義史のB型ワールド

2015年5月10日

毎度お馴染みの”丸亀製麺”で”だし玉肉うどん”を食べてみた。トッピングの”牛しぐれ煮入りだし巻き玉子”が単体でもご飯のおかずになりそうで中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:30 PM
 
代理人記録
 
3月の下旬頃に、人気のセルフうどんチェーン『丸亀製麺』で販売が開始された”だし玉肉うどん”を食べたのだが既に発売が開始されてから2ヵ月近くになるし、TVでCMもバンバン流れているので、何を今更と言う気がして来たので、取り敢えず食べたと言う記録として後から参考にする為に簡単にご紹介。
 
釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店
こちらがまたまた行って来た加古川市役所近くにある『釜揚げうどん専門店 丸亀製麺/加古川店』で、当ブログでも度々書いている様に『丸亀製麺』の記念すべき1号店で、私はこの1号店しか無い頃からずっとこのお店でばかり食べている事もあって、他の支店には食べに行った覚えがほとんど無い・・・。
 
丸亀製麺だし玉肉うどんフェアメニュー
そしてこちらが今現在も販売されている”だし玉肉うどん”のフェアメニューで、『丸亀製麺』の商品説明に寄ると”ひとつずつ手焼きされる大きなだし巻き玉子をモチモチのうどんにのせた、食べごたえ満点のメニュー。だし巻き玉子の中には、うどんに使う「かえし醤油」で炊いた甘辛い牛しぐれ煮がたっぷり詰まっている”との事。何かウマそうなので、迷う事無く早速注文!!!
 
丸亀製麺だし玉肉うどんポップ丸亀製麺だし玉肉うどんポップ丸亀製麺だし玉肉うどんポップ
それはさて置き、この”だし玉肉うどん”は注文が入ってから”だし玉”を焼き始めるから時間がかかる・・・って事で、出来上がり次第に席まで運んでくれると言うので、先に席に着くとこの様な”だし玉肉うどん”のこだわりやら食べ方が書いたポップが置いてあったので、それを読みながら待つ事に・・・。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん
で、数分待って漸く運ばれて来たのがこちらの”だし玉肉うどん”と、それだけでは少し寂しそうな気がしたので、思わず手にした”鮭おむすび”で、お値段はそれぞれ590円と130円で、合計金額は720円也。ご覧の様に好みで”だし玉肉うどん”に追加する”大根おろし”と粉が入った小さな小皿が付いて来た。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん
そしてこちらが”だし玉肉うどん”で、ご覧の様に”あんかけだしのうどん”の上に”牛しぐれ煮が入っただし玉”がトッピングされただけのシンプルな内容だが中々ウマそう!ちなみに『丸亀製麺』の商品説明に寄ると”半熟でふわふわの玉子のやさしい味わいに加え、肉の旨みがたっぷり染み込んだ牛しぐれ煮の味わいが楽しめる”らしい。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん
てな事で、早速”だし玉肉うどん”にトッピングされていた”だし巻き玉子”を割って見ると中からはこの様な”肉の旨みがたっぷり染み込んだ牛しぐれ煮”が出て来た。この”牛しぐれ煮”は少し甘目だが、確かに玉子との相性も良くて中々ウマい!この日は思わず”鮭おむすび”を選んでしまったのだが、この”だし玉”なら白いご飯と一緒に食べたかったかも・・・。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん丸亀製麺だし玉肉うどん
で、一通り”だし玉肉うどん”を味わった後、折角なので添付の”大根おろし”を加えて見ると、何と”大根おろし”の中にはほとんど塊のままの”大根”も入っていた。きっとお店が忙しくて仕事がおろそかになった?あるいは機械を使っておろした後の最後の切残しなのかも・・・。が、このほとんど素の状態の”大根”をそのままかじってみると、煮込まれて無い”おでんの大根”の様でそれなりに美味しかった様な気もする・・・。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん丸亀製麺だし玉肉うどん
そしてこちらはセルフでトッピングした”天かす”と”ネギ”で、今度は”天かす”の中に天ぷらのネタのカボチャの小さな切れ端が入っていて何か得した気分・・・。大して”ネギ”はちょっと小皿に盛り過ぎた様で、勿体無いから取り敢えず全部入れたのだが、何と無くネギまみれのうどんになってしまった・・・。”だし玉”の中にも”ネギ”が入っていたので、トッピングの”ネギ”は無くても良かったのかも知れない・・・。
 
丸亀製麺だし玉肉うどん
ちなみに他にもこの様な”山椒の粉”の様な物も付いて来たのだが、食べ方の説明の中に”さらに生姜を加えることでさっぱりと食べられる”と書いてあったので、もしかしたら”生姜の粉”だったのかな?ちょっと味見したけど、余り私の好みの味では無かったので、ほとんど使わなかったので、私には最初から不要の粉だった気はするが・・・。
 
丸亀製麺鮭おむすび
そしてこちらが”だし玉肉うどん”と一緒に食べた”鮭おむすび”で、食べる前から”鮭のほぐし身”が零れてしまって、少し見た目は良く無いが、うどんの出汁を飲みながら、あるいは”牛しぐれ煮入りのだし玉”と一緒に食べると中々美味しかった。ま、上で少し書いたが、相性としては白いご飯だけの方が良かった様な気もしたが・・・。
 
てな事で、またまた『丸亀製麺』に行ってこの日も期間限定のフェアメニューの”だし玉肉うどん”を食べてみたのだが、”玉子とじうどん”とも”肉うどん”とも違った味わいがあって中々美味しかった。もしかすると今まで『丸亀製麺』で食べたフェアメニューの中で1番美味しかったかも・・・。また美味しそうなフェアメニューが登場した時、食べに行ってみよっと!

毎度お馴染みの”餃子の王将”で全ての食材を”国産”に拘ったと言う”日本ラーメン”とやらを食べてみた!あっさり和風出汁で中々美味しいのだけど値段を考えると280円の”ニッパチラーメン”で十分かな。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:49 PM
 
代理人記録
 
2月の下旬頃だったかに『餃子の王将』の前を通ると、何やら”日本ラーメン”なるポスターが貼ってあったので、3月の下旬頃になって漸く食べてみたのだが、既に発売が開始されてから3ヵ月近くになるし、TVでCMもバンバン流れているので、何を今更と言う気がして来たので、取り敢えず食べたと言う記録として後から参考にする為に簡単にご紹介。
 
餃子の王将日本ラーメン
ちなみにこちらが『餃子の王将』の”日本ラーメン”で、何が”日本ラーメン”なのかと言うと”全て国産食材で彩られた白しょうゆ風味の国産ラーメン”なんだとか。そう言えば王将の看板商品でもある”餃子”も一足先に全て食材が国産化されていたが、ラーメンもそうなった?って事?でも値段がちょっと高い気もするが・・・。
 
餃子の王将/加古川平野店
それはさて置きこちらが久々に行って来た『餃子の王将/加古川平野店』で、このお店には他の『餃子の王将』には無い280円の”ニッパチラーメン”なるメニューがあるのだが、敢えてそのお得な”ニッパチラーメン”を食べるのを止めて今回は税込価格734円もする”日本ラーメン”とやらを食べる事に決めたのだった
 
餃子の王将日本ラーメン
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日本ラーメン”で、お値段は税込価格734円也。全ての食材を国産化したと言う事もあって価格がちょっとお高目・・・。が、私が食べた数日後にフェアで100円引きぐらいで販売されていたので、安くなってから食べたら良かったと少し後悔・・・。ちなみに写真を見ると”花かつお”がトッピングされていたが、ご覧の様に自分でトッピングする様に小皿に入って付いていた。
 
餃子の王将日本ラーメン
そしてこちらが”花かつお”をトッピングする前の”日本ラーメン”で、その”こだわり国産スープ”は”国産の鶏肉と鶏ガラ・豚肉と豚ガラに、北海道産の利尻昆布と鹿児島県枕崎市産鰹節を使用”したらしく半透明なあっさり系のスープで、全ての食材が国産かどうかは兎も角として、あっさり系のスープで確かに旨い!これで王将価格の590円ぐらい?だったら納得が行く味かも知れない。
 
餃子の王将日本ラーメン
そしてこちらは”日本ラーメン”にトッピングされていた”こだわり国産チャーシュー”で、メニューの説明に寄ると”国産豚肉の特徴であるコクと旨味と柔らかさを最大限に引き立てた味付け”らしく、そう言われて食べるとこちらも中々ウマい!が、国産に拘らなければ、以前に税込価格594円で食べた”超こってりラーメン”に入っていた”厚切り炙りチャーシュー”の方が、食べ応えもあったし味も悪くは無かった様な気もするが・・・。
 
餃子の王将日本ラーメン
そしてこちらが”日本ラーメン”の”こだわり国産麺(国産小麦粉100%)”で、またまたメニューの説明に寄ると”国産小麦粉の風味を活かし、モチモチな食感と、つるっつるののど越し”の麺らしい。こちらもそう言われて食べてみると何時もの”王将のラーメン”の麺とは違う様な気はするが、とは言えラーメン専門店の自家製麺と比べるとどうなの?と言う様な麺だったかな。
 
餃子の王将日本ラーメン
ちなみにこちらは”日本ラーメン”にトッピングされていた”味玉”で、個人的に定食やセット物に付いている時ぐらいでしか”王将のラーメン”を食べる事が無いので、”王将の味玉”を食べた記憶が余り無いのだが、煮込み具合は不十分な感じだが、卵黄の半熟度と色艶は中々で結構ウマい!この”味玉”も国産なのかどうかは定かでは無いが、こちらは”ラーメン専門店の味玉”と比べても遜色無く美味しかった
 
餃子の王将日本ラーメン餃子の王将日本ラーメン
で、折角なので”日本ラーメン”を半分近く食べた処で、添付の”花かつお”を加えて食べると、当然の如く”花かつお”の風味が加わって、私の大好きな魚介系風味のするスープな味わいが出て来て、これもまた美味しかったかな
 
てな事で、『餃子の王将』から新発売された”日本ラーメン”を食べてみたのだが、全ての食材が国産からなのかどうかは定かでは無いが、あっさりしたスープの中々美味しいラーメンだった。とは言え『餃子の王将』に行って税込価格734円で食べる価値があるかどうかは、ちょっと微妙な気がしないでも無い・・・。てか、やっぱり私には質より値段(そもそも価格差が大きい)って事で、”ニッパチラーメン”で十分な気がする・・・。

WordPress.com Blog.