義史のB型ワールド

2015年2月20日

久々に三宮に行ったので、個人的にお気に入りのお店”鳥光”で”もも焼き”を食べた!以前に食べた程の感動は無くなった物の私好みのタレの味で中々ウマい!

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 11:57 PM
 
代理人記録
 
再び昨年末の話に戻るのだが・・・クリスマスが近づいた某日、ちょっとした事情で久々に神戸三宮に行った。で、最近は滅多に三宮に来る事も無いので折角なら何処かでラーメンでも食べ様かと思ったのだが、今書いた様にクリスマスの日が近かった事もあり、あちらこちらでチキンの宣伝をしていたのでそれに釣られて何と無くチキンが食べたくなって来た。そこでふと頭に浮かんだのが、数年前に『鳥光/須磨本店』に行って食べた事のある、私の大好きな”讃岐名物の骨付鶏”に似た様な感じの”ジャンボもも焼”の事。三宮にはその支店である『鳥光/三宮さんプラザ店』があり、私も偶に利用した事が有るのお馴染みのお店なので、その”ジャンボもも焼”を食べに久々に行ってみる事にした。
 
鳥光/三宮さんプラザ店鳥光/三宮さんプラザ店メニュー
こちらが久々に行って来た『鳥光/三宮さんプラザ店』で、お店がある場所は”三宮さんプラザ”の地下1Fの真ん中辺りで、20年ぐらい前に私が三宮にあった会社に勤めていた頃は、偶にこの辺りにランチを食べに来ていたのだが、その時にこのお店があったかどうかは全く記憶に無い・・・。で、入店したのはディナータイムには少し早目の午後5時半頃だったので、最初は空いていたのだが暫くすると次々とお客さんがやって来てあっと言う間に半分以上の席が埋まってしまった・・・。私同様に、このお店のファンが結構居るって事なのかな・・・。
 
鳥光/三宮さんプラザ店メニュー
そしてこちらが『鳥光/三宮さんプラザ店』の定食のメニューで、当然この他にも”焼鳥”等の単品メニュー等もあるのだが、以前に『須磨本店』へ行った時にぜひ一度は食べてみたいと思った”鳥鍋定食”や”鳥すき焼定食”等のメニューは無い。で、この定食のメニューを見ていると何と無く以前食べた”手羽定食”とか”特製弁当”か、あるいは”もも焼定食”が食べてみたい気もしたのだが、時間的にもそれ程にお腹が空いていた訳でも無かったので、最初に決めた通り”もも焼き”のみを注文!
 
鳥光/鳥味噌きゅうり
で、気持ち的には”もも焼き”が食べれればそれで十分だったのだが、お店の方の話に寄ると”もも焼き”は焼くのに10分程かかると言う話だったので、それまでの繋ぎで”生ビール”とそのあてに”鳥味噌きゅうり”を頼んでみた・・・。
 
鳥光/鳥味噌きゅうり
そしてこちらがその”鳥味噌きゅうり”で、お値段は380円也(多分税抜価格)。メニューを見た時は一体どんな料理が出て来るのだろうと思っていたのだが、ご覧の様に”きゅうり”に味噌がかかっただけで、あまり鳥料理っぽくは無い。てか、実際に食べてみても、味噌の中にそれこそ細切れの様な鶏肉が少し入っているだけで、印象としては普通に”味噌きゅうり”だった。はっきり言ってこの一品を選んだのは失敗だった気がする・・・。
 
鳥光/もも焼き鳥光/もも焼き
で、”鳥味噌きゅうり”もとっくに食べ終え手持無沙汰で待っていると漸く運ばれて来たのがこちらのもも焼き”で、お値段は1本1250円也(多分税抜価格)。ちなみに”もも焼き”は塩焼かタレ焼かが選べたのだが、このお店は”タレ”が自慢のお店だし、個人的にも”タレ”が大好きな事もあり今回も”タレ”の方を選択。それはさて置き、私の大好きな”讃岐名物の骨付鶏”と比較する為に、カットしないで欲しいと最初に頼んだのだが、焼いている10分の間にそんな事を忘れたのか、あるいはカットしないと焼けないのか?ご覧の通り、食べ易い様にカットされて出て来た。確かにこの方が食べ易いし、『須磨本店』で食べた時もこんな感じだったので、不満は無いのだが折角最初に指定したのになあ・・・。客の注文ぐらいは聞いて欲しいよなあ・・・
 
鳥光/もも焼き
それはさて置き、早速”もも焼き”を食べてみると、鶏肉自体はとっても柔らかく、お店ご自慢のタレも私好みの甘口風味で期待通りメチャウマい!流石に最近はあちらこちらのお店とかに行って”讃岐名物の骨付鳥”を食べているので、初めて『須磨本店』で食べた時程の感動は薄れて来たが、この”もも焼き”はぜひまた食べてみたいと思う個人的に大好きな一品の一つかも知れない・・・。
 
てな事で、クリスマスが近づいた某日に三宮へ行ったらチキンが食べたくなって来たので、久々に『鳥光』に行って”もも焼き”を食べたのだが、期待通り中々ウマかった!とは言え、以前に”高砂ご当地博”の日に食べた”ふじむらの丸亀骨付鶏”が1本680円だった事を考えると、約2本分に近いお値段だ・・・。そう考えると”ふじむらの丸亀骨付鶏”の方がメチャお得だし何よりもタレも美味しかったので、もう一度食べたくなって来た・・・。お取り寄せでもしてみようかな・・・。

今年の正月三が日の頃に、またまた神戸三宮方面へ行くと大丸でメチャウマそうな”大とろのにぎり鮨”が売られていたので買ってみた!最近食べた”大とろ”の中ではダントツでウマい!

Filed under: — 代理人 @ 10:48 PM
 
代理人記録
 
少し前に三宮へ行って”牛ステーキ&ローストビーフのハーフ&ハーフ丼”を食べた話を紹介したが、その時にチラッと書いた様に年末年始の何日間電車が乗り放題になるお得な切符が山電から販売されていたので、それを使って三宮まで行ったのだが、その時にちょっとした事で大丸神戸店の地下の食料品売場を散策していると、その一角にあった魚屋さんでメチャ旨そうな”大とろ”が売られていたので見に寄ってみた。
 
中島水産大間産本まぐろ・大とろ
こちらがその時に売られていたメチャウマそうな”青森県・大間産 本まぐろ・大とろ”で、最初にパッと見た時は元旦の日にイオン明石で買った”京都産伊根の本鮪の大とろ”と同じぐらいの値段かと思いきや、よくよく見ると1桁違って25272円だった・・・。そう言えば偶にビブレ明石にある魚屋さんでも2万円とか3万円する”大とろ”を売っている時があるのだが、此処で売っているのは”大間産の本鮪でしかも天然物”だ!とは言え、流石にこの値段では買う勇気が沸いて来ない・・・
 
中島水産本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨中島水産本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨
で、その”大間産本鮪の大とろ”は諦めて、直ぐ近くの同じ魚屋さんが販売している寿司のコーナーに行ってみると、これまたメチャ旨そうな”本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨”を発見!しかも値段が5貫で1800円と正月価格にしてはかなり良心的・・・。そんな中からあれこれ目踏みしていると、メチャ旨そうに見える大とろ”が乗った鮨があったので、試しに買ってみる事にした。
 
中島水産本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨
こちらが実際に買った”本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨”で、ちょっと光の加減で実物を見た時程のウマそうな輝きが無いのだが、実際は最近見た”大とろ”の中でダントツの色艶をしたメチャウマそうな”大とろ”だった。ちなみにこの”大とろ”は鹿児島県産とは書いてあったが、天然物か養殖かは書いて無かったが・・・。
 
中島水産本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨中島水産本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨
それはさて置き、早速この”本まぐろ・大とろ(黒鮪)にぎり鮨”を食べてみると・・・メチャ旨い!添付の醤油をかけても全く弾いてしまって、ネタには全然付かないぐらいで、それを口の中に入れると噛む間も無くそのまま蕩けて行くぐらいの脂身で、兎に角旨いのだ!はっきり言って元旦の日に食べた”大とろの握り寿司”よりも数倍旨いぐらい・・・。これで5貫1800円は確かにお値打ち価格だった気がする・・・。
 
てな事で、偶々大丸神戸店の地下の魚屋さんに行ったら、メチャ旨そうな”大とろのにぎり鮨”が売られていたので買って食べたのだが期待通りのメチャウマかった!やっぱ都会へ行くとエエもん売っているもんだと、暫しの間感心!何時もこのレベルの”大とろ”が売られているのであれば、来年の元旦の日に買いに行きたいぐらいだ

もう直ぐ2月も終わってしまうが、その前に今年の新年会のお話・・・。でもちょっと酔っ払っていてあんまり写真は撮って無かったみたい・・・。

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 8:50 PM
 
代理人記録
 
以前は年末には忘年会を、年が明けると新年会を開催していた頃があったのだが、最近は忘年会をやる事は皆無となり新年会のみ。しかもお子様達も大きくなってしまい、参加するのは毎年お馴染みのメンバーばかり・・・。とは言え、新年会をやらない事には1年が始まらない!って事で、今年も開催された新年会の様子を少し・・・、と思ったら今年は送迎付きで気軽に飲んだ事もあってか結構酔っ払っていて、余り写真は撮って無かったので、参考程度に・・・。
 
新年会2015
先ずは今年の新年会に集まったメンバーはこんな感じで、加西のYちゃんは仕事?10番さんは孫の世話?ご主人様は四国へ遠征(後で聞いた話では、この日は家に居たらしいのだが・・・)とかで何時もより参加メンバーは少ない・・・、と言うか何時ものメンバー・・・みたいな・・・。こうしてみんなで集まる機会が後何回あるか・・・と思うと、みんな頑張って参加しようね・・・
 
新年会2015新年会2015新年会2015
ちなみにこちらは私と30番さんの二人で買出しをして来た料理の一部で、何と無く何時もと同じ様な印象・・・。一昨年だったかは、ご主人様に帰りの運転を頼んだ事があって”大とろ”を買って持って行く事は出来たのだが、今年はそれも出来なかったので、ちょっと寂しい内容かも・・・。
 
新年会2015
そしてこちらは少し遅れてやって来たイーサン夫婦の差し入れの”パイシュークリーム”で、当然の如く私もご馳走になったのだが、既にこの時の私は結構酔っ払って来ていたので、どんな味だったか記憶が無い・・・美味しかった事には違い無いのだが・・・
 
新年会2015新年会2015
そしてこちらは以前偶に買って持って行っていた”大とろ”の変わりに今年私が持って行った手土産で、以前に当ブログでも詳しく紹介した事のある1枚約60円する”かっぱえびせん匠海”と、”大阪出る時連れてって~♪”のTVCMでお馴染みの『たこ焼・明石焼のたこ昌』から販売されている”たこの唐揚せん”で、後者は『たこ昌』の商品説明に寄ると”せんべいの原料に、本物のたこをのせて焼き上げ、植物油で唐揚げにし、からっとパリッとスナック風に!ビールのお供に、お子様のおやつとしても最適”との事。何と無く淡路島へ渡った時は必ず寄っている『たこせんべいの里』で売っている”たこせんべい”に似ている様な気がしないでは無いが、確かに酒のおつまみとして、中々美味しかったかな。
 
新年会2015新年会2015
そしてこちらも私が手土産に持って行った”明石たこぎょうざ”で、以前にもチラっと書いた様に第二神明道路明石SAで販売されている”讃岐名物の骨付鶏”を買いに行った時に、同じ売り場で販売されていたのだが、”讃岐名物の骨付鶏”の方は私が実食してみたら思った程美味しくは無かったので手土産にするのは止めたのだが、こちらの”明石たこぎょうざ”なら実食しなくても何と無く味の想像が出来たし、私自身もちょっと食べてみたかったので、その時に一緒に買って置いたのだった。
 
新年会2015
そしてこちらが実際に焼いて貰った”明石たこぎょうざ”で、商品説明に寄ると”国産黒豚を使ったあんに明石だこが入った、ご当地ならではのたこ餃子。リップリのたこがゴロッと入っている。あんに味が付いているので、そのままで食べれる”との事。で、そのお味であるが、私もこの時に食べた事は食べたのだが、既にかなり酔っ払い状態だったので”食べた!”と言う記憶しか残って無い・・・。言いかえるならば、記憶に残る程のウマさでは無かった?って事なのかも知れないが、また機会があれば買ってみる事にしよう・・・。
 
てな事で、今年も新年会は無事開催出来たのだが、その後の”朝カラ”とか”婦人部の食事会”とか中々実現しないのよね。ま、それらは兎も角として、春の花見大会とか夏の流しそうめん大会は、今年もぜひやりたいと思っているのだけど・・・。

WordPress.com Blog.