義史のB型ワールド

2015年3月30日

ファミレスのロイヤルホストでメチャウマそうな”たらば蟹とアンガスサーロインステーキ”のセットを食べてみた!ボリュームは少な目だったが、期待通りにメチャウマかった!

Filed under: グルメ,ステーキ — 代理人 @ 9:39 PM
 
代理人記録
 
偶に姫路へ行った時に国道2号線を走っていると、ちょっと値段の高いファミレス『ロイヤルホスト』の前を通る事があるのだが、少し前からお店の看板の下に”たらば蟹とアンガスサーロイン”の垂れ幕が下がっていて、それを見る度にちょっと気になっていたのだが、このお店には基本的にJAFのチラシに付いている割引券がある時で無いと来た事が無い。が、最近は全然チラシにこのお店の割引券は付いて無いし・・・と思っていたのだが、よくよく考えるとこのお店では割引券は無くてもJAFの会員証を見せるだけで10%引きとなるサービスがある!割引券は15%引きなので5%の違いはあるのだが、それでも無いよりある方がお得!って事で、後日姫路方面へ行った時に食べに寄ってみた。
 
ロイヤルホスト/姫路本町店
こちらが久々に行って来た『ロイヤルホスト/姫路本町店』で、先にも買いた様にこのお店は基本的にはファミレスなのだが、『ガスト』や『サイゼリア』等と比べると、ちょっと高級路線?の料理を提供している事もあり全体的にお値段が高いと言う印象がある。が、それでもこのお店は結構人気があって、入店時は未だ空席はあったものの正午頃にはほぼ満席に近いぐらいに席は埋まってしまった・・・。何かこのお店が人気な理由があるのだろうか・・・
 
ロイヤルホスト冬の饗宴のメニュー
それはさて置きこちらが『ロイヤルホスト』でこの時に開催されていた”冬の饗宴”と言う名の付いたフェアメニューで、その内容はと言うと表の垂れ幕に書いてあった様に”アラスカ天然たらば蟹<キングクラブ>とアンガスステーキが一度に味わえるごちそうセット!”との事。他にも”アンガス サーロインステーキ”や”アラスカ天然たらば蟹”を使った単品メニューが何種類かあったのだが、どうせ滅多にこのお店に来る事は無いし、一度に両方の味が食べれる方が楽しいので迷う事無くこの”冬の饗宴”とやらを注文!!!
 
ロイヤルホスト冬の饗宴ロイヤルホスト冬の饗宴
間も無くして運ばれて来たのがこちらの”冬の饗宴”で、ご覧の様に”蟹ピラフ・アンガスサーロインステーキ・コンソメスープ”がセットになってお値段は通常税込価格2354円の処、今回は割引券利用では無くJAF会員証提示の10%割引利用で235円引きとなり2199円也。アルコール抜きでファミレスで2000円を超える料理を食べたのは今回が初めての事かも・・・。しかし値段の高さとは裏腹にパッと見た第一印象は何と無く全部ミニサイズなの?と思ったぐらい、どれもボリュームは少な目だ。ま、”蟹ピラフ”は蓋を開けるとそれなりの量は入っていた様だったけど・・・。ちなみに”コンソメスープ”は熱々で飲む為に”クリーマー(スープ用のピッチャー)”に入った状態で運ばれて来て、飲む時に自分でカップに注いで飲んで頂戴との事だった・・・。何かちょっと面倒な気もしたのだが・・・。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴アンガスサーロインステーキ
そしてこちらがこの日食べた”冬の饗宴”のメイン料理?とも言える”アンガス サーロインステーキ”で、鉄板やネギの大きさから見比べて貰うと良く判るのだが、お肉の量はメチャ少なくてメニューに寄ると55gのステーキらしい・・・。ちなみに『ロイヤルホスト』の商品説明に寄ると”高品質なCABブランドのアンガスビーフを、各店舗でチルド管理したブロック肉から一枚一枚切り出して調理。きめが細かくほどよく脂がのった、深い味わいのサーロインの美味しさをお楽しみいただけます”との事。で、説明にあったCABは何かと言うと”サーティファイド・アンガス・ビーフ”の略で、”アンガス牛の中でも認定されるのがわずか2割程度の高品質ビーフ”を表しているらしい・・・。決して、Windowsの圧縮ファイルを指している訳では無い様だ・・・。てか、”サーティファイド・アンガス・ビーフ”って初耳の様な気がしたのだが、ちょっと気になったので当ブログの過去記事を検索すると以前にこのお店で食べた”アンガスビーフ The ROYAL 欧風カレー”に入っていたお肉も同じ物だった様だ・・・。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴アンガスサーロインステーキ
で、肝心の”アンガス サーロインステーキ”の味であるが、お肉の量が少ない事もあってほぼ完全に中まで火が通ってしまっているが、実際に食べてみるとお肉は凄く柔らかくて肉の旨味もしっかりとしてメチャウマい!偶に1000円前後かそれ以下のお値段のステーキを食べる事があるが、そんなお肉とは段違いのウマさで、何時もこの味が楽しめるのであればこのフェアメニューの中にあった240gや320gの”ロイヤルアンガス サーロインステーキ”を食べてみたくなったぐらい・・・。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴アンガスサーロインステーキの野菜ロイヤルホスト冬の饗宴アンガスサーロインステーキのポン酢
ちなみにこちらは”アンガス サーロインステーキ”の鉄板の上に添えられていた”焼き野菜”とステーキに浸けて食べる”大根おろしを添えたゆずぽん酢ソース”で、先にも書いた様にお肉自体がメチャ美味しかったので、ポン酢は余り浸けずに食べたので変わりに野菜をポン酢に浸けて食べると、これまた中々ウマい!普段滅多に野菜を美味しいと思って食べる事は少ないのだが、この日のネギや白菜や、それにステーキの下に敷いてあったタマネギも結構美味しかった気がする・・・。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴たらば蟹と紅ずわい蟹のピラフ
そしてこちらが”冬の饗宴”のもう一つのメイン料理とも言える”たらば蟹と紅ずわい蟹のピラフ”で、メニューに書いてあった”魚介のスープで仕上げた香り豊かなピラフ。2種類の蟹の旨味を凝縮させました”との事。で、そのお味であるが、蟹から出たエキスなのか、ただの水分なのかは定かでは無いが、ピラフ全体が何と無くべチャっとした感じだが味的には中々ウマい!しかもピラフの中には紅ずわい蟹の解し身も結構な量入っていて蟹の風味も満載!偶にこれと似た感じの”かにチャーハン”を食べる事があるが、それらと比べてもトップクラスに入るぐらいの美味しさだったかな。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴たらば蟹と紅ずわい蟹のピラフロイヤルホスト冬の饗宴たらば蟹と紅ずわい蟹のピラフ
ちなみにこちらは”たらば蟹と紅ずわい蟹のピラフ”にトッピングされていた”アラスカ天然たらば蟹”で、メニューの写真と比べると蟹の殻自体が少し小さい気はしたが、身を取り出しやすい様に殻が割ってあったので中からポロっと出て来た。で、殻が小さい分、身も小さいが、こちらもしっかりとした蟹の味があってメチャウマい!流石に今年の節分の日に食べた”たらばがにの開運太巻”と比べると内容的にもサイズ的にも全然敵わないのだが、味だけは負けないぐらいに美味しかった気がする・・・。
 
ロイヤルホスト冬の饗宴コンソメスープ
そしてもう一つ、この日食べた”冬の饗宴”のセットに付いていたのがこちらの”コンソメスープ”で、一見するとほとんど具の無い割とありふれた見た目のスープだが、メニューの説明を読むと”ロイヤル伝統と技術が詰まったひと品”との事。”伝統と技術”ってのが具体的にどういった内容なのか書いて無かったので、良くは判らなかったが確かに美味しい”コンソメスープ”であった事だけは違い無い・・・。
 
てな事で、お店の前を通る度にちょっと気になっていた”たらば蟹とアンガスサーロインステーキ”がセットになった”冬の饗宴”とやらを食べたのだが、”アンガス サーロインステーキ”も”アラスカ天然たらば蟹”もボリューム的には少な目だったがどちらも中々ウマかった!これで値段が1000円ちょっとぐらいなら価値はあったと思うが、2000円超えだからなあ・・・。ま、このメニューを食べる人がどれくらい居るのかは定かでは無いが、これぐらいの美味しい料理が食べれるのであればぜひまた食べに来たいと思いつつお店を後にしたのであった!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。