義史のB型ワールド

2015年4月29日

”なか卯”の”和風牛丼”が復活再登場したと耳にしたので食べに行ってみた。昔の”なか卯の牛丼”の面影は無いが、ま、こんなもんかな?と言う味だった。

Filed under: — 代理人 @ 7:24 PM
 
代理人記録
 
既に世間の話題は肉の量は増量されたが値上げされた”すき家の牛丼”の方に話題がシフトしているが、例に寄って当ブログでは周回遅れで3月の上旬頃に『なか卯』で再登場した”和風牛丼”のお話・・・。
 
未だ大阪に牛丼チェーンの『吉野家』の店舗が少なかった頃は、完全に『吉野家』の店舗と見た目そっくりなパチモンの牛丼屋さんだったのだが、数年前に『すき家』率いるゼンショーグループの傘下になった時に、同じグループ内の”すき家の牛丼”との競合を避ける?あるいは差別化する為?に”なか卯の牛丼”の販売を辞め、代わりに”和風牛丼”を販売する様になったのだが、丁度一年前ぐらいに今度は”牛すき丼”に変わった。が、その”牛すき丼”の人気がイマイチ良く無いとかで、再び”和風牛丼”の販売を始めたので、昔からこよなく『なか卯』を応援して来た?私な事もあり試しに食べに行ってみた。
 
なか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た丼ぶりと京風うどんの『なか卯/加古川店』で、この日はランチタイムど真ん中の正午半頃の訪問と言う事や、既に学生さん達は春休みに突入している事もあってか、店内は何時も以上に賑わっていた様な気が・・・。
 
なか卯再登場和風牛丼フェアメニュー
それはさて置きこちらが『なか卯』から再登場したと言う”和風牛丼”のメニューで、説明書きを読むと”厳選された牛肉、白ねぎの甘味、コクと旨みを効かせた特製タレ”で、さらにおいしくなったらしい・・・。で、何時もの如く丼もの単品で良いと思いつつ、この日も”小うどん”も併せて注文!!!
 
なか卯和風牛丼並小うどんはいからセット
間も無くして出来上がりを知らせる手元のブザーが鳴ったので、セルフで運んで来たのがこちらの”和風牛丼(並)”と”小うどん はいから”のセットで、お値段は税込価格490円也。当ブログで時々書いている様に、未だ食欲旺盛な学生時代に『なか卯』へ行った時は、メニューの中に”うどん”が無かった『吉野家』では食べる事が出来ないこの様な牛丼ハイカラうどんのセットを良く食べてた事もあって、今回も”小うどん”付のセットを頼んでしまったのだった。
 
なか卯和風牛丼並
そしてこちらが復活再登場したと言う”なか卯の和風牛丼”の並盛で、公式サイトの商品説明に寄ると”白ねぎと玉ねぎを使用した以前の商品を、白ねぎだけのシンプルな具に。白ねぎ独特の甘みと香りがいっそう豊かになって、素材の旨味を活かす和の味が強調されています。また、特製のタレに和牛脂を加えることで、まろやかなコクと旨みの増した商品に仕上がっており、甘さの中にもキレのある深い味わいをお楽しみいただけます”との事。毎度の事ながら商品説明を読むととっても美味しそうに聞こえるのだが、実際に食べるとちょっと醤油辛いと言うのか、何かそんな気がする濃い味・・・。やっぱ私には”吉野家のパチモンだった頃の牛丼”の味の方が好きだなあ・・・。
 
なか卯小うどんはいから
そしてこちらがセットで食べた”小うどん はいから”で、以前から『なか卯』に来た時に偶に”はいからうどん”を初めとして”ざるうどん”や”冷やしうどん”等も食べているのだが、美味しいと思う日とそうで無い日があるのだが、この日は至って普通と言う印象・・・。そもそも『なか卯』の出発点が”京風うどん”だし、私も若かりし頃に『なか卯』に来ていた時は”牛丼”とセットで必ず”うどん”も食べていて、その頃は美味しいと思って食べていたのだが、流石に今となっては『丸亀製麺』とか『はなまるうどん』の方が美味しい様な気がする・・・。
 
なか卯小うどんはいから
ちなみに”小うどん はいから”の麺はこんな感じで、『なか卯』の商品説明に寄ると”もちもちした舌触り、シコシコした歯ごたえ、つるっとした喉越し”との事なのだが、こちらも至って普通だったかなあ・・・。
 
てな事で、『吉野家』や『すき家』の”牛丼”が値上げしたり内容が変ったりすると結構ニュースにもなるのだが、『なか卯』が看板商品の”牛すき丼”を止め再び”和風牛丼”の販売を始めてもニュース処か話題にもなって無い様な気がする・・・。個人的には大阪発祥の唯一の牛丼チェーン店(今はゼンショー傘下)だし、若かりし頃は『吉野家』へ行くよりも『なか卯』へ行く方が圧倒的に多かった事もあり今でも応援を続けているのだが、やっぱそれ以前に肝心の味をもうちょっと何とかして欲しい様な気はする・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。