義史のB型ワールド

2015年7月5日

久々に行った高砂荒井にある”喜両由”で今回は”あなご丼”を食べた!以前食べた”うなぎ丼”と同じく玉子綴じタイプだったが、これはこれで中々ウマい!

Filed under: — 代理人 @ 6:42 PM
 
代理人記録
 
今日7月5日は”穴子の日”・・・って事で何か”穴子”の話題と・・・と思って当ブログに未だアップして無いネタを探していたら、今年の4月末に『喜両由』で食べた”あなご丼”の話が未紹介で残っていたので、先ずはその話をご紹介・・・。
 
喜両由
こちらが久々に行って来たお食事処『喜両由』で、高砂荒井界隈では昔から一番人気と言っても良いぐらい、昼でも夜でも平日でも休日でも何時も賑わっている・・・。基本的には”讃岐風手打ちうどん”が自慢のお店なのだが、それ以外に定食や丼ぶり等のメニューが豊富な事が人気の要因だと思う・・・。ま、”讃岐うどんのお店”と言えば、このお店からもう少し東へ行った小松原東交差点の角っ子に開店前から行列が出来る小さな”讃岐うどんのお店”があり、うどん自体はそちらの方が人気があった様な気がするが、残念ながら10年ぐらい前に閉店してしまった・・・。
 
喜両由あなご丼
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”あなご丼”で、他に味噌汁小鉢と漬物が付いてお値段は950円也。ちなみに”あなご丼定食”ってのもあって、そちらを選ぶと味噌汁が”うどん”になるのだが、差額が300円以上?するのと、このお店の”丼ぶり”は結構ご飯が大盛りなのでそれだけでお腹一杯になるので、今回も単品で注文したのであった!
 
喜両由あなご丼
そしてこちらがメインの”あなご丼”で、ご覧の通り5、6年前にこのお店で食べた”うなぎ丼”と同じく玉子で綴じた”あなご丼”で、雰囲気的には鰻が穴子に変わっただけ・・・の様な内容だ。そう言えば、これまた何年か前に食べた直ぐ近くのアスパ高砂内にある”せらび亭のミニ穴とじ丼”もその名の通り玉子で綴じていたっけ・・・。この辺りでは玉子で綴じるのが流行っているのかな?てか、このお店のメインが”うどん”って事で出汁に自信?があるから、その出汁を使いたくて玉子綴じになっているのかも知れない・・・。
 
喜両由あなご丼
それはさておきこちらが”あなご丼”の具でご覧の通り”焼き穴子”で、多分お店で焼いた物では無いと思うが普通に美味しい。これにこれまたこのお店で何度も食べた”カツ丼”と似た様な味の綴じ玉子が絡んで中々ウマい!普段良く食べる”タレを使った穴子丼”も美味しいが、これはこれで中々楽しい”あなご丼”だった。
 
喜両由あなご丼の小鉢
ちなみにこちらは”あなご丼”に付いていた小鉢で、その内容はこのお店で偶に定食とかに付いて来る豆とひじきの煮物”で、素朴な味ながら普通に美味しい一品物だったかな。
 
喜両由あなご丼の味噌汁喜両由あなご丼の漬物
その他にもこの様な”味噌汁と漬物”も付いていて、以前にも書いた様にこのお店の”味噌汁”には小さいながら豆腐も入っていて、こちらも普通に美味しい。強いて言うならば既に何度も食べているのでそれ以上感じる点も無くなったが、やっぱ他のお店でも”味噌汁”には豆腐ぐらい入れて欲しい気がする・・・。
 
てな事で、久々に行った『喜両由』で多分このお店では未だ食べて無かった気がしたので”あなご丼”を食べてみたのだが、案の定以前に食べた”うなぎ丼”と同じく玉子で綴じたちょっと変わった”穴子丼”ではあったが、味的には食べ慣れた出汁の味で中々美味しかった。最近はこのお店も食べ飽きたと思って余り行って無かったのだが、これを機会に未だ食べた事の無いメニューを探しにまた行ってみたいと思う・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。