義史のB型ワールド

2015年7月1日

以前からちょっと気になっていた有名定食チェーンの”大戸屋”がイオン明石の中に出来たので食べに行ってみた!メニューが豊富なので、きっとこれから何度もお世話になる様な気がする・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:27 PM
 
代理人記録
 
偶に『宮本むなし』とか『やよい軒』、あるいは『街かど屋』等の所謂”定食のチェーン店”を利用する事があるのだが、そう言った定食屋さんの話題が出ると良く耳にするのが、関東方面で人気があると言う『大戸屋』と言うチェーン店・・・。最近は大阪や神戸にもお店が出来ているので、お店の前と通る度に少し気にはなっていたのだが、私が遠路遥々大阪や神戸まで行ってそんな定食を食べるのもちょっと寂しい・・・とずっと思っていたのだが、その『大戸屋』が今でも偶に行く事があるイオン明石のレストラン街に出来たと耳にしたので食べに行ってみた。
 
大戸屋 ごはん処/イオン明石店
こちらが今回行って来た『大戸屋 ごはん処/イオン明石店』で、イオン明石2番街のレストラン街の一番北側の端っこ辺りで、何年前だったかにこのレストラン街が改装された時は確か『ふらんす亭』が出来た一角で、その後『ステーキ ひろ』に変った後、少し前まではビブレから移転して来た『ミオ・バロッコ』があった場所だ・・・。このレストラン街はお店の入れ替わりが激しくなって来たので、もしかするとその間に他のお店になった事もあったかも知れないが、
 
大戸屋 ごはん処/イオン明石店オープン記念品
ちなみに席に着いてメニューを観ながら何を食べようかと思案していると、スタッフの方がこのようなお店のオープン記念品の粗品を持って来てくれた。一体何をくれたんだろうと見てみるとご飯を炊く時に入れる”もちもち五穀ご飯”との事・・・。うーん・・・、どうやら私には不必要な物の様だ・・・。これなら例えば次回から使える割引券とかの方が有難かったかも・・・。
 
大戸屋 ごはん処/イオン明石店メニュー
それはさて置き当然の如くこのお店にはと四元豚とか牛タンとか炭火焼の鶏肉とか、メチャ食べてみたいメニューがオンパレードで何を食べようかと思案をしていると切りが無いのと、取り敢えず今回がこのお店の初訪問と言う事もあって先ずは店名の冠が付いた”1958年の創業当初から、長年愛され続けている看板メニュー”でもある”大戸屋ランチ”を食べる事に決定!!!
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”大戸屋ランチ”で、メインの揚げ物が乗った大きなお皿の他に、ご飯、味噌汁、お新香が付いてお値段は699円也。ちなみにご飯は白米のご飯か五穀ご飯が選べたので、取り敢えず無難に白いご飯をチョイス!更に大盛無料サービスがあったので、毎度の事ながら普通盛で十分と思いつつも揚げ物だとご飯が進むかも・・・と思って大盛で注文!普通盛は180gらしいのだが大盛は350gあるらしい・・・。これって大盛と言うより2杯分に近い量の様な気が・・・。
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
そしてこちらが”大戸屋ランチ”のメインである揚げ物の盛合せで、お店の商品説明に寄ると”ほっこり甘いかぼちゃコロッケに目玉焼き。さっくりジューシーな竜田揚げは、みぞれぽん酢とトマトでさっぱりと”との事。実物を見る前はもっと揚げ物がテンコ盛になった物をイメージしていたのだが、パッと見た感じではかなりボリュームは少な目と言う印象。ちなみに大皿の横にあった小さな器に入ったソースの様な物は”千切りキャベツ”用のドレッシングだったのだが、この量では少し足り無い気がしたかな・・・。
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
それはさて置き、先ずは”大戸屋ランチ”の”竜田揚げ”から食べてみると、ご覧の様に別途”小さく刻んだトマトが入ったみぞれぽん酢”とやらが付いていたのだが、どうみても”だいこんおろし”だけで”ぽん酢”が入っている様に見え無い・・・。運んで来たオネエサンの話に寄ると、味が物足りなければテーブル上に備え付けの醤油を加えて下さいとの事・・・。ん?”ぽん酢”じゃ無いのか???何れにしても味的には極々普通な感じの”竜田揚げ”だった。
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
そしてこちらは”大戸屋ランチ”のもう一つのメイン料理とも言える”かぼちゃコロッケ”で、外から見ただけでは俵型の普通のコロッケにしか見えなかったが、二つに割って中を見てみるとご覧の通りのメチャ黄色い如何にも”かぼちゃ”!と言う様な内容のコロッケだ。で、先ずは半分だけ何も浸けずにそのまま食べると揚げ立て熱々でホクホクとしていて、少し甘目だが中々美味しい
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
で、”かぼちゃコロッケ”の残りの半分は折角なのでテーブルの上に用意されいた”大戸屋特製ソース”をかけて食べると、当然の如く味が濃厚になってこれまたウマい!”牛肉がたっぷり入った様な肉屋のころっけ”も大好きだが、偶にはこう言ったヘルシーなコロッケも良いかも知れない・・・。欲を言えばもう一個ぐらいあっても良かった様な気はするが・・・。
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
それはさて置き”大戸屋ランチ”の揚げ物の上に載っていた”目玉焼き”をどうやって食べ様かと思案した結果、取り敢えず黄身が流れだしても良い様にご飯の上にトッピングして”玉子かけご飯”風にして食べてみた。最初”大盛のご飯”を見た時に食べ切れるかな?と心配になったのだが、”玉子かけご飯”にして食べると結構余裕で完食出来たのだった。
 
大戸屋ごはん処大戸屋ランチ大戸屋ごはん処大戸屋ランチ
ちなみにこちらは”大戸屋ランチ”に付いていた”味噌汁”と”お新香”で、”お新香”は至って普通だが”味噌汁”は刻みアゲとかほうれん草等の具が入っていて、”牛丼チェーンで出て来る味噌汁”と比べるとお得感はある。とは言え、何と無くであるがちょっとショッパイ様な気もしたのだが、それは他に食べた物の影響だったのかも知れない・・・。
 
てな事で、以前から一度食べてみたいと思っていた定食チェーンの『大戸屋』がイオン明石のレストラン街の中に誕生したので、早速食べに行ってみたのだが、この日食べた”大戸屋ランチ”は特に大きなインパクトの様な物は無かったが、先にも書いた様にメニューが豊富にあるのでこれから暫くの間、このお店に行く事が増える事は間違いない!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。