義史のB型ワールド

2015年3月15日

”なか卯の親子丼”がメニューに登場してから20年経った事を記念して390円で販売されていたので食べてみた!特にどうって事の無い何時もの”親子丼”だった・・・。

Filed under: — 代理人 @ 6:44 PM
 
代理人記録
 
今でこそ日本中の誰もが知っている?牛丼チェーンの『吉野家』であるが、当ブログで時々書いている様に私の大好きな中島みゆきが”狼になりたい”と言う、私の中では”吉野家のテーマソング”(メジャーなのは”うまい、早い、安いの3拍子”のCMソングの方だが・・・)を唄っていた頃は、関西には未だ『吉野家』のお店は少なく、あのオレンジ色した看板に引き寄せられて食べに行ったらそこは『吉野家』のパチモンとも言えそうな『なか卯』だった。とは言え当時は未だ”吉牛”の味を知る前だった事もあってか、個人的にはお気に入りのお店だったので、良く食べに行った事もあり『すき家』率いるゼンショーグループの傘下になった今でも、ある意味”関西発祥のお店”と言う事もプラスして応援の意味で食べに行っているのだが、その『なか卯』で”親子丼”を発売して20年を経った事を記念して390円で食べれるフェアを開催していたので食べに行ってみた。
 
なか卯/加古川店
こちらがまたまた行って来た、丼ぶりと京風うどんの『なか卯/加古川店』で、何年前だったか忘れたがこの『加古川店』が出来た時は、『吉野家』のパチモンだったオレンジ色の看板から脱却した後の、所謂新型店舗のお店なので、私の中で言う処の”昔ながらのなか卯の店舗”の面影は無い・・・。ま、本家の『吉野家』も現在ではオレンジ色の憎い奴と呼ばれた店舗は、ほとんど姿を消してしまったので、これも時の流れと言うしか無いのかも知れない・・・。
 
なか卯の親子丼サンキューセール
それはさて置き、こちらがこの時に開催されていた”なか卯の親子丼”が発売されてから20年経った事を記念して行われていたサンキューセールのメニューで、私が若かりし頃に一番良く通っていた梅田地下街にあった『吉野家』のパチモンっぽいお店は牛丼専門店だったので当然の如く、当時は”親子丼”等のメニューは無かったのだが、確か『なか卯』が『吉野家』のパチモン色の濃いオレンジ色の店舗から今の新型店舗に衣替えした頃からこの”親子丼”がメニューに追加された様な気がする。
 
で、播州地方に初めて『なか卯』が進出して来た時に姫路に出来たお店で、私もこの”親子丼”を食べたのが最初だったかも?と言う気がする・・・。ちなみに”吉野家でも親子丼”を食べた事はあるのだが、あれはメチャ不味かったが、”なか卯の親子丼”は割と普通の味だった・・・と思いつつそれ程好きでは無いにも関わらず値段に釣られて食べに来てしまったのであった!
 
なか卯の親子丼
それはさて置き、間も無くして出来上がりを知らせるブザーが鳴ったのでセルフで運んで来たのがこちらの”なか卯の親子丼”で、お値段はサンキューセールで税込価格390円也。ご覧の様にメニューの写真に写っているネギの存在感すら感じさせ無い、メチャ黄色いと言うのか玉子色の”親子丼”だ。で、そのお味はと言うと『なか卯』と言えば”こだわり卵”が自慢なので、この”親子丼”にもその卵が使われているのだと思うが、特別にウマいとは思わない物の普通に美味しい”親子丼”だ。お得な割引が無い時に食べるかどうかはさて置き、390円ならギリギリ許せる値段なのかな?と言う気はする。
 
なか卯の親子丼
そしてこちらが”なか卯の親子丼”の中に入っていた鶏肉で、雰囲気的には何のこだわりの無い至って普通の鶏肉っぽかったけど、それなりの量は入っていたし鶏肉的にも柔らかくて普通に美味しかった。ま、そもそも”なか卯の親子丼”なので値段も値段って事もあって、何年か前に大阪北新地で食べた”フォアグラ入りの親子丼”程のインパクトは無かったが、久々に食べた事もあってか普通に美味しい”親子丼”・・・てか、意外と私は結構な割でこの”なか卯の親子丼”を食べている気はするのだが・・・。
 
なか卯の親子丼
ちなみに”親子丼”は結構”つゆだく”だった・・・。ご飯が美味しいお店だと”つゆ”を少な目にして、白いご飯の味をじっくりと味わってみたい・・・と言う気がするのだが、そこはまあ『なか卯』って事でこれはこれで良かったのかも知れない・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。