義史のB型ワールド

2015年7月25日

偶にテレビで見かける大阪の有名店が姫路にもキター!って事で早速”姫路麺哲”に行って”醤油雲呑”を食べてみた!甘さを抑えた醤油味強めのスープだが、噂通り中々ウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 6:06 PM
 
代理人記録
 
夏場はラーメン屋さんに鬼門の季節で閉店するお店が続出する時期でもあるのだが、それでも昨今のラーメンブームも手伝ってか相変わらず新規のラーメン店のオープンが続いている・・・。そんな中の一つに時々テレビで紹介される大阪で人気の『大阪 麺哲』と言うラーメン屋さんが姫路にも進出して来た・・・と耳にしたので早速食べに行ってみた。
 
姫路麺哲
こちらが今回行って来た『姫路 麺哲』と言うラーメン屋さんで、お店がある場所は姫路駅前の小溝筋を真っ直ぐ北へ上がって行った先の角っ子の、以前は『明石焼き専門店 ひめあん』があった場所だ。この場所は、それこそ今年だけでも何度も通っているのだが『ひめあん』が閉店していた事に全然気が付いて無かった・・・。それにしても魚町や塩町の繁華街から離れたこの場所に、しかも夜の営業も午後8時頃に終わるみたいなので酒飲み帰りの客は相手にしない?、正に味で勝負!と言う主張?ポリシー?なのかも知れない・・・。
 
姫路麺哲
それはさて置き、入店後案内された一番奥のカウンター席に座わると、目の前のキッチンの中にはテレビで何度か見た事がある『豊中 麺哲』だったか『大阪 麺哲』だったかの店主?の姿が・・・。そう言えば昨年の秋頃に大阪に行った時に有名ラーメン店の『金久右衛門 本店』や『中華そば カドヤ食堂 総本店』に行っても、どちらのお店にもテレビでお馴染みの店主の姿があったのだが、やっぱ店主自らの手で作ってくれるとウマさも倍増する様な気分・・・。個人的には『らーめん八角』の会長さんの御姿は『ラーメンサーカス小屋』とか『中華そば 萬丸』等で何度か御見掛けしたし会話をした事もあるのだが、ちょっと次元が異なる感動があったかな・・・。
 
姫路麺哲当初の献立
そしてこちらが店内に置いてあったこのお店のメニューで、ご覧の様に”当初の献立”と書いてある通り最初当面の間はラーメンは4種類のみ・・・と言うよりトッピングが違うだけなのでスープ的には1種類のみでの提供の様だ。で、最初は定番の”醤油”を・・・と思いつつも個人的に結構好きな”雲呑”がトッピングにあったので”醤油雲呑”を食べる事に決定!!!
 
姫路麺哲醤油雲呑
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”醤油雲呑”で、お値段は900円也。パッと見た感じは昔長柄の鶏がらベースのシンプルな醤油スープのラーメンで、実際に食べて見ても若干醤油味が強めな気がしたが脂系の旨味とコクもあって、確かに噂通り中々美味しいスープだ。個人的な好みで言うと、播州ラーメンみたいな甘さは必要無いが、もうちょっとだけ甘口にしてくれた方が、もっと私の好きな味になるかも・・・。
 
姫路麺哲醤油雲呑
そしてこちらが”醤油雲呑”に入っていた”雲呑”で、差額計算で行くとこの”雲呑”のトッピングが200円と言う事になるので、もっと巨大な、あるいは沢山の量が入っているのかと思いきや、肉入りではあるが割りとオーソドックスなタイプの”雲呑”で、皮もつるっとしてかつモチモチとした食感で中々美味しいが、半面それ以上のインパクトは無かった様な・・・。これがプラス100円だったらもうちょっと印象も違ったかも知れないが・・・。
 
姫路麺哲醤油雲呑
その他にも”醤油雲呑”には定番のチャーシューも入っていて、ご覧の通りの薄切りタイプながら肉の味がギュッと詰まった感じでメチャ旨い!スープや雲呑や麺よりも、このチャーシューの旨さが一番印象に残った様な気がする・・・。
 
姫路麺哲醤油雲呑
ちなみに”醤油雲呑”の麺はこんな感じの細目のストレート麺で、自家製なのかどうかは定かでは無いがこちらもつるつるシコシコとして中々美味しい麺だった。ま、当ブログで度々書いているが個人的には太麺好きなので、太麺とかが選べると有難いのだけど。
 
てな事で、テレビでも偶に登場する大阪の有名ラーメン店が姫路に進出して来たと言う事で早速食べに行ってみたのだが、若干私には醤油味が強い様な気はしたが、全体的には中々美味しいラーメンだった。何より期間限定ながらテレビでお馴染みの店主?オーナー?自らが厨房内で腕を振るっている姿を見ながら食べるラーメンもまた格別だし・・・。今後お店が順調になり次第、メニューも増えるらしいのでまたその時に食べに行ってみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。