義史のB型ワールド

2015年5月17日

またまたカレーハウスのCoCo壱へ行くと期間限定で”桜えびとあさりの春爛漫カレー”ってのがあったので食べてみた!少し鰹節の風味が加わったカレーで、意外とウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
20数年前、私が京都に住んでいた頃、店内に置いてあった週刊漫画雑誌を目当てに毎週1回は食べに行っていたカレーハウス CoCo壱番屋』であるが、最近はそこまでの回数は行って無い物の、定期的に登場する期間限定のフェアメニューに釣られて数か月に1回ぐらいの割合で食べに行っている。この日もそろそろ新しいフェアメニューが登場した頃だと思い、またまた食べに行ってみた。
 
カレーハウスCoCo壱番屋/加古川平岡店
こちらがまたまた行って来た『カレーハウス CoCo壱番屋/加古川平岡店』で、この日は少し時間が早めの午前11時半頃の訪問だったのだが、既に先客が何組か居た。そう言えば30年前に毎週の如く食べに行っていた頃は、仕事終わりの帰宅途中で食べに寄っていたので昼間に行く事は無かったので、その頃の昼間の集客がどれ程の物だったかは定かでは無いが、このお店のランチタイムは結構賑わっている様だ。
 
CoCo壱番屋桜えびとあさりの春爛漫カレーフェアメニュー
そしてこちらがこの時に販売されていた期間限定のフェアメニューで、今回は”桜えびあさり春爛漫カレー ~宗田鰹の和風仕立て~”で、その内容は”桜えびとあさりをはじめ、たけのこ、スナップエンドウ、キャベツが入って春の味覚満載。宗田鰹で和風に仕上げた春を感じるカレー”との事。写真を見ると少し前に姫路で食べた惣菜入りの”名古屋まつおかカレー”に似ている様にも見えたが、取り敢えず食べてみる事に決定!!!
 
CoCo壱番屋桜えびとあさりの春爛漫カレー
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”桜えびあさり春爛漫カレー ~宗田鰹の和風仕立て~”で、お値段は税込価格790円也。ご覧の様に”桜えび、あさり、たけのこ、スナップエンドウ、キャベツ”等の普段はカレーに入って無い様な具が沢山入っていて、私の大好きな”野菜のカレー”とか”グランド・マザー・カレー”とはまた違った印象。更にカレールーの中に宗田鰹が入っているからなのか、何時もの”ココイチのポークカレー”の味に上品な甘さが加わった様な感じで意外とウマい!偶にフェアメニューのカレーは不味いと思う時があるのだが、この日は久々に良く出来たカレー?と言う印象だったかな。
 
CoCo壱番屋桜えびとあさりの春爛漫カレー
ちなみにこちらは桜えびあさり春爛漫カレー”に入っていた”桜えび”と”あさり”で、”あさり”は兎も角として”桜えび”の食感が加わって、カレーの味にもマッチしていて中々美味しかった。そう言えば少し前には”スシローで生桜えびの寿司”を食べたし、未だ紹介して無いが最近も”干し海老入り まねきのえきそば”を食べたし、私自身が結構”桜えび”が好きなのかも知れない・・・
 
てな事で、またまた『カレーハウス CoCo壱番屋』に行ってこの日も期間限定のフェアメニューの”桜えびあさり春爛漫カレー”を食べたのだが、今回食べたカレーは意外と美味しかった気がする・・・。それは兎も角として、以前は”月刊ココイチ”とか”夜ココ”等の呼び名を付けてフェアを開催していたのだが、何と無くであるが何時の間にか自然消滅してしまった様な気が・・・。ま、そもそもこんな期間限定のフェア自体30年前に毎週の如く食べに行っていた頃には無かったのだが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。