義史のB型ワールド

2015年7月24日

但馬屋が無くなって以来、食べに行く機会が増えた”手打ちうどん杵屋”で”うな重と牛肉の小うどん”の定食を食べた!折角なので最後に”うな牛”にしてみたった!

Filed under: — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
やっぱ土用の丑の日鰻の話で無いと・・・と言う事でこれまた一カ月程前に食べた”うな重”のお話・・・。
 
今年の春頃はちょっと忙しかった事や、観たい映画が余り無かったで余り映画館には行って無かったのだが、6月中盤辺りから私が観たいアクション系やSF系の映画の公開が始まったので久々に映画を観に行った。で、以前であればイオンシネマ加古川(旧マイカルシネマズ加古川)に行った時は、映画の半券を見せると生ビール1杯無料サービスがあった焼肉としゃぶしゃぶのお店『但馬屋』を利用する事が多かったのだが、そのお店が無くなってからは、これまた映画の半券を見せると10%のサービスがある『実演手打うどん 杵屋』を利用する事が増えた。で、この日も映画を観終えて帰る段になった時にお店の前を通ると何やら楽しげな”うな重定食”があったので、それを食べてみる事にした。
 
実演手打うどん杵屋/イオン加古川店
こちらがまたまた行って来た『実演手打うどん 杵屋/イオン加古川店』で、この日は午後6時半頃の訪問だったのだが、昼間の盛況ぶりとは違って店内は閑散としていた。ま、ショッピングセンターと言う場所がら夜の集客力は弱いんだろうなあ・・・と言う気がする。
 
実演手打うどん杵屋夏のスタミナ定食メニュー
それはさて置きこちらが今回の食べた”夏のスタミナ定食”のメニューで、ご覧の様に”うなとろろ御飯定食”と”うな重定食”なる商品がある様だ。で、毎度の事ながら”うな重”の単品で十分だと思いつつも、値段を見ると280円前後でミニサイズとは言え具の無い”かけうどん”では無く”カレーの小うどん”とか”牛肉の小うどん”が食べれると言う事もあって、相変わらずの貧乏性気質が沸いて来て今回も”うな重定食”を食べてみる事に決定!!!
 
杵屋うな重定食のうな重と牛肉の小うどん杵屋うな重定食のうな重と牛肉の小うどん
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”うな重定食”で、メインの”うな重”と、選べる”小うどん”の中から値段的に一番お得そうな気がした”牛肉の小うどん”と、他に漬物が付いて通常価格1680円の処、今回も映画の半券サービスで10%引きとなり1512円也。パッと見た感じはそれ程にボリュームがある様には見えなかったのだが、実際に食べ終えてみると結構お腹が一杯になってしまった!
 
杵屋うな重定食のうな重
それはさて置き先ずは”うな重定食”のメインである”うな重”から食べてみると、ご覧の様に半身程度の鰻の蒲焼が乗ったオーソドックスな”うな重”で、当然お店で焼いたと言う事は無い様で焼き立ての香ばしさは無いが、一応は何かで温めたのかほんのりとした温かさがある。で、少し多めにかかった蒲焼のタレが私好みの濃い目の味で全体的には中々美味しい”うな重”だ。きっと中国産かその辺りの物だとは思うが、特に癖も無いしこのお値段なら十分許せる味だった。
 
杵屋うな重定食のうな重
ちなみに”うな重”の鰻の蒲焼の断面はこんな感じで、ご覧の通り中々の厚みがある。ま、最近はスーパーで売っている”鰻の蒲焼”でも結構肉厚があるので、それ程凄いと言う訳では無いが鰻の身自体も柔らかく意外とボリュームもあったし取り敢えずは満足出来る内容だったかな。
 
杵屋うな重定食の牛肉の小うどん
そしてこちらが”うな重定食”のセットの選べる”小うどん”の中から私が選んだ”牛肉の小うどん”で、ご覧の様にセットで出て来る”小うどん”の割りに卵黄が入っているし具の牛肉も結構沢山入っていて、280円前後の追加価格のうどんとしては中々良心的な内容だ。で、”うどん”自体は何時もの関西風の少し甘目の出汁で、更に肉の煮汁が加わったのかやや濃い味ながら普通にウマい
 
杵屋うな重定食の牛肉の小うどん
ちなみに”牛肉の小うどん”にトッピングされていた牛肉はこんな感じで、これまた”小うどん”の割りには結構沢山の量が入っているし、お肉も私好みの甘辛い濃い目の味でそのまま食べても旨いし卵黄を絡めて食べても中々ウマい!最初は”うな重”単品で良いと思いつつも値段に釣られて定食にしてしまったのだが、定食にして良かった!と思った瞬間でもあった。
 
杵屋うな重定食のうな重と牛肉の小うどん
それはさて置き”うな重”と”牛肉の小うどん”を交互に食べていると何と無くTVのCMで盛んに流れている”すき家のうな牛”が頭に浮かんで来た・・・。そう言えば”すき家のうな牛”と言えば5年ぐらい前に食べたら、その時の印象がメチャ悪かったのでそれ以来一度も食べて無いのだが、折角””と”牛肉”が揃っている・・・って事で試しに”杵屋風うな牛”にして食べてみた。この組合せが美味しいのかどうかは微妙な気はするが、取り敢えず今年は”うな牛”を食べた!って事で・・・。
 
てな事で、『但馬屋』亡き後、映画を観に行った際に結構利用する様になった『実演手打うどん 杵屋』で、この日は”うな重定食”を食べたのだが値段はちょっと高い様な気はしたが、意外とそれぞれが結構なボリュームがあり更にどちらも中々美味しかったし最後に”うな牛”まで楽しめたので大満足な気分でお店を後にしたのであった!でもやっぱ、もうちょっとちゃんとしたお店の”うな重”が食べてみたい気もするが・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。