義史のB型ワールド

2015年6月17日

姫路野里に最近出来たラーメン屋”麺屋甚八”にまたまた行って、今回はお店ご自慢の”とろみそば”を食べた!確かに個性的な泡のスープで好みが分かれそうな味だった。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:09 PM
 
代理人記録
 
GWの前半ぐらいだったかに姫路野里に4月1日に誕生したばかりのラーメン屋さん麺屋 甚八』に行って、その時は”魚介 中華そば”を食べたのだが、雰囲気的にお店の一押しメニューは”鶏白湯スープのとろみそば”っぽかった。個人的にあちらこちらのお店に行って”鶏白湯系のラーメン”を食べている事や、やはりお店自慢のラーメンも一度は食べておかないとそのお店の事は評価出来ない・・・と思いまたまた食べに行ってみる事にした。
 
麺屋 甚八
こちらがまたまた行って来た『自家製麺 麺屋 甚八 JINPACHI』で、前回来た時も少し早目の時間に来たのだが、GW期間中だった事もあってか既に店内が大賑わいしていたので、今回もちょっと早目の時間にやって来てみると、テーブル席は未だ全然客は居なかったのだが、何故か1人客が多くてカウンター席は半分以上埋まっている。って事で、久々に客と客の間と言う若干狭苦しい、そして写メの撮りにくい席へと案内された・・・。テーブル席は空っぽなのにね・・・。
 
麺屋 甚八チラシ
ちなみにこちらは『麺屋 甚八』のお店入って直ぐの処に貼ってあったチラシで、前回来た時に見たチラシとはまた別の内容となっていて、それに寄ると5月1日から”つけ麺”も始まったとの事・・・。てか、私が前回来た時は既に”つけ麺”もメニューの中にあったのだが、それは丁度”つけ麺”を初めて間も無い時だった様だ。
 
麺屋 甚八のメニュー
そしてこちらがこのお店のランチメニューで、毎度毎度ラーメン単品のみでエエと思いつつも、この手のお得なランチメニューを見ると思わず食べてみたくなって、前回は”レアポーク丼ランチ”を食べたのだが、今回も何と無く鶏尽くしにしてみたくなって”とろみそば”の”鶏唐揚げランチ”で注文!!!
 
麺屋甚八鶏唐揚げランチとろみそば
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”とろみそば”と”鶏唐揚げランチ”のセットで、お値段は900円也。ラーメン鉢の陰に隠れて少し見え難い小皿の中には”鶏唐揚げ”に浸けて食べるようの胡椒が入っていた。ちなみに前回にも書いた様にこのお店はラーメンもごはんも無料で大盛りにする事が出来るのだが、それだけ食べるとお腹が苦しくなってしまいそうな気がしたので、どちらもノーマルの量のままで頼んだのだが、今の私には丁度良い具合のボリュームだった。
 
麺屋甚八とろみそば
そしてこちらがこのお店の看板商品とも言える”とろみそば”で、ご覧の通りイメージしていた”鶏白湯スープ”とはかなり違う、何と無くであるが数年前に流行った”泡のスープ”の如く、スープの表面には細かいたっぷりの泡で覆われている。作っている様子を見てたら泡だて器?と言うのか何かそんな物を手にしていたのがチラッと見えた気がしたのだが、どうやらそれで泡立てていたのかも・・・。で、先に紹介したメニューの商品説明を読むと”鶏ガラ・モミジ・背脂を、圧力鍋で2時間炊き、更に鶏ガラを追い足して強火で4時間かけ、スープ濃度10まで煮詰め、鶏の旨味とコラーゲンを充分に抽出した雑味のないクリーミーなスープ”との事。確かにマイルドでクリーミーな優しいお味で、言われてみると鶏白湯・・・みたいな気もするがそれ以上に独特な味わいに圧倒されそうな感じ。はっきり言って2度3度食べてみないと、味の神髄が伝わって来ないかも?と言う気がするスープだった。
 
麺屋甚八とろみそば
それはさて置きこちらは”とろみそば”にトッピングされていたチャーシューの1枚目の”柔らかい食感のレアチャーシュー”で、基本的には前回訪問時に食べた”魚介 中華そば”にトッピングされていた”レアチャーシュー”と全く同じだと思うのだが、その時に比べるとレア感は控え目で普通に美味しかったけど、インパクトは少し薄れたかも・・・。
 
麺屋甚八とろみそば
そしてこちらは”とろみそば”にトッピングされていたもう1枚のチャーシューで、こちらも前回と同じ”香ばしさが魅力の煮豚”の様で、こちらは煮込まれて味がしっかりと付いている事もあって、濃厚なスープに負けず今回も中々美味しかったかな
 
麺屋甚八とろみそば
ちなみに”とろみそば”の麺で、雰囲気的にはこれまた前回食べた”魚介 中華そば”で使われていた”熟成全粒粉自家製麺”と同じく”独自の2種類の粉に全粒粉を加え麺帯から完成まで一週間の熟成を経てお出しする栄養価の高い中太麺”とかで、個人的にもこの手の”全粒粉入りの太麺”が大好きな事もあって、麺は中々美味しい!そう思うと今度は”つけ麺”を頼んで、しっかりと麺だけを味わってみたい気がする・・・。
 
麺屋甚八鶏唐揚げ
そしてこちらは”鶏唐揚げランチ”の”鶏唐揚げ”で、写真では少し判り難いが結構大き目サイズの物が2個と端っこみたいな小さい物が1個盛り付けられていたのだが、食べながらカウンター内で揚げている他の客用の”鶏唐揚げ”を見ていると、全部大きなサイズだったりと、多少その時の運に寄ってサイズの大小が異なる様だ。それはさて置き、当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉もジューシーだし下味が付いているのか、添付の胡椒を付けずそのまま食べても中々ウマい!白いご飯とも相性は良かったし、次回訪問する事があればぜひまた食べてみたい気がする・・・。
 
てな事で、姫路野里のパチンコマルハンの過ぎ近くに4月に出来たばかりの『麺屋 甚八』にまたまた行って、今回はお店の看板商品である”とろみそば”を食べたのだが、ご覧の様にちょっと泡立った中々インパクトのあるスープだったが、私自身の好みとしては前回食べた”魚介 中華そば”の方が圧倒的に好きかな。とは言え全体的な印象としては悪くは無いので、また近々”つけ麺”でも食べに行ってみようと思っているのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。