義史のB型ワールド

2015年5月6日

またまた大阪に住む先輩がやって来られたので久々に鉄板居酒屋のお店に行ったら予約で満席だったので何時もの居酒屋へ。が、その後恒例のダーツバーが閉まっていたので加古川まで行ってダーツをして来た・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:11 午後
 
代理人記録
 
時々書いている様に、最近大阪に住んでいる先輩が3カ月に一回位の割合でこちら方面へやって来る様になった。で、その度に山電高砂駅で待合せてちょこっとお酒を飲みに行くのだが、前回は『くしや もつや ぶっちぎり』に行ったのでこの日は久々に、これまた直ぐ近くにある『鉄板伊酒屋 ゑべっさん』に行ってみたら何と満席で入れない!確かにこの日は週末金曜日のお店が混む日ではあったが、時間は未だ午後6時前だったので、空いていると思っていたのだが・・・(もしかしたら予約が入っているから入店が断られたのかも・・・)。仕方が無いので、取り敢えず『くしや もつや ぶっちぎり』に行ってみるとカウンター席なら空いていると言うので、結局この日も『くしや もつや ぶっちぎり』に行く事になった。
 
くしやもつやぶっちぎり
こちらが久々に行って来た山電高砂駅前にある居酒屋の『くしや もつや ぶっちぎり』で、今書いた様に週末は当然として連日大人気の居酒屋さんだ。しかも以前は日曜日は定休日だったのだが、最近は日曜日も営業し始めたみたい。で、この時は後からもう一人の先輩も来る話になったので、もしかしたらカウンターも一杯になると困るので、カウンター席を3席分キープしたのだが、案の定その後直ぐにカウンターも全て埋まってしまい、店内は完全に満席になってしまった・・・。ちなみに入口近くのカウンター席に座っていたので、入って来る客の姿が否応なしに目に入ったのだが、何故かこの日は若いオネエチャンの客が多かった様な・・・。昼間一体何処にこれだけの若いオネエチャンが居るのか、ちょっと不思議だった・・・。
 
くしやもつやぶっちぎりのメニューくしやもつやぶっちぎりのメニュー
それはさて置き、こちらがこの日のお店オススメのメニューなのだが、前回訪問時に食べた”チャーシューネギパイ”がメチャウマかったので、この日もぜひ食べ様と思ってメニューの中から探したのだが見当たらない・・・。それでも諦め切れないのでスタッフのネエチャンに確認すると、この日は無いとの事・・・。えーっ・・・”チャーシューネギパイ”を楽しみにこのお店に来たのになあ・・・と思いつつも無いものは無い・・・。って事で相も変わらず何時もと同じ様な料理を食べただけなのだが、後々の参考の為に簡単にご紹介・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり冷奴
先ず最初に運ばれて来たのは、先輩が必ず頼む冷奴”。今回は私も味見を全くしなかったので、味はどうだったか判らないのだが、見た目は至って普通の”冷奴”だ。
 
くしやもつやぶっちぎり串カツ
続いて運ばれて来たのがこれまたこのお店に来ると必ず頼んでいる串カツ”で、ネタは””と”たまねぎ”の2種をそれぞれ1本ずつ・・・。後から当ブログの過去記事を見ると、毎回最初に頼んでいる”串カツ”と全く同じだった・・・。人の好みは滅多な事では変わらないって事か・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり三田ポークステーキ
そしてその次に運ばれて来たのが、このお店で初めて食べる”三田ポークステーキ”?だったと思うのだが、ご覧の様に”ステーキ”と言うよりは”豚バラ肉炒め”に近い様な料理だ。もしかしたら私の勘違いで、そう言ったネーミングの料理だったかも知れない・・・。で、味の方はと言うとこの後結構酔っ払った事もあって、全然覚えて無いのだが・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり地鶏串焼き
そしてこちらはこれまたこのお店に来た時に必ずと言って頼んでいる地鶏串焼き”で、左から”こころ、皮、とり身”・・・だったと思う・・・。例に寄って私が食べたのは””のみだが、普通に美味しい鳥皮の焼鳥”だった。
 
くしやもつやぶっちぎり牛ハラミのわら焼
続いて運ばれて来たのはこのお店の名物料理の一つ”わら焼き”の中から”牛ハラミのわら焼き”。こちらもはっきりとした味の記憶は無いのだが、普通に焼肉屋で食べる様な”牛ハラミ肉”と同じ様な物だった気がする・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり春キャベツと豚バラの炒め物
そしてこの辺りから追加で頼んだ料理で、先ず最初は季節物と言う事で”春キャベツと豚バラの炒め物”を食べてみた。ご覧の通り、料理名そのマンマの内容で可も無く不可も無く・・・みたいな印象だったかな・・・。
 
くしやもつやぶっちぎり串カツ
そしてこちらはこれまた追加して食べた”串カツ”で、その内容はこれまた毎回必ず頼む”海老”と”ソーセージ”をそれぞれ1本ずつ。ちなみに以前に”大ぷりえび”と言うちょっと大き目の”海老の串カツ”を食べた事もあるのだが、普通サイズでも十分に大きいし値段も安いので、普通サイズの方で十分な気がする。
 
くしやもつやぶっちぎりサクッとり天くしやもつやぶっちぎりサクッとり天
そしていよいよ料理も終盤、こちらはお店に入った時にちょっと食べて見たかった”サクッとり天”で、小鉢に入った赤い物も付いて来たので”とり天”に浸けて食べる”もみじおろし”かと思いきや”明太子”だった・・・。個人的に”明太子”は苦手だし、普通に”大分名物のとり天”を食べる時の様な”ポン酢”か、あるいは”辛子醤油”が欲しかったのだが・・・。ま、味的には普通に美味しいとり天”だったかな。
 
くしやもつやぶっちぎり牛トロ炙りにぎり
そして最後の〆で頼んだのが、この手のメニューが有れば必ずと言って良い程頼んでいる”牛トロ炙りにぎり”で、流石に昨年の夏に”志方亭で食べた牛肉のにぎりずし”程のウマさは無かったが、中々しっかりした肉の味がする”牛トロ炙りにぎり”で、中々ウマい!はっきり言ってこの辺りは余り記憶は無いのだが、この日食べた料理の中で一番美味しかったかも知れない・・・。
 
てな事で、またまた大阪から先輩がやって来られたので『くしや もつや ぶっちぎり』で一杯飲んだ後、隣のラーメン屋さんの2Fにあるダーツバーに行こうとしたら、『ぶっちぎり』のスタッフの兄ちゃん曰く・・・最近ダーツバーは開いて無い、今日も閉まっているのでは?と言うのでスタッフのオネエチャンに観に行ってもらったらその通りだった。で、そのスタッフのお兄ちゃん曰く、JR加古川駅前近くにも似た様なダーツバーがあると言うので、この後タクシーに乗って加古川へ行き、ダーツをした後もタクシーに乗って帰って来たのであった。そんな事であれば、最初から加古川へ行ってお酒を飲んでいたら、普段とは違うお店に行けたのになあ・・・
広告

以前に博多金龍ご当地ラーメンシリーズで食べた”八王子ラーメン”のカップ麺が売られていたので買ってみた。あっさりした醤油スープだが、きざみタマネギ入りで中々ウマい!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:16 午前
 
代理人記録
 
近くのスーパーへ行くと、以前に”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ第7弾”で食べた”東京八王子ラーメン”を再現したと言うカップ麺が、以前に”滋賀県名物近江ちゃんぽん”を再現したカップ麺を食べた”日清麺ニッポンシリーズ”の東京版として売られていたので買ってみた
 
日清麺ニッポン東京八王子ラーメン
こちらが今回買って来た”八王子ラーメン”で、発売元の日清の商品説明に寄ると”八王子ラーメンでまちおこしをしている「八麺会」が定めた3つの定義に従って商品化! きざみタマネギの食感と甘みが楽しめる一品”との事。先にも書いた様に私が”八王子ラーメン”を食べたのは”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ第7弾”で食べた時が初めてだったのだが、こうやってカップ麺になるって事はそこそこに有名って事なのかな?
 
日清麺ニッポン東京八王子ラーメン
ちなみにカップ麺の蓋の裏には”八王子ラーメン”の詳しい紹介が書いてあった。それに寄ると・・・面倒なので適当に読んで頂戴・・・。
 
日清麺ニッポン東京八王子ラーメン
そしてこちらが”日清麺ニッポン東京八王子ラーメン”のカップの中身で、ご覧の様に粉末スープと液体スープの他に、かやくの袋と海苔が付いて中々豪華な内容だ。
 
日清麺ニッポン東京八王子ラーメン
で、完成した”日清麺ニッポン東京八王子ラーメン”はこんな感じで、ご覧の様にたっぷりの”きざみタマネギ”が入っていて雰囲気的には以前の”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ第7弾”で食べた”八王子ラーメン”に限りなく似ているっぽい。で、そのお味であるが、東京の醤油スープは辛いと言うイメージとは裏腹に表面を覆っている脂分のせいもあってか、どちらかと言うと少し甘目な感じがする懐かしい中華そば風のラーメンで、中々ウマい!醤油スープなので、驚く程のインパクトは無いのだが、この味であればまた買って食べてみたい気がする・・・。
 
てな事で、近くのスーパーへ行くと以前に”博多金龍ご当地ラーメンシリーズ第7弾”で食べた”八王子ラーメン”を再現したカップラーメンが売られていたので思わず買ってしまったのだが、意外と美味しかった。『博多金龍』で食べた時もそこそこ美味しいと思って食べた記憶があるので、また何処かのラーメン屋さんのメニューの中に”八王子ラーメン”を見つけた時はぜひ食べてみよう!と思うのであった!(果たして関西でそんなお店があるかどうか・・・)。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.