義史のB型ワールド

2015年4月12日

東加古川から加古川尾上の明姫幹線沿いに移転して来たつけ麺専門店”麺のまたざ”に行ってみた!未だメニューは少ないが看板メニューの”つけ麺”は相変わらずメチャウマい!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:39 PM
 
代理人記録
 
偶には新しい話を一つ・・・。今年の初め頃だったかに”麺に魂を込めず、薬物に魂を売ってしまった”事が発覚して突然に閉店してしまった『鶏塩らーめん麺魂』の跡地に、イオン東加古川店の近くにあった、この近辺ではちょっと珍しい”つけ麺専門店”の『麺のまたざ』が移転して来たので早速食べに行ってみた。
 
麺のまたざ
こちらが明姫幹線沿い加古川安田東交差点近く、以前『鶏塩らーめん麺魂』、更にその前は『街の洋食屋さん グリルKOU』があった場所に移転して来た”つけ麺専門店”の『麺のまたざ』で、4月4日が移転オープン初日だったのだが、その日にお店の前を通ると行列が出来ていたし店の西側にある駐車場も満車だったし、何より私は東加古川のお店に何回も食べに行っているので、慌てて食べに行く事も無いかな?と思いオープン後の混雑時を避けて数日後に食べに行って来たのだった。
 
で、早速入店してみると店内はガラッと改装されていて、上の写真の左側は全て厨房になっていた。確かに以前あったお店のままだと、店内は結構広かったから客が一杯やって来たら大変だろうなと心配していたのだが、逆に何かちょっと狭くなってしまった様な印象。とは言え東加古川にあったお店に比べるとテーブル席が増えた事もあって、広くなった気はするが・・・。
 
麺のまたざ
ちなみにこちらはお店の前に置いてあった?”つけ麺の達人”と書かれた『麺のまたざ』の店主を模った?人形で中々のインパクトがあり、お店の前を走る車の運転手に存在感をメチャアピールしている感じ。で、流石に移転して来たと言う事でお祝いの御花が沢山飾られてあって、チラッと見てみると『大浦ミート』とか、あるいは『本家かつめし亭』(東加古川の淡路島カレーのお店からだったか?)等の、結構馴染のあるお店?から届いた御花が沢山あった様な・・・。
 
麺のまたざのメニュー
それはさておきこちらが『麺のまたざ』のメニューで、東加古川にあった時は色んな種類の”つけ麺”や、期間限定の特別メニュー等もあったのだが、この新しいお店では未だ移転して来たばかりで手が回らない?と言うのかスタッフが慣れて来るまで制限しているのか、麺類は3種類しか無く、以前にもチラッと書いた様に以前に東加古川のお店で食べた私の好きな中華そば”もメニューに無い。それに確認はしなかったが、”岸和田春木の立山の餃子”を使ったと言う”ぎょうざ”もメニューから消されていた。その割りにカウンターの上には餃子のタレが用意されていたけど・・・。
 
麺のまたざつけ麺並盛200g
そしてこちらがこの日食べた”つけ麺の並盛”で麺の量は200gで、お値段は780円也。メニューには”極太麺なので湯掻くのに時間がかかる”と書いてあったのだが、流石にどんどんとお客さんが入って来るから常時麺を湯掻いていからなのか、”つけ麺”を注文してからものの2~3分で運ばれて来て、ちょっと拍子抜け・・・。ま、東加古川のお店では長時間待たされた事もあるので、早く出て来る事にこした事は無いが・・・
 
麺のまたざつけ麺並盛200g
そしてこちらが”つけ麺”のメインである麺で、3年ぐらい前に東加古川にお店が出来た時は、具のチャーシューメンマ等は”つけダレ”の中に入っていたのだが、最近はご覧の様に麺の上にトッピングされる様になっている。この辺りはお店の方でもどちらか良いのか悩んでいる様で、食べに行くお店に寄って様々だが、個人的には麺の上にトッピングされている方が食べ易い様な気はする・・・。
 
麺のまたざつけ麺並盛200g
それはさて置き、こちらがその麺で確かに極太麺だ。一時期良く食べに行った『新在家ラーメンもんど』の”つけ麺播磨”で良く食べた”手もみ平打ち麺”や、あるいはサザンプラザ加古川にあった”加古川大盛軒の濃厚豚骨魚介極太つけ麺”で使われていた”全粒粉麺”とも違う、割とオーソドックスな感じの極太麺だが、つるつるしこしこして中々ウマい!偶に”他のお店でつけ麺”を食べると一般的な細麺で出て来るお店もあるが、やっぱ”つけ麺”はこれぐらいの極太麺で無いとね。
 
麺のまたざつけ麺並盛200g
ちなみにこちらが麺の上にトッピングされていたチャーシューで、麺の半分以上が隠れて見えなくぐらいの結構馬鹿でかいサイズチャーシューで、こちらもしっかりとした味があって、そのまま食べてもウマいし、少しタレに浸けて食べると味が濃くなって、これまたウマい!東加古川のお店で食べた時は、それ程記憶に残る様なチャーシューでは無かった気がするのだが、この日のチャーシュー結構好きな味だったかも。
 
麺のまたざつけ麺並盛200g
そしてこちらが、個人的には麺よりも重要な”つけダレ(スープ or 汁)”で、”つけ麺”定番の・・・と言うのか、少し前にお亡くなりになった”つけ麺の生みの親”とも言われた山岸一雄さんがやっていた”大勝軒のもりそば”系の”濃厚豚骨魚介醤油系のスープ”で、個人的にもこの味が大好きな事もあってかメチャウマい!先にも書いたが一時期良く食べに行っていた”もんどのつけ麺播磨”のつけダレは少し酸味が強く若干癖があった様な気がしていたのだが、このお店のタレの味はあちらこちらにある『大勝軒』のお弟子さんがやっている味(例えば”加古川大盛軒の濃厚豚骨魚介極太つけ麺”とか、直ぐ近くにある”パチンコマルハンの飯屋のつけ麺フェアで食べた中華蕎麦とみ田のつけそば”等)に近い魚粉たっぷり系で、その辺りが私の好みにマッチしているのかも知れない・・・。
 
ちなみに確認した訳では無いが、この日は”あつもり”か”ひやもり”は選べず定番の”ひやもり”で出て来た事もあってか、大盛りで食べたお客さんの”つけダレ”が冷めた時は自分で温め直してね、と言う事で店内にレンジが用意されていて、結構レンジでチンしているお客さんが多かった様な・・・。
 
麺のまたざつけ麺並盛200g麺のまたざつけ麺並盛200g
それはさて置き”つけ麺”を食べた時の最後のお楽しみは”〆のスープ割り”!で、東加古川のお店で”スープ割り”を頼むと、一旦厨房に器を引き上げた後、お店の方がスープを加えてくれたり、あるいは別途スープだけが入った器が出て来たりしていたのだが、新しいお店ではレンジの上にポットに入ったスープが用意されていて、自分で好きな様に加えるスタイルになっていた。そんな事もあり、試しにスープだけを飲むのが難しく、あるいは後から濃さを調整しようと思ってもちょっと面倒臭い気がしたのだが、適当に入れた割りには中々美味しい濃さになって最後までスープを飲み干す事が出来たかな
 
てな事で、東加古川から加古川尾上の方に移転して来た『麺のまたざ』に行って来たのだが、未だ新しいお店に馴染んで無い為かメニューの種類が少なかったが、この日食べた”つけ麺”は期待通りに中々ウマかった!以前食べた事がある”にんにく背脂つけ麺”も、また食べてみたい気がするので、またメニューが増えた?頃に・・・てか、メチャ近くに移転して来たし駐車場も広くなって行き易くなったので、ぜひまた食べに行ってみたいと思うのであった!それは兎も角としても、また”パチンコマルハンのつけ麺フェア”をやってくれないかなあ・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。