義史のB型ワールド

2015年4月24日

久々にパチンコマルハンの中にある飯屋さんに行くと”カツカレーラーメン”があったので食べてみた。紹介する程の物では無かったかな・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:09 PM
 
代理人記録
 
話は前後するが、”姫路カレーフェスティバル”の話が出た序でにそれよりも以前に食べた”カツカレーラーメン”のお話・・・。
 
一時期開催されていた”日本全国ご当地味めぐり”を初めとして、その後に開催された”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”に釣られて良く食べに行っていたホームランスタジアム加古川の中にあるパチンコマルハンの飯屋だが、最近はそう言った楽しそうなイベントが無くなってしまったので食べに行く事もほとんど無くなってしまった。が、その近辺は良く通るので偶に何か面白そうなイベントをやって無いかと、お店の様子を見に行く事があるのだが2月の中旬頃に行ってみると、最近あちらこちらで食べた”カツカレー丼”や”カツカレーうどん”と同じ兄弟分?とも言えそうな”カツカレーラーメン”ってのが販売されていたので食べてみた。
 
ごはんどき・エムズ キッチン/加古川店
こちらが久々に行って来たパチンコマルハン加古川店の一角にある『ごはんどき/加古川店』で、先にも書いた様に最近は全然食べに来なくはなったが、同じ敷地内に『中華そば いせや/加古川店』が出来た事もあって月に一回ぐらいはお店の様子は見に来ている。とは言え、余りランチタイムとかディナータイム真っ最中の時間帯には来て無いので、何時見ても店内に客の姿は無い・・・。この日もちょっと中途半端な時間帯と言う事もあって、客は他に1人いただけだった・・・。
 
ごはんどきカツカレーラーメンメニュー
それはさて置きこちらがお店の前に置いてあったこの時の期間限定のメニューのボードで、それに寄ると”牛玉ごぼう丼”と”三元豚の豚カツ”が乗った”カツカレーラーメン”が今回の売りらしい・・・。で、先にも書いた様に此処最近あちらこちらで”カツカレー丼”とか”カツカレーうどん”を食べた事もあって、折角なら”カツカレーラーメン”も食べてみようと思い立ったのがきっかけではあるが、そもそも”豚カツ”がトッピングされたラーメンを食べる事自体も久々で、その昔、通っていた大学の学食では食べた事があるのだが、それ以外と言えば、これまた20数年前に北海道へバイクに乗ってソロツーリングへ行った時に、サロベツ原野の近くにあったお店でも食べたぐらいでしか記憶に無い・・・。と思って当ブログの過去記事を見ると、一時期良く食べに行っていた『新在家ラーメンもんど』の”裏限定ラーメン”で、ロースかつがトッピングされた”カレーつけ麺『マハラジャ』”を食べた事があったみたい・・・。『もんど』で食べた”裏限定ラーメン”の中では”カレーつけ麺『マハラジャ』”は余りパッとしなかった方なので、どうやら記憶から消えていた様だ。こう言う時にブログに書いて残して置くと便利だ・・・と実感・・・。
 
ごはんどきカツカレーラーメン
話はそれたが、こちらがこの時に食べた”カツカレーラーメン”で、お値段は750円也。ご覧の通りカレースープのラーメンに、このお店ご自慢?の”三元豚の豚カツ”がトッピングされただけの割りとシンプルな内容だが、スープの中を見ると茹でたキャベツ等も入っていて雰囲気的にはまずまず・・・。が、肝心のカレーラーメンのスープがあまり美味しく無い・・・。そもそもこのお店のカレー自体もそれ程美味しくも無いのだが、それが更にシャバシャバになっただけで、ラーメンのスープとしてもカレースープとしても全然美味しく無い・・・。ある程度覚悟はしていたが、それ以上の内容で精神的な落胆は大きい・・・
 
ごはんどきカツカレーラーメン
そしてこちらが”カツカレーラーメン”にトッピングされていた”三元豚の豚カツ”はこんな感じで、入店したタイミングも影響してか揚げ置きしていた”豚カツ”を再び油の鍋に投入して2度揚げした様な感じで、その分熱々ではあったが味的には極々普通・・・。ちなみに”三元豚”と言えば少し前に『ステーキけん』で食べた”ガリトン”で使われていたり、あるいは時々食べに行っていた姫路バイパス別所PAのトンカツで使われていたり、更にもっと昔の記録を辿ると”姫路駅前のラーメン屋の餃子”でも使われていた、個人的に結構馴染のブランド豚?ではあるが、それ程に美味しい豚肉と思って食べた記憶も余り無い様な気がする・・・。
 
ごはんどきカツカレーラーメン
ちなみに”カツカレーラーメン”の麺はこんな感じで、雰囲気的には何年か前に食べた”醤油ラーメン”とか”和節豚骨ラーメン”の麺と同じで可も無く不可も無く・・・。最初に書いた様に”TRY受賞店ラーメンフェア”や”TRY受賞店つけ麺フェア”の時は、実際のお店で使われている様な本格的な麺だったのと比べると雲泥の差がある・・・。てか、その気になれば麺を変える事ぐらい容易いのでは?と思ってしまうのだが・・・。
 
てな事で、パチンコマルハンのお店の前を通ると、ちょっと楽しげな”カツカレーラーメン”が販売されていたので、思わず食べてしまったのだが、やっぱ期待した程の味では無かった・・・。何度も書くが以前に”講談社の雑誌TRYとコラボしたラーメンフェア”や”つけ麺フェア”で食べたラーメンはどれも結構美味しかったのだけどなあ・・・。てか、ぜひまたあのフェアをやって欲しいと願っているのだが・・・。

2015年4月23日

姫路カレーフェスティバルで実際に食べたカレーの話の後半!漸くライスが到着したので、未だ販売していたブースのカレーを食べてみた!久々に食べたタンドリーチキンが超ウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:41 PM
 
代理人記録
 
3月の上旬頃に姫路大手前公園で開催された”姫路カレーフェスティバル”の話の続き・・・。今回のイベントには甥っ子夫婦も参加するとの話だったのだが、相変わらずスロースターターなので全然やって来る気配が無い。そんな事もあって、私が会場に到着した時点から時々状況をメール&電話で連絡していたのだが、先にも書いた様にライスのセットを買うだけで長蛇の行列だったので、こんな事ならライスは来る途中で、コンビニかスーパーに寄って買ってから来た方がエエで、みたいな話をしていると、悠長な甥っ子夫婦は何とこれからご飯を炊いてそれを持って行くとの事・・・。そんな事してたら”姫路カレーフェスティバル”が終わってまうで・・・と言いつつ待っていると午後1時過ぎに漸く到着・・・。
 
が、この時点で朝から沢山のお客さんが駆け付けた?って事と、主催者側の準備不十分な事も何とチケット販売終了!って事で、肝心のカレーを買う事が出来ない・・・。が、しかし!一部のブースでは未だカレーが沢山売れ残っている・・・。ルール的には販売出来ないと主張する主催者側と、未だカレーが売れ残っているから全部売り切りたいと願う出展側と、それよりも何も午後から来たばかりで未だカレーを全然食べて無い客側の不満等、三者三様の思惑が交差・・・。この後、何やかんやとありつつ、予想通り枚数限定ながらチケットの再販が始まったので甥っ子夫婦も無事にカレーにありつける事に・・・(ま、実際はこの他にも色々とあったのだが、それは記憶の中だけに留めて置こう・・・)。
 
姫路カレーフェスティバルYEGカレー
それはさて置き、流石に朝から大勢のお客さんが駆け付けた事もあって半分以上のブースでは既にカレーが売切れ・・・。そんな中から、個人的にもちょっと食べてみたいと思っていた”姫路カレーフェスティバル”の主催者である姫路商工会議所青年部、その名も”姫路YEG”が、既に閉店した人気のお店のカレーを再現したと言うこの日しか食べる事が出来ない?『YEGカレー』を食べてみる事にした。ちなみに『YEGカレー』のブースでは、一足先に完売した『KRDエミリーカレー』の姫路KRD8のオネエチャン達が応援で販売していた・・・。
 
姫路カレーフェスティバルYEGカレー姫路カレーフェスティバルYEGカレー
そしてこちらが実際に食べた『YEGカレー』で、ご覧の通りの割りと本格的な欧風カレーだ。で、確かに中々美味しいカレーなのだが、待っている間に期待が高まり過ぎたのか、それ以上の物でも無い・・・。この味であれば既存のお店でも食べれそうな味と言う印象だったかな。
 
姫路カレーフェスティバルガネーシャ
そしてその次に向かったのは、鶏大好きな甥っ子なら絶対に大喜びしそうな巨大な”タンドリーチキン”を売っていたインドカレーのお店?っぽい『ガネーシャ』で、流石にこの時間は、ほぼ待ち時間ゼロだ。で、うかうかしていると他のお店のカレーも売り切れてしまいそうな雰囲気だったので、このお店のカレーも一緒に買ってみる事にした。
 
姫路カレーフェスティバルガネーシャ
で、こちらが実際に買って食べた『ガネーシャ』の”タンドリーチキン”で、お値段は1本500円。ご覧の通りの馬鹿デカイ本格的な”タンドリーチキン”で、一足先に”100円で食べたタンドリーチキン”とも全然違う大きさだ。偶に、加古川や高砂にある”インド&ネパール料理のお店でタンドリーチキン”を食べる事はあるのだが、これぐらいの大きさの”タンドリーチキン”を食べたと言えば、5年位前に10番さんとランチで行ったJR加古川駅前のあるサンライズビルの地下にあった『ヒマリ・キッチン』と言うインド料理のお店で食べた時以来だ。ま、同サイズの骨付きチキンと言えば、その間にも”讃岐名物の骨付き鳥”を毎年何処かで食べてはいるが・・・。
 
姫路カレーフェスティバルガネーシャ姫路カレーフェスティバルガネーシャ
そしてこちらが同じく『ガネーシャ』で買ったカレーと味見で分けて貰った”タンドリーチキン”で、カレーは割と一般的なインドカレーで普通に美味しかったが特にそれ以上の物では無かったが、”タンドリーチキン”は期待通り中々ウマい!最近は余りインドカレーのお店に行っては無いが、また近くにある何処かのインド料理のお店に行って、これと似た様な大きさ位の”タンドリーチキン”を食べに行こうと思った物だった。
 
姫路カレーフェスティバルブエナビスタ
それはさて置き、甥っ子が買ったチケットもいよいよ残りわずか・・・。余らして持って帰っても勿体無いだけなので、最後にこちらの『ブエナビスタ』と言うお店のカレーを買って食べてみる事にした
 
姫路カレーフェスティバルブエナビスタ姫路カレーフェスティバルブエナビスタ
こちらが実際に買って食べた『ブエナビスタ』の、確か張り紙には”スパイシーカレー”と書いてあったカレーで、パッと見た感じはサラサラタイプのスープカレーの様だったので、果たしてどうかな?と思って食べてみると、最初はそうでも無かったが食べている間に徐々に辛さがジワジワと出て来て確かにスパイシーなカレーだ。が、カレーの味は意外と私の好みにあっていて中々ウマいこの日の午後から食べた3種類のカレーの中ではこのカレーが一番私の好みにマッチしていたかな。このお店は姫路駅からも近い・・・と言うよりお店の存在は意識した事は無かったが、姫路に来る度にお店の近くを通っている様な場所にあるので、また近い内に実店舗に行って食べてみたいと思う・・・。
 
てな事で、この日は”姫路カレーフェスティバル”とやらが開催されていたので食べに行ってみたのだが、内容は兎も角としてチケット購入に並び、ライスセット購入に並びと少し販売方法に問題があった様な気がする。ま、その辺りは主催者側も重々承知で、再三に渡りお詫びのアナウンスがあったり、午後からやって来たお客さんが案内所に文句を言いに詰め寄ったり、最後は何とかチケットの再販売をやったりと、バタバタしてた様な・・・。個人的にはもう少しエリアを広げて姫路で普段食べる事の出来ないカレー屋さんも招いて欲しかった気はするが・・・。それはさて置き、また近々この日に出店していた『インデアン』とか新しく出来たばかりの『Spiceスエヒロ』と言うお店に食べに行ってみようと思うのであった!

姫路カレーフェスティバルで実際に食べたカレーの話の前半!ライスセットを並んで買うのか嫌だったので、ライス無で食べれる物を選んで食べてみた!

Filed under: カレー — 代理人 @ 8:30 PM
 
代理人記録
 
先にも書いた様に3月の上旬頃に開催されていた”姫路カレーフェスティバル”に行ってみたのだが、会場内でカレーを食べるには先にチケットの購入が必須!更にライスが食べたい人は200円分のチケットを使って”ごはん付き容器基本セット”を購入!と言うのが基本的なルールなのだが、会場に着くと既に長蛇の行列が出来て居て”ごはん付き容器基本セット”を購入するまでに1時間近くかかるとの事。そんな事や、そもそも出店しているお店が姫路市内にあるお店が大半を占めていたので、わざわざ並んで食べなくても・・・、と1度は思ったのだが、折角やって来た事だし会場内でしか販売して無い様なカレーもあったので、取り敢えず1000円分のチケットを購入してライスが無くても食べれそうなカレーを探して食べてみる事にした。
 
姫路カレーフェスティバル鳥伸
で、先ず最初に目に留まったのはライス無しも全然オーケーな”鳥出汁カレースープ”と”鳥出汁カレーうどん”を販売していた『炭火焼鳥 鳥伸(とりのぶ)』と言うこちらのお店で、『鳥伸』って何か覚えがあるなあ・・・とお店の紹介文を見てみると姫路城方面から国道2号線を通って帰っていると必ずお店の前を通る事がある焼鳥屋さんだ。個人的に姫路で夜しか営業して無い、しかも駅からも距離のある焼鳥屋さんで”カレーうどん”を食べる機会は、こんなイベントでも無い限り絶対ないだろうと思い、このお店の”カレーうどん”を食べてみる事にした。ちなみにチケットは20分ぐらい並んで買ったが、”カレーうどん”の購入自体はほぼ待ち時間ゼロだ!
 
姫路カレーフェスティバル鳥伸カレーうどん
そしてこちらが実際に買って食べた『鳥伸』の”鳥出汁カレーうどん”で、お値段は400円也(チケット4枚って事ね)。で、そのお味はと言うと、商品案内に”人気の鶏スープにひと味加えたカレーだし”と書いてある様にメチャあっさりしたカレースープで、何と無くであるが小学校の給食に出ていたカレーうどんを思い出す様な懐かしい味だ。で、普通に美味しいのだが普段食べる”カレーうどん”は、とろみのある濃厚こってりタイプが多い事もあってか、個人的にはちょっと物足りない・・・。てか、これはやはり焼鳥をたらふく食べた後の〆で食べる”カレーうどん”なのかも・・・。
 
姫路カレーフェスティバルフリーバード
で、最初に今食べた”カレーうどん”があっさり味だったので、未だカレーを食べたぞ!と言う気分になれなかったので、ライスは無いが、取り敢えず口の中をカレーで満たそうと思い、未だ私が食べた事の無いお店でしかもこの時は未だ行列が出来て無かったフリーバード』と言うお店でカレールーだけを購入して食べてみる事に・・・。
 
姫路カレーフェスティバルフリーバード姫路カレーフェスティバルフリーバード
こちらが実際に買って食べた『フリーバード』のカレーで、ご覧の様な小さな器に入ってお値段は200円也。会場で貰った”姫路カレーマップ”に寄ると”スパイスにこだわって長時間煮込んだ特製カレー”との事で、小さいながら牛すじ肉やイモも入っていて、カレー自体も中々本格的な欧風カレーっぽい味で中々ウマい!確かにこのカレーであればライスにかけて食べた方が美味しいかも・・・と思う様な味だった。
 
姫路カレーフェスティバル淳心学院姫路おでんカレー
続いてもライス無しで食べれるカレーは無いかと探していたら、『淳心学院高等学校』のブースで販売されていた”姫路おでんカレー”なる物を発見!。以前に姫路駅前近くにあるカレー屋さんで食べた”すき焼きカレー”の記事の中にも書いた事があるが、10年ぐらい前に大阪に行った時に”おでんカレー”なる物を食べた事があったので、それと食べ比べする意味も兼ねてこの”姫路おでんカレー”とやらを食べてみる事にした。ちなみに同じブースの並びに何年か前に同じく姫路大手前公園のイベントに来た時に”小さな島のゴロゴロえびカレー”を食べた『家島高校』も出店していたが・・・。
 
姫路カレーフェスティバル淳心学院姫路おでんカレー
ちなみに『淳心学院』のブースには、この学校がMBS毎日放送の”ちちんぷいぷい”と言う番組内でやっていた”高校生カレー甲子園”で優勝した時のトロフィーが飾られていた。この日販売されていた”姫路おでんカレー”が、その優勝した時のカレー?って事なんだろう・・・。
 
姫路カレーフェスティバル淳心学院姫路おでんカレー
そしてこちらが実際に買って食べた『淳心学院』の”姫路おでんカレー”で、お値段は300円也。パッと見た印象は、何年か前にスーパーで買って食べた事がある”カレーおでん”に似ている様にも見えたが、どうしてどうして中々本格的なカレーで、確かに高校生が作ったとは思えない程の完成度の高い味で、中々ウマい!”高校生カレー甲子園”に出た時は”つけ麺”だったらしのだが、このカレーとライスでスープカレーとして食べても結構美味しいのでは?と言うぐらいの美味しさだった。
 
姫路カレーフェスティバル淳心学院姫路おでんカレー姫路カレーフェスティバル淳心学院姫路おでんカレー
ちなみにこちらは”姫路おでんカレー”に入っていた具で、ご覧の様に”茹で玉子”や”ちくわ”や”牛すじ肉”等の”おでんの定番の具”が満載!それぞれの具が1つ100円ぐらいで計算しても”姫路おでんカレー”の全体でも300円とは中々良心的な価格だ。個人的な印象ではあるが、今回の”姫路カレーフェスティバル”で私が食べた中では1番お得感があった気がする・・・。
 
姫路カレーフェスティバルインド料理サプナ
で、取り敢えず1000円分のチケットを買って3品食べたのだが、”姫路おでんカレー”が300円だったので中途半端に100円分のチケットが余った。一瞬、後から参加する予定の甥っ子夫婦の為に残して置こうかとも思ったのだが、中途半端な100円の券が1枚のみだったので、折角なので『インド料理サプナ』で販売されていた100円の”タンドリーチキン”を買ってみる事にした。
 
姫路カレーフェスティバルインド料理サプナ
こちらが実際に買って食べた『インド料理サプナ』の”タンドリーチキン”で、先にも書いた様に2個お皿に入っていてお値段は100円也。ちなみにこの”タンドリーチキン”を買うだけの為だけに20分程並んだ・・・。この日並んで買ったのが、唯一この”タンドリーチキン”だった・・・。で、ご覧の通りサイズ的には一口程度の大きさではあるが、これが意外と中々ウマい!てか、こちらも100円と言う価格を考えるとメチャお得だ!出来る事ならこの”タンドリーチキン”をつまみに生ビールを1杯飲んでみたいぐらいだったのだが・・・。
 
てな事で、”姫路カレーフェスティバル”の会場で先ずは普段食べる機会が少なそうで、しかも行列の無いお店から何店かのカレーを食べてみたのだが、最初に食べた”カレーうどん”はあっさり出汁でちょっと物足りなかったが、それ以外は中々美味しかった!そして午後からは、ライス持参でやって来た甥っ子夫婦と共に、今度は本格的なカレーを食べるのだがその話はこの後直ぐ!

2015年4月22日

偶に姫路でカレー屋さん巡りをしているが、そんな姫路のカレー屋さんが一同に集結した姫路カレーフェスティバルとやらが開催されていたので行ってみた!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:45 PM
 
代理人記録
 
もう一カ月以上も前の話になってしまったが、姫路大手前公園で”姫路カレーフェスティバル”なるイベントが開催された。日頃からラーメンの次に食べ歩いているのがカレーだし、加古川近辺にはカレー専門店が少ない事もあって姫路に良くカレーを食べに行っている事もあり、ちょっと気になるイベントだったので様子を見に行ってみた。
 
姫路カレーフェスティバル
ちなみにこちらが”姫路カレーフェスティバル”の告知ポスターのカレーで、それに寄ると”姫路市内外のカレー店20店舗以上が一同に集結!”との事で、雰囲気的には全国各地の有名なカレー屋さんが集まったのでは無く、基本的には姫路市内とその周辺のお店のみが参加したイベントの様で、出店者リストをパッと見た感じでは、その中の10店近くは既に私が食べに行った事のあるお店の名前が並んでいた様な・・・。
 
姫路カレーフェスティバル
そしてこちらが”姫路カレーフェスティバル”で、私が到着したのは午前11時過ぎだったのだが、既に会場内は長蛇の行列・・・。チケットを買うだけでも30分ぐらい・・・、更にライスが欲しい人が買うライスセットは1時間待ち?みたいな話・・・。B-1グランプリでこれだけの行列が出来るのは理解出来るが、まさかカレーで、しかも姫路にあるカレー屋さんが集まっただけで、こんなに客が集まって来るとは予想だにしてなかったのだが、それは主催者側も同じ様に感じたみたい・・・
 
姫路カレーフェスティバルコッパディ姫路
ちなみにこちらがイーグレ姫路の屋上から見た”姫路カレーフェスティバル”の会場の様子で、規模的には西側の一角のみでメチャ狭い・・・。で、その隣では大手前公園の大半のスペースを使って”クラシックカーや往年のスーパーカー”が99台集まった”コッパディ姫路”なるイベントも開催されていた・・・と言うか、公園内を占める割合を見るとそちらの方がメインか?と思えるぐらい遥かに広いエリアを使っての大イベントだ。で、何処か(淡路島だったかな?)で1泊して来たと言う参加者の車が全部揃った後、一般公開されたので車を見て廻ったのだが、私も甥っ子夫婦もそれ程に車に詳しい訳では無いので、珍しいなあ・・・とワイワイ言いつつ見て廻っただけだったのだが、クラシックカーやスーパーカーが好きな人なら大喜びしそうなイベントだった様な気がする・・・。
 
コッパディ姫路コッパディ姫路コッパディ姫路
参考までに少しだけ撮った”クラシックカーや往年のスーパーカー”の写真をご紹介・・・。個人的には元ライダーだった事もあり、車にはイマイチ関心が薄いのでチョイスした車種にご不満はあるかも知れないが、ま、雰囲気だけお伝え出来れば・・・。
 
姫路カレーフェスティバル姫路カレーフェスティバル
それはさて置き、再び”姫路カレーフェスティバル”の会場へと戻って来たのだが、どうしても1時間も並んで食べる気には成れない・・・。しかもライスを買ってからあちこちのブースに行ってカレーを買わなければならないので、折角のライスが冷めてしまってカレーが全然美味しく無いじゃん!とも思ったのだが、ふと考えるとライスが不要でカレーのルーだけを食べるのであればライスセット(ごはん付き容器基本セット)の行列には並ばなくても良い・・・、って事で取り敢えず1000円分のチケット(このチケットが無いと各ブースに行ってもカレーは販売してくれ無いらしい・・・)を買う事にした。ちなみにチケットを買うだけで20分ぐらい並んだかな・・・。
 
で、この後にそのチケットを使って幾つかのブースに行ってカレーを食べたのだが、その話は後でするとして先ずはこの会場内を散策してちょっと気になったお店を何軒かご紹介!ただしインドカレーやネパール料理のお店は余り馴染が無い(てか関心も薄い・・・)ので、一般的な日本のカレー屋さんが中心ではあるが・・・。
 
姫路カレーフェスティバル
先ず最初に一番気になったのは、個人的にも姫路で一番大好きなカレーショップで当ブログでも度々登場している姫路市役所近く・・・と言うのか管理人さんや30番さんもご存じの手柄にあるパソコンショップの直ぐ目と鼻の先にあるカレーハウス『インデアン』で、年に一回ぐらいはお店に行っているので態々この会場で食べる事も無いか・・・と思って通り過ぎたのだが、パッと見るとこの会場限定のパンを使ったカレーが販売されていた。その限定商品が今度のGWの期間中に販売されるらしいので、1度食べに行ってみようと思っている・・・。
 
姫路カレーフェスティバル
そしてこちらも姫路市役所にあるカレーハウス『パクチー』と言うお店で、個人的にはこのお店が誕生して間も無い頃に食べに行った事があるのだが、それ以来全然行って無い。噂では少しメニューも変わっているらしいので、またその内に食べに行ってみようと思っているカレー屋さんの一つだ。
 
姫路カレーフェスティバル
そしてこちらは最近、姫路城近くに誕生したばかりの『Spiceスエヒロ』とお店で、その隣には当ブログで7~8年前にも紹介した事がある”「横濱カレーミュージアム」の初代名誉館長・小野員裕が選んだ3店のうちの一軒”として有名となった『BAOBAB』で、その隣の『Spiceスエヒロ』はこの日よりも前に観に行った事はあるのだが、未だ食べに行っていない。『BAOBAB』の方は、それこそ何度もお店の前を通っているのだが、最近は全然食べに行っていない。すっかり味も忘れてしまったので、また『BAOBAB』にも行ってみたい気がする・・・。
 
姫路カレーフェスティバル
で、こちらの写真の右側に写っているのが、私た偶に秋祭り見物に出掛ける荒川神社近くにある『大衆カレーたかや』で、こちらもお店が誕生して間も無い頃に食べに行っただけで、最近は全然食べに行って無い・・・。こちらのお店もまた食べに行ってみようと思いつつ、何年も過ぎてしまった・・・。ちなみにどうでもエエ話だが、姫路小溝筋には似た様な名前の『城下町 大衆カレー銀次』と言うお店もあるが、多分全然関係無いお店だと思うのでお間違え無く・・・。
 
姫路カレーフェスティバル
そしてこの写真の手前側に写っているのは、一時期サービス券に釣られて何度も食べに行っていたJR姫路駅の下にある『モジャカレー』で、こちらも最近は全然食べに行って無いのだが、相変わらずお店の前は良く通っている。が、最近お店の様子を見ても、私が良く食べに行っていた時程、お客さんは入って無い様な気がするが・・・。
 
姫路カレーフェスティバル姫路カレーフェスティバル
ちなみにその他にも食べに行った事は無いが、ちょっと気になる日曜日しかカレーを販売していないとか言う『日曜カレー劇場』とか、こちらも姫路に行く度に結構な割合でお店の前を通る事がある『矢場カツ亭』で、この『矢場カツ亭』の方には何年か前にラーメンを食べに行ってみたのだが、店構えを見て食べに入る勇気が沸かずに諦めて帰って来た思い出がある・・・。今でも偶に行ってみたい気はしているのだが・・・。
 
姫路カレーフェスティバルKRDエミリーカレー
で、そんなこんなで会場内を散策していると、何やら姫路KRD8と言うオネエチャン達のステージが始まった。後で調べてみると姫路KRD8とは”姫路の歴史や文化を語れるご当地アイドル”の事らしい・・・。でも別のサイトにはKRD24とも書いてあった様な・・・。てか、この時も8人以上のメンバーが居た様な気もしたし・・・。
 
姫路カレーフェスティバルKRDエミリーカレー
そしてこちらはその姫路KRD8が出店していた『KRDエミリーカレー』のブースで、ステージが始まる前とか終わった後とかで、ご覧の様に彼女ら自身の手でカレーを販売していて、お店の前には彼女らの写真を撮る兄ちゃん達(ん?私もその中の一人か?)が沢山居た。
 
姫路カレーフェスティバルKRDエミリーカレー
ちなみに『KRDエミリーカレー』のブースの中に居たメンバーの姿はこんな感じ・・・。この時ばかりはカレーの事を忘れてずっと彼女たちを見ていたい気分であった・・・。
 
てな事で、取り敢えず”姫路カレーフェスティバル”に来て会場内をぐるっと散策した後、最初はチケット販売とライスセット購入の長蛇の行列を見て気分が萎えたのだが、折角やって来たので1000円分のチケットを購入してライスが無くても食べれそうなカレーを食べたのだが、その様子はまた明日・・・。

今年も”スーちゃん祭”の日がやって来た!って事で、またまた”スガキヤ”で”特製ラーメンとサラダセット”を食べた!序でに再販された”プレミアムラーメン”もご紹介!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:19 PM
 
代理人記録
 
この10年程は毎年10月1日の天一の日に『中華そば専門店 天下一品』に行くのが恒例になっているのだが、それと同じ様に毎年3月の上旬頃に『スガキヤ』で開催される”スーちゃん祭”に行くのも恒例になっている。で、今年もその”スーちゃん祭”の日がやって来たので、お得な価格に釣られて食べに行って来た
 
スガキヤ/アスパ高砂店
こちらがまたまた行って来た『スガキヤ/アスパ高砂店』で、この写真はちょっと早目の時間帯で、しかも偶々客が引いた時を撮ったので店前に行列は出来て無いのだが、この暫く後ぐらいから徐々に行列が出来始め常時20人ぐらいのお客さんが並んでいた・・・。てか、このフードコートにあるテーブル席を見ても、どのテーブルでも必ず1人は”スガキヤのラーメン”を食べているし、多い処では4人が4人とも”スガキヤのラーメン”を食べている程であった!人の事は言えんが、正に”スーちゃん祭”恐るべし!
 
スガキヤスーちゃん祭告知ポスタースガキヤスーちゃん祭告知ポスター
そしてこちらが『スガキヤ』の今年の”スーちゃん祭”告知画像で、ご覧の様に各ラーメン単品がそれぞれ半額で、更に”五目ごはん”や”サラダ”のセットも半額で、私には縁の無い甘味メニューも半額なのだ!で、これまた何時もの如くラーメン単品で良いと思いつつも、全品半額なので1番高いメニューを食べるのがお得!って事で、今年も1番お値段の高い”特製ラーメンとサラダセット”を食べる事に決定!!!
 
スガキヤ特製ラーメンとサラダセット
で、間も無くして手渡されていた出来上がりを知らせるブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”特製ラーメンとサラダセット”で、お値段は通常税込価格720円の処、今回は”スーちゃん祭”で半額より更に安く税込価格350円也。昨年までに食べて来たセットの”サラダ”と”五目ごはん”は使い捨ての容器に入っていたのだが、今回はちゃんとした陶器の器に入っている。ま、エコ社会の事を考えると使い捨ての容器よりも、手間はかかっても陶器の器を使った方がエエ?と判断したって事かな。
 
スガキヤ特製ラーメン
そしてこちらが約1年ぶりに食べる特製ラーメン”で、この日も何と無く少し雑な感じがしたのと、スープの温度も若干ぬるめな気もしたが、味的には昔懐かしい”スガキヤラーメン”の味で、普通に美味しい・・・。少し前に値上がりした”幸楽苑の醤油らーめん司”の話を紹介したが、それならば通常販売価格380円の”スガキヤ肉入りラーメン”を食べた方が美味しい様な気がしてならない・・・。
 
スガキヤ特製ラーメン
ちなみにこちらは”特製ラーメン”にトッピングされていた”スガキヤ定番の肉(チャーシュー)”と、少し前に食べた”プレミアムラーメン”では生卵が復活していたが、こちらは普通に戻っていた”温泉玉子”で、これまた少し前に書いた様にチャーシュー自体も何と無く”幸楽苑の醤油らーめん司”にトッピングされていた物に似ている様な気がする・・・。正直な話、チャーシューだけは1枚でも良いからプレミアムラーメン”で使われていた物と同じにして欲しい気がするのだが・・・。
 
スガキヤ特製ラーメンとサラダセットの五目ごはん
そしてこちらは”スーちゃん祭”の日にしか食べないであろう”サラダセット”の”五目ごはん”で、先にも書いた様にちゃんとした容器に入っていて、多分保温ジャーから入れたばかりなのか普通に温かい”五目ごはん”だ。味的には語るべき点はほとんど無いが、値段を考えると十分な内容だったかな。
 
スガキヤ特製ラーメンとサラダセットのコーンポテトサラダ
それともう一つ、こちらが”サラダセット”のメイン?とも言える”コーンポテトサラダ”で、パッと見た感じは昨年食べた”ポテトサラダ”と同じで、商品名に付いている肝心のコーンの姿が無いぞ・・・と思ったら、添付されているのが”コーンドレッシング”だ。この”コーンドレッシング”を見たのは今回が初めての事だが、確かにコーンの味がするドレッシンングだ・・・。とは言えそれならば”コーンポテトサラダ”では無く”コーン風味のポテトサラダ”では無いのか?とも思ってしまうのだが、深く考えない事にしよう・・・。
 
スガキヤプレミアムラーメン
最後に・・・、今年の初め頃に販売されて大人気だった390円の”プレミアムラーメン”が、3月末頃からまたまた期間限定で販売されていたので食べてみた。流石に2回目だし、前回食べてから未だ2ヵ月ほどしか経って無い事もあってか、初めて食べた時の感動は無かったし、今回はスープの味の違いを確認しながら食べてみたけど全然判らなかった・・・。ちなみに『スガキヤ』の公式発表に寄ると、この値段での提供は今回が最後との事だが、もしかすると値上げして再々販売される事もあるのかも知れない・・・。
 
てな事で、またまた今年も開催された”スーちゃん祭”に行ってしまったのだが、今年になってからは”プレミアムラーメン”を食べに行った事もあって既に3回も『スガキヤ』に食べに行っている・・・。しかも、最近登場した鶏白湯が入ったと言う”あんかけ野菜ラーメン”も気になるし、また食べに行ってしまうかも知れない・・・。段々と『スガキヤ』の術中にはまって来てしまった様な・・・。

2015年4月21日

偶に行くビエラ姫路の一角に昨年の年末頃に出来た串揚げ天婦羅のお店で”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”を食べてみた!豚天とも豚カツとも微妙に違う気がしたが中々ウマい!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:10 PM
 
代理人記録
 
4年ぐらい前にJR姫路駅構内の東側に”ビエラ姫路”が誕生した頃は、未だJR姫路駅自体が改装工事中だった事もあって結構人通りもあった。で、その中にちょっと明石市民にはお馴染みの『都きしめん』や古くから姫路にある中華料理のお店『ラーメン飛龍』、それにその数年後に出来た『モジャカレー』等に食べに行ったりしていたのだが、最近は姫路駅ビルやその前にあるフェスタビルが新しくなったので、そちら方面へ行く事が増えてしまった。が、偶に姫路へ行った時に”ビエラ姫路”の様子も見に行く事があるのだが、その一角に”加古川名物かつめし”を売っているカウンターだけのお店があったのだが、そのお店が閉店しその店舗跡地に昨年の12月頃に”串揚げ天婦羅専門店”が誕生したので、一度ランチでも食べに行ってみようと思っていたのだが、何故かそう心に決めて食べに行くとお店が開いて無い事が何度か続いた・・・。あれ?ランチ営業やって無いのかな?と思っていたのだが、後日お店の前を通るとランチ営業をしていたので食べに入ってみた。
 
串揚げ天婦羅ひめ天
こちらが今回行って来た『串揚げ天婦羅 ひめ天』で、お店がある場所は”ビエラ姫路”の真ん中辺り、”餃子の王将”の通りを挟んで西側にある、ご覧の様なカウンター席のみの小さなお店だ。ちなみにこのお店は姫路魚町方面にある『天ぷら季節料理 白雲』がプロデュースしたとか言う噂のお店だ。個人的には『天ぷら季節料理 白雲』にも行ってみたい気がしているのだが、ちょっと敷居が高そうなのでそちらのお店にも行った事は無い・・・
 
串揚げ天婦羅ひめ天お昼の定食メニュー串揚げ天婦羅ひめ天お昼の定食メニュー
そしてこちらが『串揚げ天婦羅 ひめ天』の”お昼の定食”のメニューで、ご覧の様に”天婦羅定食”、”天丼”、”とり天定食”等の定番料理の他に”但馬牛すじ丼”なる物まであって、実際後から入っていたお客さんが”但馬牛すじ丼”を頼んでいたので私も気にはなったのだが、それ以前に偶に書いている様に、最近あちらこちらのイベント会場で”姫路ブランド豚桃色吐息”を食べていたので、一度ちゃんとしたお店でも食べてみたいと思っていたので、今回は”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”とやらを食べてみる事に決定!!!
 
串揚げ天婦羅ひめ天の天ぷらメニュー
ちなみにカウンターの中の壁を見ると、この様な”天ぷらの一品”メニューがずらーっと並んでいる。目の前で揚げてくれる串カツ屋さんは沢山あるが、目の前で天ぷらを揚げて食べさせてくれるお店は意外と少ない(ま、先に書いた『天ぷら季節料理 白雲』とか、東加古川の『ラーメンもんど』の近くにもあるのだが、どちらもちょっと値段が高そう・・・)。そんな事もあって、一度このお店で1本ずつ天ぷらを頼んで食べてみたい気もしないでは無いのだが・・・。
 
ひめ天姫路桃色吐息一枚揚げ定食ひめ天姫路桃色吐息一枚揚げ定食
それはさて置き、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”で、ご覧の様に味噌汁とご飯が付いて、お値段は税込価格1296円也。メインが天ぷらなので天つゆが付いて来るのかと思いきや、カウンターの上に用意された出汁醤油で食べるらしい・・・。とは言え何と無くそのまま食べても美味しそうな気がしたので一切れそのままで食べたけど、やっぱり少し物足りなかったかな・・・。
 
ひめ天姫路桃色吐息一枚揚げ定食
そしてこちらがメインの”姫路桃色吐息一枚揚げ”で、一見すると豚カツに思えなくも無いが、衣を見るとやっぱり天ぷらだ。で、カットする際に若干天ぷらの衣が剥がれかけていて、若干見てくれが良く無い気もしたが、中々豪快な”豚肉の天ぷら”で、私が大阪在住時代に偶に昼飯で食べていた”豚天”とは見た目も食べ方も全然異なる・・・。で、そのお味であるが、当然の如く揚げ立て熱々で、濃い味好みの私なので、主に出汁醤油をかけて食べたのだがこれが中々ウマい!最近は”かつやのロースカツ”ばかり食べている事もあってか、少しあっさり系ではあったが、中々美味しい豚肉の天ぷら”だった。
 
ひめ天姫路桃色吐息一枚揚げ定食
ちなみに”姫路桃色吐息一枚揚げ”の豚肉はこんな感じで、雰囲気的には以前”高砂市制60周年おめでたフェア”の会場で食べた”姫路グルメポーク桃色吐息ステーキ”の肉厚と大差無いが、あちらはストレートに豚肉を焼いただけだったので、”姫路桃色吐息”自体の味を楽しむと言う点では”姫路グルメポーク桃色吐息ステーキ”の方が美味しかった様な気はする・・・
 
ひめ天姫路桃色吐息一枚揚げ定食
そしてこちらは”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”に付いていた”味噌汁”で、具は麩とネギぐらいしか入って無かったが、割とオーソドックスな味で普通に美味しかったかな
 
てな事で、以前この場所にあったお店の”かつめし”も一度は食べておきたかった気もするが、今回はちょっと気になる”姫路桃色吐息一枚揚げ定食”ってのがあったので食べてみたのだが期待通り中々美味しかった。お昼のメニューを見ると、その他にも私が好きそうな”とり天定食”や”但馬牛すじ丼”等もあるので、また機会があれば食べに行ってみたいと思うのであった!

2015年4月20日

少し前に久々に明石西二見にある海鮮中華料理屋さんでランチを食べたら中々楽しかったので、またまた行って今度は”豚しゃぶピリ辛にんにく醤油ソース”とやらを食べた!豚肉炒めっぽかったけど中々ウマい!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 9:17 PM
 
代理人記録
 
少し前、久々に明石西二見にある個人的にお気に入りの中華料理屋さんである『海鮮中華厨房 張家/明石二見店』に行って”日替りランチ”を食べたら、本格的な中華料理とは少し違ってはいたランチには持って来いの内容で、更に値段もお手軽価格で好印象!そんな事もあって、また違うメイン料理の”日替りランチ”が食べたくなったので、数日後に明石二見方面へ行った際にまたまた食べに寄ってみた。
 
海鮮中華厨房 張家/明石二見店海鮮中華厨房 張家/明石二見店
こちらがまたまた行って来た『海鮮中華厨房 張家/明石二見店』で、この日はランチタイムが始まったばかり?の午後0時15分頃と言う事もあってか、当然の如く満席状態だったのでお店入口の処にある空席待ちの券を発券して待つ事になったのだが、既に食事を終えて帰る客が居たので、5分程待っただけで席に案内された。何時ぞやご主人様と食べに来た時の様な50分待ち!と言う事は流石に今はもう無い様だ・・・(と思うが・・・)。
 
海鮮中華厨房 張家/明石二見店の表のボード
それはさて置きこちらがお店の入口の処に置いてあった”日替りランチ”のボードで、それに寄るとこの日のメイン料理は”豚しゃぶピリ辛 にんにく醤油ソース”との事。料理名を見ただけでは一体どんな内容なのか、イマイチピンと来なかったのだが”にんにく醤油ソース”と言うのが何と無く気になったので、この日もまたまた”日替りランチ”を食べる事に決定!!!
 
海鮮中華厨房張家豚しゃぶピリ辛にんにく醤油ソース
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”日替りランチ”で、メイン料理の”豚しゃぶピリ辛 にんにく醤油ソース”の他に”広東春巻”の小皿やサラダ、それにお替り自由のライスとスープ、更にデザートがセットになって、お値段は税込価格810円也。最近は『餃子の王将』に行って定食を食べても似た様な値段がするので、そう考えると割と良心的なお値段だ。ま、食べた事の無い”プレートランチ”の方はちょっと高いけど・・・。
 
海鮮中華厨房張家豚しゃぶピリ辛にんにく醤油ソース
そしてこちらがこの日の”日替りランチ”のメイン料理である”豚しゃぶピリ辛 にんにく醤油ソース”で、料理名が”豚しゃぶ”となってはいたが、”豚しゃぶ”を言うイメージでは無く普通に”豚肉炒め”の様な感じだ。で、そのお味であるが少し濃い目でかつピリ辛味で、にんにく風味は思った程では無かったが、白いご飯との相性も良くて中々ウマい!雰囲気的には私が良く食べに行っている加古川プラザホテルのレストランで食べた”ポークのしゃぶしゃぶ風”とソースが違うだけ?と言う気もしないでは無いが、中々美味しい”豚しゃぶ”料理だったかな。
 
海鮮中華厨房張家広東春巻
そしてこちらはこの日の”日替りランチ”に付いていた”広東春巻”で、お店の入口に置いてあったメニューのボードを見た時は、以前にこのお店に来た時に食べた”玉子春巻き”と同じ物が出て来るのかと思いきや、残念ながら普通の皮?を使った”春巻”で、実際に食べても極々普通の味・・・。以前食べた”玉子春巻き”の皮は私の大好きな大阪ミナミのソウルフードの”一芳亭のしゅうまい”に近い食感があって、中々楽しかったのでぜひまた食べてみたいと思っていたのだが、流石に”玉子春巻き”ではコストが合わないので出せないって事なんだろう・・・。
 
海鮮中華厨房張家スープ海鮮中華厨房張家サラダ
ちなみにこちらは”日替りランチ”に付いていた”スープ”と”サラダ”で、基本的には何時もと変わらずな内容ではあったが、”スープ”はお替り自由なのでこの日もお替りして飲んだら毎度の如く、お替りの方が熱々で余計に美味しかった気がする・・・。
 
海鮮中華厨房張家デザート
そしてこちらは”日替りランチ”に付いていた”デザート”で、以前にも書いた様に”杏仁豆腐”か”手作りプリン”が選べるのだが、”杏仁豆腐”は他のお店でも偶に食べるので、今回も”手作りプリン”の方をチョイス!トッピングされているフルーツの果肉が前回と少し違う様な気もしたが、こちらも中々美味しい”手作りプリン”であった!
 
てな事で、またまた明石西二見にある『海鮮中華厨房 張家/明石二見店』に行ってこの日も”日替りランチ”を食べたのだが、これまた普段食べる中華料理とは少し違う様な”豚しゃぶ”ではあったが、中々美味しかった。で、ふと思うと個人的にはこのお店には既に何度も食べに来てはいるが、未だこのお店のラーメンは食べた事が無いので、次回訪問時には一度このお店のラーメンでも食べてみようと思うのであった!

2015年4月19日

姫路ピオレにあった”最強濃厚らーめん ばり馬”が”究極の鶏白湯ラーメン とりの助”になったので食べに・・・入らずにお店だけ見て帰って来た。ま、野里店で何度も食べてるからもうエエか・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:48 PM
 
代理人記録
 
姫路駅前周辺を散策している時に貰ったチラシに”唐揚げ3個無料券”を貰ったので、それを使いに『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』に食べに行ったら、その数日後にお店が閉店して直ぐ様、同じグループラーメンチェーン系列の『究極の鶏白湯ラーメン とりの助』に変わってしまったのだが、先日から何度か姫路に行った際に一応お店の様子だけを写真に撮って来たのでご紹介。
 
究極の鶏白湯ラーメンとりの助/姫路ピオレ店
こちらが『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』の跡地に誕生した『究極の鶏白湯ラーメン とりの助/姫路ピオレ店』で、JR姫路駅が改装される前は”姫路駅名物まねきのえきそば”が食べれる『麺処 木八/姫路店』があったのだが、5年ぐらい前に『姫路ピオレ』が誕生した直後に『熟成細麺 宝屋/姫路店』となり、3年ぐらい前に『宝屋』が閉店、そしてその跡地に『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』が出来たのだが、今回『とりの助』に生まれ変わったのだった。ちなみに『宝屋』から『ばり馬』になった時は店内は大きく改装されたが、今回は表から見る限り店内は以前と変わって無い様に見える・・・。
 
究極の鶏白湯ラーメンとりの助/姫路ピオレ店のメニュー究極の鶏白湯ラーメンとりの助/姫路ピオレ店のランチメニュー
そしてこちらが『究極の鶏白湯ラーメン とりの助/姫路ピオレ店』のお店の壁に貼ってある通常のメニューと、お店の前に置いてあった超得ランチメニューで、個人的には3年ぐらい前に出来た『とりの助/姫路野里店』に何度か行って看板メニューの”鶏そば”を初めとして”醤油らーめん”、”和風醤油ラーメン”、”鶏つけ麺”等を食べた事があるのだが、あらためてメニューをチェックすると微妙に変わっている様な感じなので、また近々食べに行ってみたいと思うのであった!

姫路駅前を散策している時に”唐揚げ1人前無料券”を貰ったので久々に”らーめんばり馬”に行ってみた!普通に美味しかったが、私が食べに行った数日後に閉店してしまった・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:15 PM
 
代理人記録
 
JR姫路駅のビルの一角にあった『最強濃厚らーめん ばり馬』は、既に同じ系列の『究極の鶏白湯ラーメン とりの助』に替わってしまったので何を今更・・・と言う気がしないでは無いが、これまた後々の参考記録として残して置く為に簡単にご紹介。2月の中旬頃に姫路に行って駅前周辺を散策していると、駅前周辺の飲食店で使える割引券が沢山付いたチラシを貰った。その中にJR姫路駅の南側にあった『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』で使える”唐揚げ1人前(3個入)無料券”が付いていたので、折角なので食べに行ってみる事にした。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店
こちらが今回行って来た『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』で、このお店は3年ぐらい前にそれまであった『熟成細麺/宝屋』の跡地に出来たのだが、その頃は未だ『姫路大塩店』があったし、その後は短期間ながら『姫路御国野店』も出来たし、何よりこのお店には店内のスペースの関係もあってか、他の店舗や系列店にある無料サービスの”漬物屋台”が無く、私の大好きな”ばり辛漬け”が食べれ無かった事もあって、今まで一度も食べに来た事は無かったのだった。やっぱ『ばり馬』に行って”ばり辛漬け”が食べれ無いと、ちょっと損した気分になるものねえ。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店唐揚げ1人前無料券
ちなみにこちらがその時に持って行ったチラシに付いていた”唐揚げ1人前(3個入)無料券”で、個人的には『姫路大塩店』とか『ばり馬/姫路御国野店』、あるいはその前にあった『風雲丸/姫路御国野店』等でも新聞の折込チラシに付いていた”餃子無料券”や”唐揚げ無料券”を使う事が多かったのだが、流石に姫路駅前のお店のチラシがこの界隈で入る事も無く、また無料サービスが無いと『ばり馬』に行く気にもならなかった・・・ってのが正直な処ではあるのだが・・・。
 
最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店のメニュー最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店のメニュー
それはさて置きこちらが『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』のメニューで、基本的には『姫路大塩店』や『姫路御国野店』、あるは更にその数年前にあった『姫路花田店』の時とほとんど同じ内容で、個人的にも主なメニューは一通り食べて来たし?、何より『ばり馬』には久々の訪問だったので、今回は”ばり濃らーめん”を食べる事に決定!!!
 
最強濃厚らーめんばり馬ばり濃らーめんと唐揚げ
で、間も無くして運ばれて来たのがこちらの”ばり濃らーめん”と”唐揚げ”で、先にも書いた様に”唐揚げ”は無料なので、お値段はラーメン代のみとなり税込価格702円也。気持ち的にはこれに”50円で食べれる白めし”も追加したい気分だったのだが、この日は日曜日と言う事で”50円の白めし”は無かった?様だし、何よりお得感も薄れるのでこの2品だけにしたのだった。
 
最強濃厚らーめんばり馬ばり濃らーめん
そしてこちらが久々に食べる”ばり濃らーめん”で、ご覧の様に背脂たっぷりのこってりスープに、辛みペーストの様な物がトッピングされている。メニューの商品説明を読むと”豚骨、鶏ガラ、野菜の旨みに国産たまり醤油のコク。とろ旨仕上げの特濃スープ!”との事。で、そのお味はと言うと結構ドロドロとしたこってりタイプのスープだが、背脂の甘味もあってか普通に美味しい。多分私の中で『ばり馬』では一番良く食べたのがこの”ばり濃らーめん”だったと思うが、最近は『ばり馬』自体に全然行って無かったので余計に美味しく感じたのかも知れないが・・・。
 
最強濃厚らーめんばり馬ばり濃らーめん
ちなみに”ばり濃らーめん”にトッピングされていたチャーシューはこんな感じの一口サイズに近い物が二切れだけで、こちらも以前食べた物と大差無い様な感じで味的にも可も無く不可も無く・・・。このお店の後に出来た『とりの助』だと、もうちょっと大きいサイズのシャーチューがトッピングされているはず?なので、また『とりの助』に来た時にチェックをしてみよう・・・。
 
最強濃厚らーめんばり馬唐揚げ1人前
そしてこちらが無料券を使って食べた”唐揚げ”で、ご覧の様に1人前3個が小皿に盛られただけのシンプルな内容で、基本的には『姫路御国野店』で同じく無料で食べたり、あるいはその前にあった『風雲丸/姫路御国野店』でも無料で食べた時と全く同じ様な印象。とは言え当然の如く揚げ立て熱々で鶏肉自体もジューシーで普通に美味しい”唐揚げ”だったかな。
 
てな事で、2月の中旬頃に姫路へ行った際に駅前周辺を散策している時に貰ったチラシに『最強濃厚らーめん ばり馬/姫路ピオレ店』で使える”唐揚げ1人前(3個入)無料券”が付いていたので、折角と思い食べに行ったのだが、何とその数日後にお店は閉店し、同じグループ系列店の『とりの助』に代わってしまった・・・。一時期は姫路市内に3店もあった『ばり馬』だが結局全て無くなってしまった・・・。この後に出来た『とりの助』は果たしてどうなる事やら・・・。でも一足先に誕生した『とりの助/姫路野里店』を見てるとそこそこ客も入っている様だし、今度は結構続くのかも知れない・・・。

コンビニへ行くと何年か前に滋賀県へ行った時に食べた高島B級グルメのとんちゃん”が入った”おにぎり”が売られていたので買ってみた。ま、そんな味だった・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 6:22 PM
 
代理人記録
 
何と無くこのままでは没ネタにしてしまいそうなので、久々にちょっとした小ネタでご紹介・・・。少し前に近くのコンビニへ立ち寄ると、2年ぐらい前に滋賀県琵琶湖の畔に行った時に高島市のご当地B級グルメを使った”とんちゃんラーメン”を食べた事があるのだが、その”高島ご当地B級グルメのとんちゃん”を使った”おにぎり”が売られていたので買ってみた。
 
高島とんちゃんおにぎり
こちらがコンビニで販売されていた”高島とんちゃんおにぎり”で、きっと誰も覚えて無い・・・と言うか、それ以前に私も持参した事をすっかりと忘れていたが、何年か前のバーベキュー大会の日に私が持参した”対馬名物とんちゃん焼き”とは全然異なる”滋賀県高島市のご当地B級グルメのとんちゃん”を使った”おにぎり”だ。
 
高島とんちゃんおにぎり
そしてこちらが実際に買って来て食べた”高島とんちゃんおにぎり”で、販売元のローソンの商品説明に寄ると”滋賀県で開催の「びわこ総文」(全国高等学校総合文化際)タイアップ商品です。滋賀県高島市ご当地グルメ「とんちゃん焼」をおぬぎりにしました”との事。ん?”おぬぎり”って何だ?これは私の打ち間違いでは無く、ローソンの公式サイトからのコピペそのまんまなので”おぬぎり”と呼ぶのが正しいのであろう・・・(な、訳無いか・・・)。ちなみにこの袋にも書いてある様に”とんちゃん”とは”味付けかしわ”の事で、これに似た感じの”飛騨の郷土料理の鶏(けい)ちゃん”にも似ているのだが、微妙に違うらしい・・・。
 
高島とんちゃんおにぎり高島とんちゃんおにぎり
それはさて置き、こちらが袋の中から取り出した”高島とんちゃんおにぎり”で、外見は普通の”おにぎり”にしか見えなかったが、中には確かに”味付けかしわ”っぽい鶏肉の大きな塊が入っている・・・。流石に”うまいもん横丁で食べた鶏ちゃん焼”とか、その数年前にグループ店の”らーめん八角で食べた鶏ちゃんらーめん”に入っていた”鶏ちゃんの鶏肉”と比べると大きさは大した事は無いが中々ウマい
 
高島とんちゃんおにぎり
ちなみに折角なので”高島とんちゃんおにぎり”を真っ二つに割ってみると、こんな感じで袋に書いてあった”滋賀県産キャベツ”の存在感は全然感じ無かったが”甘辛味噌仕立て”風味で中々美味しい”おにぎり”だった。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.