義史のB型ワールド

2015年3月13日

久々に荒井小松原にある超人気のうどん屋さん喜両由でお店の冠が付いた喜両由鍋を食べた!何と無く豪華な鍋焼きうどんなだけだが、何時もの如く中々ウマい!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 8:46 PM
 
代理人記録
 
寒い日が続いていたとある1月中旬頃の日曜日の夕方、ちょっと温かい物が食べたくなったので久々に高砂荒井小松原にある、この界隈では超人気のお店『喜両由』に行って、数年ぶりにお店の冠名が付いた”喜両由鍋”を食べてみたのでご紹介。
 
喜両由
こちらが久々に行って来た『喜両由』で、入店した時は日曜日の午後6時過ぎと言う事もあって既に店内は大賑わいで、しかも私が入店してからも途切れる事無く次々とお客さんが入って来ていた。ま、この界隈に他に目ぼしいお店が無いと言う事もあってか相変わらず超人気の様だ。
 
喜両由の喜両由鍋喜両由の喜両由鍋

そしてこちらがこの日食べた”喜両由鍋”で、お値段は単品価格1080円也。ご覧の様に中々具沢山で、パッと見た感じは少し前に食べた”すき鍋”の具に少し似ている様にも見えるが、どちらかと言うと”鍋焼きうどん”の豪華版とも言えそうな内容だ。てか、20数年前にこのお店で”鍋焼きうどん”を頼んだら”海老の天ぷら”が入って無かったので、それ以来”鍋焼きうどん”っぽい物が食べたくなった時は、こちらの”喜両由鍋”を食べる様になったのだった。
 
喜両由の喜両由鍋喜両由の喜両由鍋
そしてこちらは”喜両由鍋”に入っていた具の数々でご覧の様に”海老の天ぷら”の他に”小さな海老”が入っていたり、あるいは少し前に食べた”すき鍋”の具にも似た”牛肉”が入っていたり、”鍋焼きうどん”の定番とも言える”穴子”も入っていたりと、正に盛り沢山
 
喜両由の喜両由鍋喜両由の喜両由鍋
その他にもこの様に”玉子焼き”と”生玉子”等の2種類の玉子が入っていたらい、またダシの中に沈んで見えなかったが、これまた”鍋焼きうどん”の定番の具とも言える”鶏肉”も入っていたりと、中々楽しい!味的にもこのお店の定番の関西風あっさり甘目の出汁でこれまたウマい!大きなインパクトは無いが、何と無く懐かしい感じで中々美味しかった。このお店が何時も流行っているのも何と無く頷ける気がする・・・。
 
てな事で、またまた『喜両由』に行ったので久々に”喜両由鍋”を食べたのだが、先にも書いた様に基本的には具が豪華なだけの”鍋焼きうどん”と言う気はしないでは無いが、大好きな具が沢山入っていて中々美味しかった。ちなみに前回食べた”すき鍋定食”は”すき鍋”の単品だけで頼める様なので、次回からは単品で頼む事にしよう!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。