義史のB型ワールド

2015年3月8日

唐突に明石まで行って来たので以前から気になっていた平成鈴木商店に行って”紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー”を食べた!カレーも美味しいけど”紀州梅とりグリル焼き”がメチャウマい!

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:28 PM
 
代理人記録
 
年が明けた1週目に今年初めてご主人様がやって来たのだが、その約1週間後ぐらいに今度はご主人様から明石まで出て来い!と呼び出しがあった。で、毎度の如くランチを御一緒する事になったのだが、私が最近ご主人様の会社に行く時は何故か?カレーを食べに行く事が多く、以前にも『金沢カレーのお店 カレーのチャンピオン』とか『Curry Dining オニオン’S』と言うカレー屋さんに食べに行ったのだが、明石にあるカレー屋さんをネット検索すると偶に『平成鈴木商店』と言うちょっと怪しげなお店が出て来るので、折角なのでこの機会に食べに行ってみる事になった。
 
平成鈴木商店
こちらが今回行って来た”カレーと空揚げ専門店と黒い餃子”の看板を掲げる『平成鈴木商店』と言うお店で、お店がある場所は以前に明石方面へ行く時に良く利用していた第二神明道路の伊川谷ICを降りて明石城方面へ行く道の途中をちょこっとだけ西に入った処にある。で、お店の案内に寄るとマックスバリューの直ぐ近く・・・と書いてあったのだがご主人様もそんな処にマックスバリューなんてあったかいな?と言う様な、ちょっと判り難い処にお店があった。ちなみにこの日このお店に来た時に発見した?のが、先に紹介した『天ぷら海鮮 五福/伊川谷店』で、当然の如く両者は目と鼻の先ぐらいの場所にある。
 
平成鈴木商店
ちなみに『平成鈴木商店』の店内はこんな感じで、お店入って直ぐの処は何と無く草臥れた昭和のスナックみたいな雰囲気で、左手奥には、これまた無理やり作ったかの様な小部屋があって、そちらにはテーブル席も用意されていたので取り敢えずそちらに座る事に・・・。で、この時にカウンター側の席で店主とお客さんとの話の内容に寄ると、以前は神戸・三宮に2号店を出していたらしいのだが、今はやって無いらしい・・・。てか、そもそも神戸西区伊川谷に、こんなカレー屋さんがあった事も知らなかったぐらいなんだけど・・・。
 
平成鈴木商店のカレーメニュー
それはさて置きこちらがこのお店の”カレーメニュー”で、後で紹介するが全てのカレーが”紀州梅とりの挽肉で作るキーマーカレーとプレーンカレーのコンビカレー”になっているらしく、トッピングの有無や内容に応じて沢山の種類のカレーがメニューにあるらしい。で、どうせこのお店には滅多に来る事は無いだろうからと思って、お店のもう一つの看板メニューである”黒い餃子”も食べてみようかと相談したのだが、メニューの中を探しても見当たらなかったので、今回は見送る事にし取り敢えずこのメニューの中から各々好みのカレーを注文!!!
 
平成鈴木商店のカレーのこだわり
ちなみにこちらは壁に貼ってあった”平成鈴木商店のカレーのこだわり”で、それを読むと”当店のカレーは紀州梅とりの挽肉で作るキーマーカレーとプレーンカレーのコンビカレーになっています。カレーは8種類の野菜とフルーツを弱火で丁寧に炒め、ミキサーにかけた「野菜+フルーツペースト」が味の決め手です。自然な甘さと中辛程度のスパイスでバランスのとれた味を目指しています。隠し味には醤油+味噌以外にもアジアの旨み成分を添加、どこか懐かしい そして ご飯が進む「日本のカレー」です。サラダも含めるとなんと18品目の食材が1食で摂取することが可能です”との事・・・。毎度の事ながら、お店の説明を読んだだけでは一体どんなカレーなのか、全く想像が出来ない様な・・・。
 
平成鈴木商店カレーのサラダ
で、先客は2組3人程しか居なかったのだが、店主一人でやっているし我々もそれぞれバラバラの注文をした事もあってか、作るのに時間が掛かっているのか、約20分程待たされた後に漸く運ばれて来たのがこちらの”サラダ”で、パッと見た感じは千切りキャベツが大半で、マカロニが少し添えられている程度。更にドレッシングらしいドレッシングも無く、少しだけスパイスの様な物がふってあったが、想像通り限り無く味が無い・・・
 
平成鈴木商店カリコリ梅フリーク平成鈴木商店カリコリ梅フリーク
どうした物かと思案していると、そう言えばテーブルの上にこの様な”カリコリ梅フリーク”が置いてある事に気が付いて、何処かに食べ方が書いてあったのか定かでは無いが、”サラダ”にかけて食べてみたらエエとちゃう?みたいな話になって、この”カリコリ梅フリーク”を”サラダ”にかけて食べてみたのだが、こちらはこちらで当たり前の如く梅味ドレッシングっぽくは成らなかった様な気が・・・。
 
平成鈴木商店チキン(紀州梅とり)煮込カレー
で、そんなこんなしていると漸く運ばれて来たのがご主人様の会社の若い衆が頼んだこちらの”チキン(紀州うめとり)煮込カレー”で、お値段は880円也。先にも書いた様に基本的にはどのカレーも”キーマーカレーとプレーンカレー”のコンビになっていて、パッと見た感じは”プレーンカレー”の方に”チキン煮込み”が入っているだけっぽいが、後からよくよく見ると白いソースの様な物も入っていたみたい・・・。
 
平成鈴木商店紀州梅とりチキンカツカレー
そしてこちらはご主人様が注文した”紀州梅とりチキンカツカレー”で、こちらもお値段は880円也。ご覧の通り、こちらもコンビカレーに”チキンカツ”がトッピングされただけの、文字通りのチキンカツカレーだ。ちなみに二人のカレーは先に運ばれて来たのだが、私が頼んだカレーは、この後少し遅れて運ばれて来た。そのせいなのか、私のカレーのライスは温かだったけど、二人のライスはやや冷め気味だったらしい・・・
 
平成鈴木商店紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー
それはさて置き、今書いた様に少し遅れて運ばれて来たのが私が頼んだこちらの”紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー”で、お値段はこれまた880円也。ご覧の様に”キーマーとプレーンのコンビカレー”の上に”紀州梅とりグリル焼き”がトッピングされただけのカレーだが、”グリル焼き”は結構な量が載っていてボリューム満点!で、先ずは”プレーンカレー”を食べてみると、何と無く以前食べた『Curry Dining オニオン’S』のサラサラのカレーを、もう少し家庭的なカレーに近づけた様な感じで中々ウマい!個人的に大好きな山電高砂駅前のカレー屋さんとか、あるいは姫路市役所近くのカレー屋さんの味と比べると、それ程では無いのだがこれはこれで美味しいカレーには違い無い・・・。
 
平成鈴木商店紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー
そしてこちらがこのお店のもう一つのご自慢である”キーマカレー”で、それ以外にも最初は”ご飯のふりかけ”にも見えたのだ、良く良くみると何と無く先に紹介した”カリコリ梅フリーク”みたいな物とかゴマとか海苔、それにライスの上には一味唐辛子の様な物もふりかかっている・・・。で、この”キーマカレー”の味であるが、もっと”インドカレーのお店で食べる様な粒々感のある?キーマカレー”かと思いきや、それ程カラッとした感じでは無く割と普通のカレールーに近い感じ。何と無く”プレーンカレー”と似た様な味?と言う気がしないでは無かったが、これはこれで普通に美味しかったかな
 
平成鈴木商店紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー
で、こちらが”紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー”のメインの具である”紀州梅とりグリル焼き”で、お店の商品説明に寄ると”梅酢を飲んで元気に育った紀州うめとりのグリル焼きで、モモ、ムネ、皮の3種類”を焼いてトッピングしているとの事。実際に食べた時はそれ程に意識はしなかったのだが、後からこうやって見ると色んな部位があって中々楽しい・・・。てか何も思わずに食べても、どの部位もメチャウマかった
 
平成鈴木商店紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー
ちなみに折角なので・・・私が食べた”紀州梅とりグリル焼き”とご主人様が食べた”チキンカツ”を交換して食べてみたのだが、ご主人様に渡した鶏肉が一番美味そうな部分だった事もあってか、ご主人様は絶賛!それに対して私が食べた”チキンカツ”は・・・、確かにご主人様が仰る通り、至って普通の”チキンカツ”だったかな。そんな事もあって”チキン煮込カレー”は兎も角として”チキンカツカレー”よりは”グリル焼き乗せ!カレー”の方がオススメだ!
 
てな事で、唐突にご主人様から呼び出しがあったので久々に明石に行った序でに、この日はちょっと怪しげな『平成鈴木商店』と言うお店に行って”紀州梅とりグリル焼き乗せ!カレー”を食べて見たのだが、カレーはまあまあと言う印象ながらトッピングの”紀州梅とりグリル焼き”は中々ウマかった!となるとこのお店のご自慢の一つである”紀州うめどりの空揚げ”や、ちょっと気になった”イカ墨を使った黒い餃子”とやらも食べてみたい気もするのだが、伊川谷方面へは滅多に行かないし何よりお店の怪しげな雰囲気もあって、また行く気になるかどうか定かでは無い・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。