義史のB型ワールド

2015年6月13日

時々食べに行っている加古川プラザホテルのレストランの日替りランチで”穴子のベニエ バルサミコソース”を食べた!以前食べた”穴子のフリット”の方が美味しい様な・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:44 PM
 
代理人記録
 
徐々に食べに行く回数を減らして行こうと思っている、加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、基本的には今まで食べた事の無い料理が出た時を選んで食べに行っている・・・。が、偶に以前食べた時に、これはぜひもう一度食べてみたいと思う料理が登場するので、その場合は食べに行くのだがその中の料理の一つに”穴子のフリット”がある。が、この日の”日替りランチ”のメニューをチェックすると”穴子のベニエ”との事。”ベニエ”と言う料理を今まで一度も食べた事は無かったのだが、個人的には結構好きな食材である”穴子”を使った料理と言う事で、試しにまたまた食べに行ってみた。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、当ブログで度々紹介しているのでいよいよ書く事も無くなって来たので、今回もあれこれと書くのは割愛。気になる方は当ブログの過去記事を参照して頂戴。
 
リヴィエール日替りランチのスープとサラダ
で、先ず最初に運ばれて来たのが”日替りランチ”に付いているスープとサラダで、サラダは何時もと同じだったが、この日のスープの内容はまたまた”かぼちゃのスープ”だった。前回は”コーンスープ”だったし、その前はこの日と同じく”かぼちゃのスープ”だったので、いよいよ”オニオンスープ”のシーズンは終わってしまった?って事なのかも・・・。
 
リヴィエール穴子のベニエ バルサミコソース
それはさて置き、スープとサラダを食べ終えて待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの日替りランチ”で、メイン料理の穴子のベニエ バルサミコソース”と、”穴子”を食べる時はパンよりもライスかな?と思ってこの日も選んだライスのセットで、先に運ばれて来たサラダとスープが付いてお値段は税込価格1080円也。前回のランチはメイン料理が”甘鯛と海老のアクアパッツァ”だった事や、パンを選んだ事もあり少しボリュームが少な目に感じたが、今回は何時もの肉料理の時と似た様な感じかな。
 
リヴィエール穴子のベニエ バルサミコソース
そしてこちらがメイン料理の”穴子のベニエ バルサミコソース”で、私にはそもそも”ベニエ”と言う料理が一体何なのか、全く馴染が無かったので、またまたウィキペディアで調べてみると”ベニエ”とは”生地を油で揚げた、ドーナツに似たペイストリー”との事。何か判った様な判らん様な説明だが、確かに普通のフライの衣とは違うし以前食べた”穴子のフリット”とも全然違う、何と無くふわふわ感のある衣だ。で、そのお味であるが、味の要となる”バルサミコソース”がまるでチョコレートか?と思うぐらいに甘い・・・。
 
偶に他のお店でも”バルサミコソース”を食べる事があるのだが、此処まで甘いと思ったのは初めだ。そんな事もあってかライスと一緒に食べるには適さない様なお味・・・。最初からこんな味だと判っていたならばパンを選んだのに・・・。まあどちらにしても衣自体が私が思っていた様な揚げ物の衣とは大きく違っていたので、そもそもこの”ベニエ”と言う料理自体が私の好みに合って無いのかも知れない・・・。
 
リヴィエール穴子のベニエ バルサミコソース
ちなみに”穴子のベニエ”の断面はこんな感じで、ご覧の様に身は薄いが”穴子”の味的には以前に食べた”穴子のフリット”で使われていた物と似た様な感じ普通に美味しかったかな
 
てな事で、またまた行ってしまった加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで、この日は私の大好きな”穴子”を使った料理の”穴子のベニエ”とやらを食べてみたのだが、ちょっとイメージしていた料理と違う・・・と言うのか衣とソースが私の好みと違っていたので、それ程に美味しくは思えなかったかな。やっぱ以前に食べた”穴子のフリット”の方が美味しかった様な・・・てかあの料理に使われていた”スイートチリソース”が結構美味しかったのだが、遂最近その”スイートチリソース”を使った”チキンのフリット スイートチリソース”ってのが登場したので、またまた食べに行ってしまったのだがその話はまた後日・・・。

イオン加古川のレストラン街に昨年の11月中旬頃にオープンしたお好み焼屋”のんびり亭”で”ふわモダンセット”を食べた!オーソドックスな味ではあるが、メニューが豊富なのでまた食べに行ってみよう!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:24 PM
 
代理人記録
 
今年になってから余り私が観たいと思う様な映画が公開されて無いので、映画館に行く回数が減って来たのだが相変わらず偶に映画を観にイオンシネマ加古川へ行っている。で、そんな時はイオン加古川周辺の飯屋さんを利用する事が偶にあるのだが、そんな中の一つにレストラン街の中にあるお好み焼屋さんがある。が、そのお好み焼屋さんは偶に経営者が入れ替わっていて、当ブログの過去記事に寄ると6年ぐらい前に『あすな路』と言うお店が入れ替わりで入ったのだが、確か昨年の夏頃に閉店してしまった。が、年末も押し迫って来た1月の下旬頃に新しいお好み焼屋さんが出来た?ので一度は食べてみようかな?と思っていた事もあり、遂先日食べに入ってみた。
 
お好み焼き/鉄板焼 のんびり亭
こちらが今回行って来たイオン加古川のレストラン街(と言う程大した規模でも無い様な気もするが・・・)の一角に昨年の11月の下旬頃に誕生した比較的新しい『お好み焼き/鉄板焼 のんびり亭』と言うお店で、何処で見たお店の紹介案内に寄ると”店主はお好み焼き、たこ焼きの本場大阪で長年修行”した事がある人がやっているお好み焼屋さんらしい・・・。
 
のんびり亭広島焼き見本のんびり亭ふわモダン見本
そしてこちらがお店の前に置いてあったこのお店のセットメニューの”広島焼”と”ふわモダン”の見本で、最初は同じく見本の中にあったお好み焼のハーフのセットでも食べ様かと思ったのだが、何と無く汁物とご飯が食べたかった事もあり悩んだ挙句”ふわモダンセット”を食べる事に決定!!!
 
のんびり亭お好み焼きメニューのんびり亭大阪風モダン焼きメニューのんびり亭のんびり風広島焼きメニュー
ちなみにこちらは店内に置いてあった”お好み焼き”と”大阪風モダン焼き”と”のんびり風広島焼き”のメニューで、この日食べる”ふわモダン”の味次第では普通の”お好み焼き”か、あるいは”のんびり風広島焼き”とやらを食べに来る事になるかも知れない・・・。
 
のんびり亭こだわり
それともう一つ、こちらも店内に貼ってあった?”のんびり亭のこだわり”で、それを読むと”お好み焼には全てヤマト芋を使用”しているらしい。ヤマト芋と言うのか普通に山芋と言うのか、そんな芋を使ったお好み焼屋さんって他にもあった様な・・・。20年ぐらい前に先輩方と食べに行っていた鶴林寺の近くにあったお好み焼屋さんも、確かそうだった気がする・・・。
 
のんびり亭ふわモダンセット
それはさて置き、間も無くして先ず最初に”ふわモダンセット”のメインである”ふわモダン”が運ばれて来て、一足先にその”ふわモダン”を食べていると暫くしてご飯と味噌汁と漬物が運ばれて来て全品揃ったのがこちらでお値段は840円也。雰囲気的には以前にイオン明石にあるお好み焼屋で食べた”あわじ島焼とご飯のセット”と似た様な内容だが、こちらはご飯セットは100円アップだったので価格的にはお得感は高い?のかな?
 
のんびり亭ふわモダンセット
そしてこちらが”ふわモダン”で、最初にこのお好み焼を注文した時にマヨネーズの有無を確認されたので、個人的には無くても良いかな?と思いつつも今回はビジュアルを優先してマヨネーズ有りで注文!で、パッと見た感じはメチャオーソドックスなモダン焼きであるが、商品名通りに生地がメチャ柔らかくて中々ウマい!メニューに書いてあった商品説明を読むと”お出汁のきいた卵に、焼きそばを混ぜ込んで焼きました”と書いてあるので、メニューの中にある普通の”大阪風モダン焼き”の生地と変えてあるのかも知れないが、確かに中々美味しいモダン焼きだった。
 
のんびり亭ふわモダンセット
ちなみにこちらは”ふわモダンセット”に付いていた味噌汁で、ちょっと濃い目の出汁ながら、具はほとんど入って無い、何と無く牛丼チェーンで出て来る様な味噌汁で、可も無く不可も無くと言う印象・・・。ま、味噌汁とご飯で100円だからこれ以上の物を要求するのは酷なのかも知れない・・・。
 
てな事で、映画を観に行った際にイオン加古川のレストラン街の中に昨年の11月に誕生した『のんびり亭』と言うお好み焼屋さんで、この日は”ふわモダンセット”を食べたのだが、オーソドックスな内容ではあったが味的には普通に美味しかった。メチャお得なサービスがあった焼肉としゃぶしゃぶのお店『但馬屋』が無くなって以来、食べに行くお店に困っていたのだがまた機会があれば食べに行ってみたいと思う・・・。

WordPress.com Blog.