義史のB型ワールド

2015年5月9日

久々に行った”焼肉志方亭”で”豚ステーキ御膳”を食べた!イメージしていた”トンテキ”とは少し違ったが、ランチメニューの中では1番お得感があるかも?

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:31 PM
 
代理人記録
 
此処最近、焼肉屋さんにランチを食べに行ってちょっと怪しげな”ワールドライス”や、最近プチブームになっている”ローストビーフ丼”等を食べたりしていたのだが、ふと焼肉屋さんのランチで思い出したのが、偶に食べに行っている加古川尾上にある『焼肉 志方亭』のランチメニューにある”好きナベランチ”の事。内容的に冬場しかメニューに登場しない様だったので冬になったら食べに行こうと思いつつ、すっかり忘れていたので、久々に食べに行ってみた。
 
焼肉 志方亭焼肉 志方亭
こちらが今回、久々に行って来た『焼肉 志方亭』で、この日はちょっと遅めの午後1時近くの訪問だったのだが、未だ店内には数組食事中のお客さんがいた。とは言っても、これまた加古川尾上にある『焼肉 北義』のランチタイムの様に何時も満席で大賑わいとは対照的に、何時来ても2~3組ぐらいのお客さんしか入って無い様な気がする。ま、『焼肉 北義』には520円の定食があるから、それに釣られてお客さんが沢山入っている様な気はするが・・・。
 
焼肉 志方亭ランチ メニュー焼肉 志方亭ランチ メニュー
それはさて置きこちらがこの日の『焼肉 志方亭』のランチメニューで、残念ながらと言うのか案の定と言うのか春になってメニューを新しくした様で、私が食べたかった”好きナベランチ”はメニューから消え、代わりに新メニューとして”豚カツメシ”や”ホルモン焼きそば”等が増えている様だ。それにしても”豚カツメシ”の値段を見ると”牛カツメシ”と同じ1000円ってのはちょっとびっくり・・・。また近い内に食べてみたいと思うが、今回はこれまた以前から一度は食べてみようと思っていた”豚ステーキ御膳”とやらを食べる事に決定!!!
 
志方亭豚ステーキ御膳
で、このお店のランチタイムはドリンクバーも無料で付いて来るのだが、それとは別に”特製野菜&フルーツジュース”も付いていて、先ず最初に運ばれて来た。個人的にはこのジュースはお店に来る度に飲んでいるのだが、以前飲んだジュースは緑色っぽかったのだが、今回のは何と無く茶色っぽい。きっと季節の野菜かフルーツに関係しているのだと思うが、色から想像するとバナナでも入っているかのようで、何と無く少し甘目だが中々ウマい焼肉屋さんのランチでフルーツジュースと言えば明姫幹線沿いの播磨町近くにある『焼肉レストラン よつば亭』でもフルーツジュースがあってそちらも結構お気に入りであるが、何と無く健康的なイメージがあってこのお店のジュースの方が好きかも・・・。
 
志方亭豚ステーキ御膳志方亭豚ステーキ御膳
そしてその次に運ばれて来たのがランチに付いている”スープ”で、私がこのお店に来るのが偶にしか無いので日替りなのかどうか定かでは無いが、毎回内容が異なるスープが出て来る。で、この日はちょっと濃い目の味の”牛テールスープ”か”オニオンスープ”っぽい感じの物で、こちらも中々ウマい!今の処、このお店のランチで出て来る”スープ”にハズレは無い
 
志方亭豚ステーキ御膳
そんなこんなしていると間も無くして運ばれて来たのがこちらの”豚ステーキ御膳”で、先に出て来た”特製野菜&フルーツジュース”や”スープ”、それにドリンクバーも付いてお値段は1000円ぽっきり。メインの料理が牛肉では無く豚肉なので単純比較は出来ないが、今までこのお店で食べたランチの中では1番お得感がある様な気がする。
 
志方亭豚ステーキ御膳志方亭豚ステーキ御膳
そしてこちらが”豚ステーキ御膳”のメインの”豚ステーキ”で、パッと見た感じでは私の大好きな”四日市とんてき”とか、少し前に”ステーキけんで食べたガリトン”とは全く異なる一口大にカットされた”豚肉のステーキ”で、その上には大根おろしが入った和風ソースがたっぷりとかかっていて、ちょっとイメージしていたニンニク風味は全く無いが、白いご飯との相性も良く中々ウマい!流石に豚肉自体の味は昨年の秋頃に食べた”姫路ブランド豚の桃色吐息”の方が美味しかった気はするが、全体的には中々美味しい豚ステーキ”だった。
 
志方亭豚ステーキ御膳
そしてこちらは”豚ステーキ御膳”に付いている”ご飯やサラダが入った重箱”で、この中に入っている小鉢の料理も毎回変わっていて中々楽しい。そう考えるとこのお店のランチタイムの人気メニューである”驚きのカツメシ”には、この重箱は付いて無いからちょっと寂しく感じるかも知れない・・・。
 
志方亭豚ステーキ御膳志方亭豚ステーキ御膳
それはさて置き、先ずは重箱の右上にあるサラダから食べてみると、ご覧の様にこのお店は普通の野菜を使ったサラダと言うよりはフルーツがたっぷりと入ったフルーツサラダになっていて、普段食べるサラダとは違った味わいがあって中々ウマい!個人的にもこのフルーツサラダ何度食べても価値がある様な気がする。きっと毎日このフルーツサラダを食べていると体が健康的になる様な気がする・・・
 
志方亭豚ステーキ御膳
そしてこちらは重箱の右手前にあった小鉢で、どうやら”生春巻”の様だ。で、一体何が巻いてあるのかと思いきや定番の野菜の他に、焼肉屋さんと言う事もあってか、ベーコン?かあるいは焼豚?の様な物が入っていて、肉系大好きな私と言う事もありこの”生春巻”も中々ウマい!この”生春巻”ならもう後2~3個あっても良かったのになあ・・・。
 
志方亭豚ステーキ御膳
ちなみにこちらは重箱の左上の仕切りの中にあった”切干大根”と”漬物”で、こちらは特に大きなインパクトの無い極々普通で見た目通りの味の”切干大根”と”漬物”だった・・・。
 
志方亭豚ステーキ御膳
で、”豚ステーキ御膳”を食べ終えた後、折角無料でドリンクバーが付いているって事で、この日も食後のホットコーヒーを飲んでみた。私は1杯飲めば十分だが、もしもコーヒー好きな方であれば何杯飲んでも無料なので、そう考えると1000円でもお得な価格の様な気がする。
 
志方亭豚ステーキ御膳
そんなこんなで食後のコーヒーを飲んでいたら間も無くして”豚ステーキ御膳”に付いているデザートが運ばれて来た。その内容はと言うとご覧の様な”抹茶のムース、わらび餅、クリームと餡子”の何と無く和洋折衷な雰囲気のする見た目にも可愛いデザートで、どれも中々美味しかったかな。
 
てな事で、最近あちらこちらの焼肉屋さんに行って丼系のランチを食べていたのだが、ふと以前から偶に利用していた『焼肉 志方亭』のランチメニューの中にあった”好きナベランチ”を食べてみたくなって久々に食べに行ってみたのだが、残念ながら既にメニューが入れ替わっていたので、代わりに”豚ステーキ御膳”を食べたのだが、私の大好きな”四日市とんてき”とは少し違っていたが中々美味しい上にお得感のある豚ステーキ御膳”だった。って事で、また近々新しくメニューに加わった”豚カツメシ”を食べに行ってみようと思う・・・。

以前に吉野家に行った時に50円引き券を貰ったので久々に”旨辛カレー”を食べてみた!確かに少し辛いが味的には”コク旨カレー”の方が好きかな。

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:12 PM
 
代理人記録
 
未だ牛丼チェーンの『吉野家』のメニューの中にカレーが存在しなかった20年ぐらい前、東京では一足先に『吉野家』グループが展開するカレー専門店があった(名前は『吉野家』では無い)。当時からカレー大好きな私だったので、東京へ出張する度に一度食べてみようと思いつつも、遥々と東京まで行ったからには、もっと旨い物を食べた方が・・・と言う理由から一度も食べた事が無かった。
 
が、それから数年後、世界レベルでB.S.E問題が発生し、『吉野家』を初めとして各牛丼チェーンから看板商品の”牛丼”がメニューから消えた!それを補う為に『吉野家』では”豚丼”(今現在販売している様な”炭火焼タイプの豚丼”では無く”煮込みタイプの豚丼”)を投入し、更にはカレー遂にメニューの中に登場したので私も初めて吉野家のカレー”とやらを食べたのだった。それから数年経ってメニューの中に”牛丼”が復活してからも、相変わらず『吉野家』ではカレーの販売を続けているのだが、少し前に『吉野家』へ行ったら”50円引券”を貰ったので、久々に”吉野家のカレー”を食べてみる事にした。
 
吉野家/250号線加古川店
こちらが久々に行って来た『吉野家/250号線加古川店』で、この時は午後12時半過ぎの訪問だったのだが、既にランチタイムのピークは過ぎたのか、あるいは最近再販売が開始された”牛バラ野菜焼定食”が未だメニューに登場する前だったからなのか、店内は閑散としていた・・・(でもドライブスルーは結構買いに来ていた様な気もするが・・・)。
 
吉野家50円引きお試し割引券
ちなみにこちらが以前に『吉野家』に行った時に貰った”50円引きお試し割引券”で、実は最近もJAFのチラシに付いていた”50円引き券”を使いに行った時にも似た様な割引券を貰ったのだが、それは”牛バラ野菜焼定食”が50円引きになる券と、サイドメニューのサラダや豚汁等が50円引きになる券だったのだが、この券は全ての商品に使える!って事で、早速この券を使って”旨辛カレー”を注文!!!
 
吉野家旨辛カレー
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”旨辛カレー”で、通常税込価格350円の処、この日は”50円引き券”利用で300円也。『吉野家』の商品説明に寄ると”たっぷり煮込みたっぷりの野菜、ジャガイモとニンジンを大振りの角切りにしてゴロゴロ感を残しながら煮込むと共に、「こく」と「香り」を追求しました”との事。あるいは3年ぐらい前に”吉野家のカレー”の味がリニューアルされた時の商品説明に寄ると”マンゴー、りんご、トマトをあわせて煮込むことで、スパイシーさをより一層引き立て、香味ゆたかな味に仕上げた旨辛カレー”とかだった。
 
で、この”旨辛カレー”の味であるが、確かに少しスパイシーで、もう一つのメニューである”こく旨カレー”に比べると辛いのだが、コクを感じるかと言うとちょっと微妙・・・で、何と無くであるが”こく旨カレー”の方が美味しい様な・・・。てか、それ以前に最近はファミレス等でも食べ放題のカレーが提供されていて、下手をすればそちらの方が美味しいと思う様な味のカレーだった気もする・・・。やっぱ『吉野家』へ来た時は素直に”吉牛”か”牛すき鍋膳”を食べるのが正解かも知れない・・・。

WordPress.com Blog.