義史のB型ワールド

2015年5月22日

山電高砂駅前にある”らぁめん房”の前を通ると新メニューで”和風とんこつ醤油味”ってのがあったので食べてみた!豚骨と魚介のWスープでオーソドックスな味ながらメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
偶に利用していた3年前のお盆の頃に山電高砂駅前に誕生したラーメン屋『高砂豚骨鶏ガラ らぁめん房』であるが、一通り目ぼしいメニューを制覇した事や、丁度1年前に行った時に食べた”にんにくWスープのらぁめん”に”ニンニク”が入って無かったとか、あるいは”餃子”の提供がメチャ遅くてしかもその焼き具合がイマイチだった事もあり、それ以来食べに行く事が無くなっていた。が、今年になってからだったかに、お店の前を通ると”チャーハン”のメニューが貼ってあった。でもこのお店は偶に若いネエチャン一人でやっている時もあるし、果たしてそんなネエチャンが”チャーハン”を作れるのか?と思ったので食べに行く事は無かった。が、それから暫く経ってお店の前を通ると今度はラーメンの新メニューの張り紙があったので、後日久々に食べに寄ってみた。
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房
こちらが久々に行って来た『高砂豚骨鶏ガラ らぁめん房』で、この時は日曜日の昼間と言う事もあってか割りと店内は閑散としていたのだが、日頃は夜の8時頃から駅前周辺で飲んだ後の〆でやって来るのか、はたまた最初からこのラーメンを目当てにやって来るのか、何時もお客さんで賑わっていて、実は遂最近も夜の時間にちょっと寄ってみたのだが、相変わらず客で一杯だった。そのおかげで生ビールもラーメンも出て来るまで結構待たされたのだが・・・。
 
ちなみにその待たされている間、暇だったから店内をあれこれ観察していたら、シャカシャカと言うようなチャーシューを機械でカットしているかの様な音が聞こえていたので、よくよく見ると何とそれは”チャーハン”を自動で作る機械の音だった。パッと見た感じ、白いご飯と具材、それに調味料を入れると後はグルグル?と廻って自動で”チャーハン”が出来上がるっぽい・・・。確かにこの方法だと、若いネエチャン一人でも”チャーハン”が作れると言う訳だ・・・。そう言えば『中華そば 幸楽苑』も似た様な機械を使っているんだったっけ・・・。全然関係無いが一時一世風靡した『びっくりラーメン』の”チャーライ”を思い浮かべてしまった・・・。
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房和風とんこつ醤油味
それはさて置きこちらが多分この春頃からお店の外の窓ガラスに貼っている新メニューのポスターで、それに寄ると”和風とんこつ醤油味”とか”濃厚鶏がらトマトラーメン”が新たに加わったらしい・・・。で、”トマトラーメン”の方には然程関心は湧かなかったのだが、”和風とんこつ醤油味”の説明を見ると私の好きそうな”濃厚なとんこつスープと魚介とカツオだしのコラボ”した物なんだとか。って事で、早速この”和風とんこつ醤油味”を注文!!!
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房和風とんこつ醤油味
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”和風とんこつ醤油味”で、お値段はちょっと高目の830円也。ご覧の様に定番のチャーシューの他にメンマや2種類のネギ、それに焼海苔の他、今までこのお店で食べたラーメンには”うずらの茹で玉子”がトッピングされていたのだが、何とこのラーメンには普通のニワトリの卵を使った茹で玉子(”味玉”だったのかも知れないが、味の浸み具合から判断すると、限りなく普通の茹で玉子に思えたのだが・・・)等が、麺が隠れるぐらいに載っていて中々豪華なラーメンだ。
 
そしてその感じのお味であるが”濃厚なとんこつスープと魚介とカツオだし”の如く・・・と言うのか何と無くこのお店で個人的に一番好きな”Wスープのらぁめん”に魚粉を加えただけの様な気もしないでは無い味だが、この手の少し甘目な鰹節系スープ、あるいはスガキヤラーメンのスープをもっと濃くして味を深めた様な感じで期待通り中々ウマい!個人的な感想だが、このお店の何種類かあるスープの中で、今回食べた”和風とんこつ醤油味”が一番美味しい!と言うのか、私の好みに合っている!
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房和風とんこつ醤油味
そしてこちらが”和風とんこつ醤油味”にトッピングされていた”チャーシュー”で、雰囲気的には今まで食べたこのお店のラーメンで使われていた物と全く同じであるが、その時は1枚しかトッピングされて無かった気がするのだが、このラーメンには2枚入っていたので何と無くリッチな気分!どうでも良いが、このラーメン屋さんは隣の居酒屋さんと同じ系列なので、多分以前に隣の居酒屋さんで食べた超ウマい”チャーシューネギパイ”も、これと同じ”チャーシュー”を使っているのだと思う・・・。
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房和風とんこつ醤油味
ちなみにこちらは”和風とんこつ醤油味”にトッピングされていた”味玉”と言うのか、私には限りなく普通の”半熟の茹で玉子”っぽかったが、他のラーメンに入っていた一口で食べ終えてしまえる”うずらの茹で玉子”に比べると、当たり前だがサイズも大きくて、黄身の半熟度も中々で普通に美味しい!そうなると他のラーメンにトッピングされている玉子も”うずら”のままなのかそうで無いのか気になる処であるが、遂最近も食べに行った時もこの”和風とんこつ醤油味”を頼んでしまったので、今の処定かでは無い・・・。
 
豚骨鶏ガラ らぁめん房和風とんこつ醤油味
そしてこちらが”和風とんこつ醤油味”の麺で、3年ぐらい前にこのお店が誕生した時太麺か細麺が選べたのだが、太麺は湯掻くのに時間が掛かる為か、数年前に一度無くなってしまったのだが、何時の間にか?あるいはこのラーメンの為に復活した様だ。で、当ブログで偶に書いている様に私は太麺好きな事もあってか、この少しモチモチとした食感の麺が”和風とんこつ醤油スープ”に絡んで中々ウマい!やっぱラーメンの麺は太麺に限る!と、個人的には思う・・・
 
てな事で、お店の前を通ると新メニュー登場の張り紙があったので久々に『高砂豚骨鶏ガラ らぁめん房』に行って”和風とんこつ醤油味”を食べてみたのだが、上でも書いた様に私好みの魚介風味満載のスープで中々美味しかった。そう言えばこのお店の”Wスープのらぁめん”は”鶏と豚のWスープ”だったのだが、この”和風とんこつ醤油味”は”動物系と魚介系のWスープ”と言う事で、漸く本来の姿の”Wスープのラーメン”が完成したのでは?と言う気もする。それはさて置き、次回は機械で作るチャーハンを食べてみたいと思うのであった!

少し前に吉野家へ行った時に貰った50円の割引券の有効期限が迫って来たので、それを使って再発売された”牛バラ野菜焼定食”を食べてみた!これで以前の490円だったら価値はあるのだけどなあ・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:05 PM
 
代理人記録
 
話は前後するが、昨日の”ベジ丼”を食べた記事の中でも書いた様に、最近『吉野家』へ行く度に”50円引き券”が貰えるので貧乏性な私としては、例え50円と言えども粗末に扱う事が出来ないと思い、その券を使いに『吉野家』へ行っているのだが、4月の中旬頃に行った時に昨年に続いて復活販売が始まった”牛バラ野菜焼定食”を食べてみたのでご紹介。
 
吉野家/加古川駅北口店
こちらがまたまた行って来た『吉野家/加古川駅北口店』で、この日は土曜日の午前11時半過ぎの訪問と言う事もあってか、既に店内は大賑わいで大半のテーブル席が客で埋まっている。しかもこのお店はテーブル席の方が多いと言う事もあって居心地が良いのか、食べ終えた後もスマホをいじりながら居座っている若い兄ちゃんが何人もいる・・・。そう言う点では他のお店と比べて客の回転は悪いかも知れない・・・。
 
吉野家お試し割引券50円引き券
ちなみにこちらが以前に『吉野家』に来た時(正確には”吉呑み”に来た時かな?)に貰った”お試し割引券50円引き券”で、この記事の後半で紹介する”50円引き券”は”牛バラ野菜焼定食”にしか使えない券なのだが、この券はご覧の様に”丼・定食・カレー・鍋膳”等のメイン料理全てに使える便利な券だ。
 
吉野家牛バラ野菜焼定食フェアメニュー
そしてこちらがまたまた販売が開始された”牛バラ野菜焼定食”のフェアメニューで、『吉野家』の案内に寄ると”旨みが凝縮された熟成牛バラ肉と たっぷり野菜で、より美味しくなった「牛バラ野菜焼」”との事。ちなみに昨年の春頃に一部店舗で先行販売された時は590円だったが、夏頃に全国で販売が開始された時は490円とお手頃価格に値下げされていたのだが、残念ながら今回は世間一般の情勢を考慮してか、またまた590円に戻っている様だ。どうせなら間の540円ぐらいで販売してくれたらお得感はありそうな気がするのだが・・・。
 
吉野家牛バラ野菜焼定食吉野家牛バラ野菜焼定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”牛バラ野菜焼定食”で、ご飯と味噌汁がセットになって通常価格590円の処、先にも書いた様に”50円引き券”利用で540円也。以前に590円で販売されていた時に付いていた”みじん切り状の漬物の小鉢”は、490円で販売された時と同じく今回も付いて無かった・・・。そう考えると肉が”熟成牛バラ肉”になった事で100円値上げされた?って事なのかな?”牛丼”が100円値上げられるとニュースがなる割に”牛バラ野菜焼定食”が値上げされても話題にはならんのか・・・
 
吉野家牛バラ野菜焼定食
そしてこちらが”牛バラ野菜焼定食”のメインである”牛バラ野菜焼”で、またまた『吉野家』の商品説明に寄ると”熟成牛バラ肉と野菜(玉ねぎ、キャベツ、人参、ニラ)を直火コンロで焼き、特製のタレとなじませて食べる。今回の販売に当たり、玉ねぎを増量させることで、旨みや自然な甘さを引き立たせた。また、鍋の材質・形状を改良するとともに、火加減を見直したことで、最後まで美味しく召し上がっていただける商品に仕上げた”らしい・・・。
 
で、肝心の味の方であるが、私はこの”牛バラ野菜焼定食”が販売される度に食べているのだが、残念ながら前回食べた時の味をはっきりとは覚えて無いし、”熟成牛バラ肉”に変わったとか”玉ねぎが増量”したとか細かい点も良く判らなかったが、この手の”牛肉入り野菜炒め”として白いご飯との相性も良く中々ウマい!ちなみに以前食べた時の印象では最後の方は煮詰まって来て野菜とかが焦げて来た様な気がするが、鍋が改良されたからなのか火加減を調整したからなのか、確かにこの時はそんな事も無く最後まで普通の焼け具合で食べる事が出来た様な気がする・・・。
 
吉野家牛バラ野菜焼定食
ちなみにこちらは”牛バラ野菜焼定食”に付いていた”みそ汁”で、何時もと同じく具はワカメとネギのみの至ってシンプル内容で可も無く不可も無く・・・。”牛バラ野菜焼”を改善するのも良いけど、この”みそ汁”ももっと美味しく?あるいは具沢山にして欲しい気がする・・・。
 
吉野家牛バラ野菜焼50円引き券
てな事で、以前に『吉野家』へ行った時に”50円引き券”を貰ったので、リニューアル販売された”牛バラ野菜焼定食”を食べてみたのだが、案の定この時も帰り際に”牛バラ野菜焼”の”50円引き券”をくれたので、折角なのでもう一度食べに行って来たので続けてご紹介。
 
吉野家牛バラ野菜焼定食とん汁変更
こちらが再び食べに行った”牛バラ野菜焼定食”で、流石に先に食べたのと同じ内容ではつまらんし、ブログのネタにもならん!また”みそ汁”もイマイチだと思い、今回はプラス100円追加して”みそ汁”を”とん汁”に変更したので、お値段は”50円引き券”を利用して640円也。一瞬、”とん汁”代が100円?と勘違いしそうになるが、これは”みそ汁”代との差額金額なので、”とん汁”単品で頼むと160円だ。そう考えると”かつやのとん汁”がメチャ良心的な金額の様に思えて来た・・・。
 
吉野家牛バラ野菜焼
そしてこちらがこの時に食べた”牛バラ野菜焼”で、味や内容は上で書いた時にと基本的に同じだが、この写真と先に紹介した写真の肉を見比べると、今回の方は肉が結構細切れだった様な気がする・・・。
 
吉野家牛バラ野菜焼定食のとん汁
そしてこちらが100円追加して”みそ汁”から変更した”とん汁”で、この写真だけでは良く判らないが、具には細かく刻んだ豚肉の他に、大根、人参、ゴボウ等が入ったオーソドックスな内容で普通にウマい。とは言え”かつやのとん汁”に毒されてしまった私には、”かつやのとん汁”の方が圧倒的に内容が濃いし味も美味しい様な気がする。そもそも150円だせば”とん汁(大)”が食べれるもんなあ・・・。
 
てな事で、最近はJAFから送られて来る会報誌に同封されているチラシに必ずと言って良い程”50円割引券”が付いて来るし、それを使いに行くとまたまた”50円引き券”が貰えるので、また食べに行ってしまっている・・・。有効期限が短い事もあって『かつや』以上のハイペースな訪問になって来てしまった。とは言え毎回”牛バラ野菜焼定食”を食べるのも飽きて来たので、これまた以前に一時だけ販売された”鍋焼き牛カルビ野菜定食”も食べてみたい気がするのだが、あれ以来メニューに登場して無い様な気がする。ま、内容的には違いは良く判らんかったけど・・・。

WordPress.com Blog.