義史のB型ワールド

2015年5月24日

時々食べに行っている加古川プラザホテルのレストランの日替りランチで”鯛の薄切り海老ムース包み”とやらを食べた!ちょっと変わった料理だがソースの味もあってメチャウマい!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:34 PM
 
代理人記録
 
徐々に食べに行く回数を減らして行こうと思っている、加古川プラザホテルの1Fにあるレストランであるが、そんな私の心の中を知ってか知らずか偶に私が食べてみたくなるメニューが登場する。この日も”日替りランチ”のメイン料理をチェックすると未だ食べた事の無い”鯛の薄切り 海老ムース包み”との事。個人的には魚は苦手なのだが鯛や海老は全く問題無く食べれるし、そもそもこの”鯛の薄切り 海老ムース包み”と言う料理が一体どんな物か見てみたくなったので、またまた食べに行ってみる事にした。
 
カジュアルダイニング『リヴィエール』
こちらがまたまた行って来た加古川プラザホテルの1Fにあるカジュアルダイニング『リヴィエール』で、当ブログで度々書いているのでいよいよ書く事も無くなって来たので、今回からはあれこれと書くのは割愛。気になる方は当ブログの過去記事を参照して頂戴。
 
リヴィエール日替りランチのスープとサラダ
それはさて置き”日替りランチ”を注文後、先ず最初に運ばれて来たのが毎度お馴染みのこちらの”スープとサラダ”で、サラダは何時もと同じだったが、この日のスープの内容は久々に”かぼちゃのスープ”だった。最近はずっと”オニオンスープ”が続いていた事や、他のお店に行くと”コーンスープ”は良く出て来るのだが、”かぼちゃのスープ”は余り目にした事も無い事もあって中々美味しいかぼちゃのスープ”だった。
 
リヴィエール鯛の薄切り海老ムース包みリヴィエール鯛の薄切り海老ムース包み
で、先に運ばれて来たスープを飲み干しサラダをつまみながら待っていると、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”鯛の薄切り 海老ムース包み”で、この日も何時もの如く反射的に選んだライスと、先に出て来たサラダやスープを併せてお値段は1080円也。ご覧の様に、メインのお皿の上にはオーロラソースっぽい物がたっぷりとかかっているので、残ったソースを全て食べると言う点で、今回はパンの方が良かったかも?と少し後悔・・・。
 
リヴィエール鯛の薄切り海老ムース包み
そしてこちらが”鯛の薄切り 海老ムース包み”で、料理名を見た時は一体どの様な物が出て来るのか全く予想出来なかったのだが、ご覧の様な大きな俵型の料理で、料理名から想像すると”海老のムース”を”鯛の薄切り”で包んだ様な感じ?の様だ。で、そのお味であるが、何時も食べている肉料理の時以上にたっぷりとお皿の上にあるオーロラソースっぽい物を絡めて食べると、鯛やら海老の風味・・・はちょっと微妙だったけど、ソースの味が私好みの味と言う事もありこれが中々ウマい!個人的に魚嫌いなので滅多に魚料理を口にする事が無いのだが、この料理であればぜひまた食べてみたい気がする。
 
リヴィエール鯛の薄切り海老ムース包みリヴィエール鯛の薄切り海老ムース包み
ちなみに”鯛の薄切り 海老ムース包み”の断面はこんな感じで、ムースと言いつつも何と無くパサパサした感じで、もしかするとこのムースの中に鯛の解し身とかも入っているのでは?と思う様な感じの内容だった気が・・・。それと、下に敷いてあったのは”ほうれん草”の様な野菜で、こちらもソースに絡めて食べると中々美味しかったかな
 
てな事で、またまた行ってしまった加古川プラザホテルの1Fにあるレストランで、この日は私としては珍しく魚料理の”鯛の薄切り 海老ムース包み”とやらを食べてみたのだが、ご覧の様にちょっと変わった料理?な気がしたが、全体的にはソースの効果もあって中々美味しい魚料理だった。そんな事もあって、この後も2度ばかり魚料理の日に食べに行ってしまうのだが、その話はまた後日・・・。

以前にロッテリアで食べた”大勝軒元祖つけ麺バーガー”が復活販売され、しかもクーポンで並盛と同じ値段だったのでメガ盛で食べてみた!前回と同じく、普通に”つけ麺”で食べたい気がしたのだが・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:51 PM
 
代理人記録
 
今年の4月1日に”つけ麺の生みの親”として有名な山岸一雄さんがお亡くなりになったが、それよりも少し前のお話・・・。ちょっと更新するタイミングを失ってしまったので、このままお蔵入りする予定だったのだが、折角写真も撮って準備してたので簡単にご紹介・・・。
 
昨年の夏頃に『ロッテリア』で販売されて私も食べた”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”が、この春に開催された”ロッテリア伝説バーガー復活祭”で検索数第1位になり復活販売されたので、性懲りも無くまたまた食べてみた
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
ちなみにこちらが復活販売された”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”のポスターで、昨年販売された時と同様に、並盛、大盛、特盛の3種類があるらしい・・・。で、昨年食べた時はクーポン券利用で”大盛”が”並盛”と同じ値段だったので”大盛”を食べたのだが、思いの他ボリュームが少な目だったので今回は”特盛”を食べ様かと思っていたのだが・・・。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
が、”けんさくーぽん限定”で通常メニューには無い”麺を4玉”使った”メガ盛”が”並盛”と同じ値段の650円で食べれるクーポン券があったので、今回はそのクーポン券を利用して”メガ盛”を食べてみる事に決定!!!話に寄ると”メガ盛”は包んである包装紙のデザインも通常とは違うらしい・・・。ちなみに最初は”割りスープ”用のお湯?が入ったコップが付いて無かったので、店員に催促したらキョトン?とした顔をされた・・・。どうやら”割りスープ”が付いていると言う事を認識して無かったらしい・・・。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
それはさて置きこちらが包みの中から取り出した”大勝軒 元祖つけ麺バーガー(メガ盛)”で、ご覧の様に麺のパティが4玉分なので、パッと見た感じは中々のボリュームがある。ただ、毎度の事ではあるがメニューの写真と見比べると何かちょっとショボイ様にも見えるが・・・。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
ちなみに”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”のバンズをめくって見ると、ご覧の様に”りんご酢の風味と酸味を守りつつ、 鰹節等の魚の旨味や豚骨、鶏ガラのコクがあるチャーシューだれ、マヨネーズ”等がたっぷりとかかっていて、そのままでも食べれる様になっている。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
そしてこちらが”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”の”特製スープ”で、昨年同様”豚骨、鶏ガラから抽出したスー プをベースに、煮干、鯖節、鰹節など魚介系のダシを合わせることで魚の風味とコクがしっかりと活きた豊かな味”で、試しにそのまま飲んでも美味しい。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
ちなみにこちらは”特製スープ”の中に入っていた”約8mm の厚さにスライスした風味豊かな特製チャーシュー”で、ご覧の通り一般的なラーメンに入ってそうな中々本格的なチャーシューで、下手をすると『幸楽苑』や『スガキヤ』で使われているチャーシューよりも美味しいかった様な気もする。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
で、今回は”メガ盛”って事で麺が4玉あったので、先ずは2玉を”特製スープ”に浸けて”つけ麺”風にして食べると、本物の”つけ麺”を食べているかの様で中々ウマい!ま、昨年紹介した食べ方の説明に寄ると、バーガー自体をスープに浸けて食べる様には書いてあったが、この様に麺だけ浸けて食べるとは書いて無かったが・・・。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
そしてこちらは残りの2玉を挟んだ”大盛”状態の”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”で、先にも紹介した様に麺にタレが付いていたのでそのままでも食べれるし、ちょっと飽きて来たら”特製スープ”に浸して食べるとまた違った味わいがあって中々美味しかったかな。
 
ロッテリア大勝軒元祖つけ麺バーガーメガ盛
そして最後は折角なので”特製スープ”をスープ割りにして飲み干した・・・。ちなみにスープ割り用のコップの中身は・・・今回も普通に白湯だった・・・。
 
てな事で、この日は復活販売された”大勝軒 元祖つけ麺バーガー”を再び食べたのだが、”特製スープ”が私好みの魚介風味の出汁って事もあって中々美味しかった。ちなみに現在販売中の”蒙古タンメンバーガー”は辛い物がそれ程好きと言う訳では無い事もあって、未だ食べて無い・・・。近々別バージョンの物が発売されるらしいので、そちらを食べ様かと思案中なのであった・・・。

少し前に長崎物産展で食べた鯨カツが美味しかったので、久々に海賊食堂に行って”くじらかつめし”を食べてみた!少し前に食べた鯨カツの方が美味しかったかも・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 9:27 AM
 
代理人記録
 
昨日紹介した様に、年に一回ヤマトヤシキ加古川店で開催される長崎物産展で”鯨カツ”とか”鯨の竜田揚げ”を食べるのが恒例となっているのだが、今回は”特大の鯨カツ”を食べた事もあってか、中々美味しかった!って事で、何と無くまた”鯨カツ”が食べてみたくなって来たので、久々に加古川尾上にある『海賊食堂』に行って”くじらカツを使ったかつめし”を食べてみる事にした。
 
海賊食堂
こちらが久々に行って来た『海賊食堂』で、この日はランチタイムど真ん中の午後0時半過ぎの訪問と言う事もあって店内は大賑わいで、気分的にはテーブル席に座ってゆったりと食事をしたかったのだが、残念ながらテーブル席は満席と言う事でカウンター席に案内された(座敷っぽい席は空いている様だったが・・・)。このお店がこれだけ人気があるのは、ちょっと不思議な気がした一瞬でもあった。
 
海賊食堂メニュー海賊食堂メニュー
そしてこちらが『海賊食堂』の”丼ぶり”とか”かつめし”のメニューで、5年ぐらい前に食べた時は税込価格で924円だったのだが今は鯨肉の需要が少なくて相場が下がっているのか”くじらかつめし”は780円に値下がりしている。で、”カツ2枚のせ”ってのもあったのだが、取り敢えず食べてみたかっただけなので1枚のみの”くじらかつめし”を注文!ちなみに以前このお店にのメニューにあった”和牛カツめし”は今は消えている様な・・・。試しに”ミックスかつめし”に載っているカツの肉を尋ねると、やっぱ”イベリコ豚”を使った”かつめし”だった・・・。
 
海賊食堂くじらかつめし(並)
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”くじらかつめし”の並で、他に”味噌汁”が付いてお値段は780円也。ご覧の様にパッと見た感じは一般的な”ビーフかつめし”と似た様な感じで、その脇にはキャベツとかキュウリやトマト等が添えられている。そして味の要となるタレは少し甘目のタイプで”かつめし”的には普通にウマい!後は肝心の”鯨カツ”の味がどうなのか?に寄るのだが・・・。
 
海賊食堂くじらかつめし(並)
そしてこちらが”くじらかつめし”の命とも言える”鯨カツ”で、”鯨肉”的には以前にこのお店で食べた”くじら定食”で使われていた”鯨肉”と同じなのだが、少し前に長崎物産展で食べた”くらさきの鯨カツ”は揚げる前の”鯨肉”に下味を付けている事もあってか、圧倒的に”くらさきの鯨カツ”の方が美味しい気がする。てか、あの”くらさきの鯨カツ”を使った”くじらかつめし”を食べてみたくなって来た・・・。
 
海賊食堂くじらかつめし(並)
ちなみにこちらは”くじらかつめし”に付いていた”味噌汁”で、”牛丼チェーンで出て来る味噌汁”と同じくほとんど具の無い内容で、味的にも可も無く不可も無く・・・。ま、付いているだけありがたい・・・と言うだけの様な”味噌汁”だったかな。
 
てな事で、少し前に食べた”鯨カツ”が美味しかったので、久々に『海賊食堂』にいって”くじらかつめし”を食べてみたのだが、こうやって続けて食べてみると味の差は歴然!てか、何と無くであるが私はもしかすると『長崎くらさき』の”鯨カツ”しか食べれ無くなってしまったのかも知れない。でも『海賊食堂』には”くじら定食”もあるし、一品メニューの中には”鯨の竜田揚げ”もあるので、今度はそちらを食べに行ってみる事にしよう・・・。

WordPress.com Blog.