義史のB型ワールド

2015年6月20日

個人的に昔懐かしい”スガキヤ”の”Sプレミアム第2弾”で”プレミアム肉盛ざるラーメン”の販売が始まったので食べてみた!値段も髙くプレミア感も薄かったが、味的には普通に美味しかったかな・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:35 PM
 
代理人記録
 
少し前に『幸楽苑』の看板商品だった”290円の中華そば”がメニューから消えて話題になった様に、今は格安だけではやって行けない時代・・・。個人的にラーメン1杯140円だった頃から食べている『スガキヤラーメン』も今では普通のラーメンは300円までに値上げしているし、それだけではやって行けないのか定期的にフェアメニューが登場するのだが、今年になってからちょっと内容が豪華な”Sプレミアム”シリーズが登場したのだが、その第2弾が販売開始になったので食べに行ってみた。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメンフェアメニュー
こちらが”スガキヤSプレミアム”の第2弾の”プレミアム肉盛ざるラーメン”のメニューで、『スガキヤ』の商品説明に寄ると”スガキヤの定番メニューとなりつつある「ざるラーメン」に、ボリュームたっぷりの肉やこだわりの食材を使用したまさにプレミアムにふさわしい商品であると自負いたしております”との事。個人的にはスープ大好き、お出汁大好きなタイプなので、スープに浸かって無いラーメンは余り好きでは無いし、そもそも”スガキヤの和風豚骨スープ”で無いので魅力は薄いのだが、取り敢えず現時点で全Sプレミアムシリーズを制覇しようと目論んでいる私なので、たかが第2弾で挫折していてはいけないと思い食べてみる事に決定!!!
 
スガキヤ/アスパ高砂店
そしてこちらがまたまた行って来た『スガキヤ/アスパ高砂店』で、此処数年は年に一回”ラーメンが半額で食べれるスーちゃん祭りの日”に来るぐらいでしか無かったのだが、今年の初め頃に”Sプレミアム第1弾のプレミアムラーメン”が登場した時と再販売された時、それに”スーちゃん祭り”にも食べに来たので、今年だけでも既に4回目の訪問だ・・・。これはもう完全に『スガキヤ』の術中にはまってしまっている様な・・・。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
で、間も無くして手元のブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”プレミアム肉盛ざるラーメン”で、お値段は税込価格490円也。そう言えば『スガキヤ』でも何時の間にやらこの手の”ざるラーメン”とか定番の”つけ麺”とか”冷麺”等もメニューの中にあるのだが、個人的には普通のスープに浸かった”コク旨ラーメン”とか”しょうゆラーメン本店の味”を食べた事があるが、麺をタレに浸けて食べるタイプの”ざるラーメン”とか”つけ麺”を食べるのは今回が初めてかも・・・
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
そしてこちらが”プレミアム肉盛ざるラーメン”の麺のざる盛りで、告知画像に”スガキヤ史上初!!肉12倍、麺1.5倍”と書いてあるだけあって確かに中々のボリュームだし、更に”味付けやわらか煮玉子”や”ほうれん草”、それに白髪葱等もトッピングされていて何と無く豪華な気はしないでは無い・・・。これで第1弾の”プレミアムラーメン”と同じく税込価格390円だったらお得感はあるのだけど・・・。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
それはさて置き、麺の上に盛られているだけでは12倍(通常のラーメンの肉との重量比)と言う肉の量が良く判らなかったので、麺の上に広げてみると確かに結構な量がある様に見える。で、『スガキヤ』で肉と言えば”肉入りラーメン”に象徴される”薄っぺらいチャーシュー”の事だと思いきや、何と無く以前に『スガキヤ』で食べた事のある”すき焼き丼”の具と似た様な感じの”特製のタレで調理したたっぷりの肉”で、これが中々ウマい!今回の”プレミアム肉盛ざるラーメン”はこの肉を食べれただけで価値はあったかも・・・。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
そしてこちらが”プレミアム肉盛ざるラーメン”の麺で、プレミアムでは無い普通の”ざるラーメン”の販売告知では”今年の「ざるラーメン」は、通常麺の3倍の幅の『平打ち麺』を使用”と書いてあったのだが、ご覧の様に”平打ち麺”では無く従来から使っている?中細麺の様だ。これは麺の量が1.5倍になった事や、茹で加減の都合とかがあるのかも知れない・・・。個人的には量は通常盛りでも良いので”平打ち麺”の方を食べてみたかったのだが・・・。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
それはさて置きこちらが”プレミアム肉盛ざるラーメン”の味をさようする”つけだれ”で、『スガキヤ』の商品説明に寄ると”つけだれは「濃厚担々豆乳だれ」で、豆乳を使用することで、味にコクとまろやかさをプラスしました。ゴマの風味たっぷりのタレは、コクとまろやかさを追求し、豆乳を使用。ピリ辛のラー油が、一層食欲をそそります”との事。個人的にはラー油は無くても良い様な気はしたが、老若男女誰もが好きそうなゴマ風味のタレで、イメージしていた”ざるそば”とか”つけ麺”のタレとは全然違ってはいたが、こちらも普通に美味しかったかな。
 
スガキヤプレミアム肉盛ざるラーメンスガキヤプレミアム肉盛ざるラーメン
ちなみにこちらは”プレミアム肉盛ざるラーメン”にトッピングされていた”味付けやわらか煮玉子”や”ほうれん草”で、”スガキヤラーメン”と言えば”生卵”か最近では”温玉”が定番なのだが、この様な”味付け煮玉子”は珍しい・・・てか、私が『スガキヤ』で”味付け煮玉子”を食べたのは初めてだし、当然”ほうれん草”も初めてだ。ま、”ほうれん草”に関してはどうって事の無い味であったが、”味付け煮玉子”は『スガキヤ』にしては割と本格的な半熟度で中々ウマい!定番の”特製ラーメン”も”温玉”では無くこの”味付け煮玉子”に変えて欲しいぐらいだ。
 
てな事で、『スガキヤ』で今年から始まった”Sプレミアム”シリーズ第2弾で”プレミアム肉盛ざるラーメン”とやらが販売開始になったので、試しに食べに行ってみたのだが、期待して無かった事もあってかそこそこ美味しかったかな。特にトッピングの肉が今までの”スガキヤのラーメン”には無い感じで(とは言え”すき焼き丼”の具に似ている気もしたが・・・)中々美味しかった!その他にも”味付け煮玉子”や、そもそも”ざるラーメン”も初めてだったし、何だかんだとそれなりに楽しめた気がする・・・。

今年も”夏野菜たっぷりカレー”の季節がやって来ましたねえ・・・、って事で久々に”まいどおおきに食堂”へ行って来た!今年の野菜には炒め玉ネギみたいな物が入っていた・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 7:02 PM
 
代理人記録
 
以前から何度も書いた気がするが、2007年の春頃に丸々一カ月間近く和歌山に出張していた時があった。そして毎日の様に、昼飯を食べに直ぐ近くにあった『まいどおおきに食堂』(多分『和歌山中食堂』だったと思う・・・)に行っていたのだが、その頃は『まいどおおきに食堂』のメニューの中に”カレーライス”は無かった・・・。そんな事もありカレーが食べたい時は、これまた近くにあった『CoCo壱』へ行って食べていたのだが、そんな我々同様の客が多かったからか、その数年後に”食堂のカレーライス”が発売になり、またその頃から毎年夏季限定で”夏野菜たっぷりカレー”なる物が発売され始めたので、何と無く勢いで毎年食べに行っているのだが、今年もその季節がやって来たので、取り敢えず1度は食べておこうと思い、久々に『まいどおおきに食堂』へ行って来た。
 
まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂
こちらが久々に行って来た『まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂』で、訪問した時間帯がランチタイムど真ん中の午後12時半頃と言う事もあって、店内は満席に近いぐらいの大賑わい!”まいどおおきに食堂”と言えば、今や全国に数えきれないぐらいあちらこちらでお店を見掛けるのだが、その反面この界隈でも東加古川とか播磨町とかアッと言う間に閉店してしまった店舗も多いのだが、このお店に限っては場所的に立地条件が良いのか、昼夜問わず何時行っても流行っている様な気がする・・・。
 
まいどおおきに食堂/夏のご馳走メニューまいどおおきに食堂/夏野菜たっぷりカレーのメニュー
それはさて置き、こちらが店内の奥に貼ってあった”夏のご馳走”メニューと、お店入口入って直ぐの処の注文コーナーに置いてあった”夏野菜たっぷりカレー”のメニューで、”夏のご馳走”のポスターは以前は公式サイトでも公開されていたのだが、お店に寄って多少値段が違う事もあってか、最近は公開されなくなってしまった・・・。それは兎も角として、何時もであれば”夏野菜たっぷりカレー”の他に一品ぐらい何か別の料理を食べるのだが、今回はそれ程にお腹が空いて無かったのと、”夏野菜たっぷりカレー”だけで702円だったので、貧乏性な私としては値段的にこれで十分な気がしたので、今回は”夏野菜たっぷりカレー”だけを食べる事にした。
 

加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー

で、このお店は基本的にはセルフ形式のお店なのだが、今回食べた”夏野菜たっぷりカレー”は注文が入ってから厨房内で作ってくれると言う事で、数分待たされた後スタッフのオネエサン自らの手で運んで来てくれた。ちなみに値段は上でも書いた様に税込価格702円だったのだが、ちょっと気になったので過去記事を検索してみると2009年に食べた”夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー”は税込価格で450円だった。確かに野菜の量が増えている様にも見えるが、それにしても結構な値上がり率だ・・・。
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー
そしてこちらが”夏野菜たっぷりカレー”のメインとも言える夏野菜で、見た目のインパクトと色彩を狙ってか何時もの様に紫色の茄子緑色のオクラが中心で今年もカレーの定番の具であるジャガイモの姿が見つからない・・・。その変りに多分昨年までは入って無かった気がするのだが、炒めた様な感じの玉ねぎが入っていて、それはそれでちょっと違和感はあったが、少し変わっていて楽しかったかも
 
加古川北在家食堂夏野菜たっぷりカレー
ちなみに”夏野菜たっぷりカレー”の中には少量ながら牛肉も入っていた。多分ベースのカレーが通年メニューの中にある”食堂のカレーライス”を使っている?ので、意図せずに入ってしまったのかも知れないが、何かちょっと得した気分であった。で、最後に・・・、カレーの味は何時もの通りで特別美味しいと言う程でも無い家庭的な素朴な味で、好みで言うと以前に”高砂宝殿食堂で食べた昔ながらのカレーライス”の方が美味しい様な気がする・・・。
 
てな事で、今年も『まいどおおきに食堂』の”夏野菜たっぷりカレー”の季節がやって来たので、これも年中行事の一つと思い早速食べに行って来たのだが、ご覧の様に今回食べた”夏野菜たっぷりカレー”には炒めた玉ネギが入っていて何時もとちょっと違った印象だった。もしかすると夏の始まりと終わりで中に入っている野菜の種類が変わるのかも知れないので、シーズン終わりにもう一回食べに行って確認してみようかな・・・。それと、もう一つ・・・昨年までの”夏野菜たっぷりカレー”の過去記事へのリンクを貼って置くので何かの参考にしてくだされ・・・。
 
2014年 夏野菜たっぷりカレー
2013年 夏野菜カレー
2012年 夏野菜たっぷりカレー
2011年 夏野菜たっぷりカレー
2009年 夏野菜がゴロゴロの食堂のカレー

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.