義史のB型ワールド

2015年6月8日

またまた明石大久保にこの春頃に誕生した”一日一麺や”に行って今回は”鶏ガラ純醤油ラー麺”を食べてみた!一杯こだわりが書いてあったので、もっと旨いのかと期待していたが、そうでも無かった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:34 PM
 
代理人記録
 
まだまだ紹介しきれていない4月の上旬頃のお話・・・。この日は朝一から某所でご主人様も参加しての打合せがあった。で、打合せ自体は午前11時半頃に終わったので、何時もの如くご主人様とランチを食べてから解散する事になったのだが、この日は朝が早かった事もあって、ご主人様は電車で来ていたので近くの駅まで送って行く序でに、以前に食べに行った事がある明石大久保の『大阪王将』の店舗跡地に3月頃に出来たばかりのラーメン屋さんにまたまた行ってみる事にした。
 
一日一麺や 大和製麺所
こちらがまたまた行って来た明石大久保の国道2号線沿いにある『一日一麺や 大和製麺所』と言うラーメン屋さんで、以前にも紹介した様にこのお店には沢山の種類のラーメンメニューがあるので、1度や2度食べに行っただけでは中々評価出来ない?と思い再び食べに来たのであった。で、お店到着は正午前だったので入店時は未だ店内は閑散としていたのだが、同じタイミングで1グループが入店し、そして正午を廻った辺りから続々とお客さんが入って来てあっと言う間に店内は一杯になってしまった・・・。やっぱ新しいお店は客の入りが違う・・・
 
一日一麺や大和製麺所ベジボイルバー一日一麺や大和製麺所店内
ちなみにこちらはお店入口入って真正面にある野菜が食べ放題(ただし有料)の”ベジボイルバー”と、入口を入って右手側にあるテーブル席の様子で、当然の如く”ベジボイルバー”のコーナーは以前は無かったが、テーブル席の方は基本的に『大阪王将』だった時のテーブル配置と同じだった様な気がする・・・。
 
一日一麺や大和製麺所日々是進化一日一麺や大和製麺所看板ラーメンメニュー
それはさて置き、こちらが前回にも紹介したこのお店のこだわりを書いた紙と、お店の入口や店内の壁のあちらこちらに貼ってある、多分このお店の一押しのラーメンのメニューで、前回訪問時は”煮干ど豚骨ラー麺”を食べたのだが、やっぱ一度はこのお店の自慢のこちらのラーメン食べておかなければ・・・と思って再び食べに来たのであった。
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺メニュー一日一麺や淡麗魚醤ラー麺メニュー
そしてこちらは前回も紹介したが、店内に置いてあった”鶏ガラ純醤油ラー麺”と”淡麗魚醤ラー麺”のメニューで、先にも書いた様に今回はこの2つの中のどちらかのラーメンを食べてみようと思っていたのだが、折角なのでご主人様とそれぞれ別のラーメンを食べ様と、ご主人様が食べたい方を尋ねると”淡麗魚醤ラー麺”を食べると仰るので、私は”鶏ガラ純醤油ラー麺”を食べる事に決定!!!
 
一日一麺や豚しゃぶサラダのラー麺メニュー一日一麺やサイドメニュー
そしてこちらは前回訪問時に写真を撮り忘れたのか、あるいは後から追加されたのか、何れにせよその時の記事で紹介出来なかった”豚しゃぶサラダのラー麺”と言うメニューで、内容の説明を見ると”汁なし”となっているので、どうやら”冷麺”とか”まぜそば”系のラーメンの様だ。更にサイドメニューをチェックすると”チャーシュー賄い丼”とやらが追加さられていた。機会があれば食べてみたい気もするが、果たしてその日がやって来るかどうか・・・。
 
一日一麺や淡麗魚醤ラー麺
間も無くして先ず最初に運ばれて来たのがご主人様が食べたこちらの”淡麗魚醤ラー麺”で、お値段は税込価格860円也。メニューの商品説明に寄る御”淡麗鶏ガラスープ、魚醤油だれ、肩ロースチャーシュー、メンマ、葱”との事。ご覧の様にスープの表面には”魚醤油”かどうかは定かでは無いが脂分が浮いている・・・。で、試しに一口スープを飲ませて貰ったが、確かに魚介の風味はするがどちらかと言うと醤油味が強めな印象でイメージしていた味とは少し違う様な・・・。
 
それと後から気が付いたのだが、チャーシューも私が食べた”鶏ガラ純醤油ラー麺”に入っていた物とは違うタイプの”ひと晩特製タレに漬け込んだバラ肉を肉の中心を設定温度まで高まるまで低温でじっくり仕上げた漬けこみチャーシュー”だったらしい・・・。でもご覧の通り、半分以上が脂身で、何かちょっとイマイチだったらしいが・・・。
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺
それはさて置き続いて運ばれて来たのが私がオーダーしたこちらの”鶏ガラ純醤油ラー麺”で、お値段は税込価格840円也。毎度の事ながらラーメン単品で良いと思いつつ、このお店ではラーメン類を注文するとライスが無料になるので少しだけでも食べないと損?と言う事で、取り敢えずお茶碗1杯だけ食べてみた。そんな事もあってラーメン単品だと少し高い気はするが、ラーメンライスだと思えばギリギリ許せるお値段なのかも・・・。
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺
そしてこちらが実際に私が食べた”鶏ガラ純醤油ラー麺”で、ご覧の様にご主人様が食べた”淡麗魚醤ラー麺”よりも値段は安いのだが焼海苔とか紫玉ねぎ等のトッピングが余分に追加されている(もしかして焼海苔をトッピングするのを忘れられていたのかも・・・)。ちなみに先ほど紹介したメニューの説明に寄ると”瀬戸内産いりこ、国内産削り節、乾燥椎茸、羅臼昆布を軟水、4種類のブレンド醤油を使用した返しに、鶏ガラから抽出した澄んだスープとあわせている”との事。で、そのお味であるが見た目通りのあっさり系鶏ガラスープなのだが、甘味が控え目?と言うのか醤油味の方がキツイ様な印象・・・。スープの表面には結構脂分が浮いているのだが、その旨味も余り感じ無い・・・。このスープであれば前回食べた”煮干ど豚骨ラー麺”の方が遥かに美味しい様な気がした・・・。
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺
ちなみにこちらは”鶏ガラ純醤油ラー麺”に入っていたチャーシューで、雰囲気的には前回訪問時に食べた”煮干ど豚骨ラー麺”と同じチャーシューな気がしたが、先にご主人様が食べた”淡麗魚醤ラー麺”に入っていた脂身の多い”肩ロースチャーシュー”とは全く異なり”表面をブレンド塩でコーティングして表面を焼き上げ、肉の中心を設定温度まで高まるまで低温でじっくり仕上げたロースト塩チャーシュー”らしく、こちらはスープと違い普通にウマい!好みの問題もあるとは思うが、私は脂身が多いチャーシューよりも、この様な普通のチャーシューの方が好きかな
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺
そしてこちらは”鶏ガラ純醤油ラー麺”にトッピングされていた”紫玉ねぎ”と”玉ねぎのみじん切り”で、個人的にも”玉ねぎが入っているタイプのラーメン”が好きだし、2種類のタイプの”玉ねぎ”が楽しめてこちらは中々美味しかった
 
一日一麺や鶏ガラ純醤油ラー麺
ちなみに”鶏ガラ純醤油ラー麺”の麺はこんな感じで、こちらも前回訪問時に食べた”煮干ど豚骨ラー麺”と同じ麺の様でメニューに寄ると”小麦、全粒粉、卵黄を使った麺線22番手のストレート細麺”との事。一応お店の看板が『大和製麺所』となっているので多分このお店の自家製麺で、こちらは特に大きなインパクトは無い物の普通に美味しい麺だった。
 
てな事で、以前行った『大阪王将』店舗跡地に出来た『一日一麺や 大和製麺所』はラーメンの種類が豊富だったので、今回は多分お店の看板商品であろうと思われるラーメンを食べてみたのだが、残念ながら期待した程では無かった。好みで言うと上でも書いたように前回食べた”煮干ど豚骨ラー麺”の方が美味しい気がするのだが、それでも態々明石大久保まで食べに行く価値があるかどうか聞かれるとちょっと微妙な気もするし、何よりも値段が少し高いからなあ・・・。他にもメニューが多数あったけど当分の間は食べに行く事は無いかも知れない・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。