのだが、折角なので”定食”メニューの中から、私はこの頃に”あちらこちらのお店でコロッケ”を良く食べていた事もあり味比べの意味を兼ねて”コロッケ定食”を、ご主人様はきっと私が頼む事では無いであろう”いわしフライ定食”を食べる事に決定!!!
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”コロッケ定食 うどん付き”で、ご覧の様に”コロッケ”と”うどん”、それに小鉢やご飯や漬物等がセットになってお値段は900円也。一見するとそれ程ボリュームがある様には見えなかったのだが、”うどん”は通常サイズだし、”コロッケ”も3個あるし、ご飯も結構大盛りだった事もあり食べ終えた頃はお腹は超満腹状態になっていた。
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
それはさて置き先ずは”コロッケ定食”の”うどん”から食べてみると、昔長柄の関西風で少し甘目のあっさりしたお出汁で何と無く懐かしさもあって普通にウマい!具のワカメは個人的には余り好きでは無いので、どちらかと言うと天かすとかの方が良かったかな
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
ちなみに”うどん”自体はこんあ感じで、特にこのお店は讃岐うどんと謳っている訳では無いが、ご覧の様に讃岐うどんに近い様な太目の手打ち麺で、モチモチとしていながらコシもあって普通に美味しい。こちらも格別と言う程では無いにしろ何と無く懐かしい味だった気はする・・・。
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
そしてこちらが”コロッケ定食”のある意味メインとも言える”コロッケ”で、パッと見た感じでは肉屋さんとかスーパーの惣菜売場等で売られている平べったい”コロッケ”では無く、少し丸みのある如何にも手作りしたと言う様な感じの”コロッケ”が3個お皿に入っていて、当然の如く揚げ立て熱々で普通にウマい!しかし流石に”コロッケ3個はボリュームがあるし途中でも若干飽きて来た・・・。で、普段であればご主人様が食べた定食のおかずと交換する処だが、この日ご主人様が食べたのは”いわしフライ”だったので交換する事も出来ず・・・、お腹一杯になってしまった・・・。
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
ちなみに”コロッケ”の断面はこんな感じで、ご覧の様に少し分厚目だしジャガイモたっぷりの中にミンチ肉も入っていて、正に普通の家で作ったかの様な家庭的で素朴な感じの”コロッケ”だ。流石に”コロッケ”自体の味は、私のお気に入りの”焼肉屋さんのコロッケ”の方が美味しい様な気はするのだが、この様な手造り感満載の”コロッケ”も悪くは無い気がする。
 
手打ちうどん一休コロッケ定食 うどん付き
そしてこちらはコロッケ定食”に付いていた小鉢で、その内容はご覧の様な”大根と豚肉の煮物”みたいな物で、こちらも家庭的な素朴な味ではあるが、最近はこの手の惣菜を余り食べて無い事や白いご飯のお供にマッチして普通にウマい!ちょっとした一品ではあるが、こう言った小鉢が一つ付いているだけで全体的な印象も良くなったかも・・・
 
手打ちうどん一休いわしフライ
最後に・・・、こちらはご主人様が食べた”いわしフライ定食”のメインとも言える”いわしフライ”で、ご主人様は想像していた物とは少し違う・・・みたいな事を言っていたけど、味的には満足していた様だった。この程度のサイズであれば一つ位なら私も味見出来たかも・・・と後からこの写真を見てそんな気にもなったが、まあ後悔する程の事も無かったかな
 
てな事で、この日は久々の休日出勤?のかたわらのランチで、久々にその昔に山電高砂駅近くにあり10数年前に米田に移転して”手打ちうどんのお店”でランチを食べたのだが、最近巷に増えた本格的な讃岐うどんのお店と比べると少し微妙だが、個人的には昔懐かしい思いもあって中々美味しかった。このお店の前は良く通るので偶に食べに行ってみたい気に駆られるのだが、表の駐車場のスペースが少ないのが難点な気がする・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.